どうもUGです。

旧ブログからのリライト記事です。

今日はBFD3で拡張音源を使うときの注意点です。

私はシステムのクリーンインストール時に拡張音源を認識できなくなってしまうという

ことをやらかしてしまいます。これを回避する方法を説明します。

ちなみにOSは10.10.5ですが他のバージョンでもおそらく違いはないと思います。

まず現在BFDの最新バージョンはv3.1.4 build 5 ですが、拡張音源の多くはBFD2です。

そのため普通の手順としてBFD3のあとに拡張音源をインストールしてもBFD3上で表示されません。

解決手順

システム/ライブラリ/Application Support/Fxpansionを開きます。

BFD3をインストールした状態ではBFD3フォルダだけがある状態だと思います。

ここにBFD2フォルダを作りその中にSystemフォルダを作り持っている拡張音源をインストールし直します。

このとき拡張音源のインストール先はどこでもOKです。(写真はすでに解決済みなので逆算しながらお読みください)

スポンサードリンク

次にBFD3のメイン画面からTOOLを選択してSet up content locationsを選択し

パス選択画面に入ります。

まず1のSearch Folderのボタンを押して、先程作ったBFD2のSystemフォルダを選択します。

さきほどインストールした拡張音源のPresetやkitがこのBFD2のSystemフォルダにインストールされています。

本来なら拡張音源インストールしたらこのBFD2フォルダを勝手に作ってくれたらいいのですが、残念ながら手動で作るしかありません。

SearchFolderでプリセットなどの設定を読み込ませたあと、

2のRescan Selected Pathsを選択することでインストールされた音源先を読み込みに行きます。これで一番最初の画面である

BFD3に拡張音源が表示されるようになります。

もしそれでも画面に表示されない場合はToolのRESET ALL PREFERENCES押すことで

設定を初期に戻せますので、再度パス選択画面に戻り同じ手順を踏めばおそらく読み直すことができるはずです。

スポンサードリンク

さいごに

拡張音源インストール前にシステム/ライブラリ/Application Support/FxpansionにBFD2/Systemフォルダを作る。

BFD3のTool画面でSearch Folderでシステム/ライブラリ/Application Support/Fxpansion/BFD2/のSystemを選択し、Rescan Selected Pathsを選択する。

改善がない場合はToolのRESET ALL PREFERENCESを押す

以上です。

クリーンインストールをするときは作ったBFD2のsystemフォルダをバックアップするとよいでしょう。

備忘録的な意味込めて描きました。
お役に立てられれば嬉しいです。