私のブログを見ているDTMerさんは何人くらいいブログをしていますか?

もしやっていないのであればブログを書くことをオススメします。

文章が上手く書けなくても各ネタが見つからなくても

DTM始めたばかりでも、時間がなくても

DTMブログを始めることで今よりDTM生活が楽しくなります。

ではDTMブログを始めるメリットを書いてみます。

ブログを書くことでDTMの知識が深くなる

最初は買った音源やプラグイン。書籍のレビューについて

あなたの解釈で書き始めましょう。

「この音源は使えない。なぜならば」とか

「このエフェクトプラグインはほかの人には必要ないかもしれないけど、

私にとってはご飯一食抜いても必要」といった形です。

ここで大切なのは解釈に正解はないってこと

ほかの人から見たら間違っていても「私はこう思う」なんで

書きたいように書くべきです。

スラッと書くことができるものもあれば

ある程度触ってみたり、勉強したりする必要が出てくるかもしれません。

そこがDTM生活をより楽しくなるチャンスです。

勉強することでどんどん深い知識が身につきます。

最近の私の音源レビューブログも、ブログを書くために

機材を触り直すことで新しい発見があります。

そしてそれを楽曲制作に活かすことで

どんどん知識に深みがましていくのがわかります。

書くことで情報のアンテナの感度がよくなる

書きたい内容を調べるためにアンテナを貼っています。

ブログは「自分の解釈☓情報」で成り立っています。

自分の書きたい部分と新しい情報をどんどん掛け合わせていくことで

深い記事になっていきますし、いくらでも書くことが出てきます。

ツイッターなどではDTMの情報交換が活発に行われています。

そこで新しい発見をすることもできますし、あなたの解釈が誰かの役に立つ

こともあります。私も常にアンテナを張り巡らしながら情報収集をしています。

[adsense]

音源やプラグインをもっていなくても書ける

大体は自分が手持ちのプラグインや音源のレビューになると思いますが、

別に持っていなくてもレビューはかけます。

例えば「◯◯さんのブログで紹介されていた◯◯という機材はあの曲で使われていた」

みたいな書き方をすればよいことです。

そのうち調べてみればほかの曲でも使われていたなんてことがわかってくると

どんどん深い記事になっていくと思います。

音源を記事内で公開することも楽しい

ほかのブログではわからないですが、

wordpressでは楽曲公開が簡単です。

オーディオプレイヤーとかもいらずに普通に

[メディアを追加]でオーディオファイルで選択すれば

プレイヤー付きでブログに表示されます。

[adsense]

追加記事2017年6月5日

たか@曲作る人さんより

たしかに、備忘録としても有効な使い方です。

DTMerの備忘録は買った時期やった内容のほか、

使い方など情報としてとても価値のあるものが多いものがあります。

忘れないために書くことも大事ですが、

忘れてしまっても大丈夫の存在としてブログをアリです!

さいごに

私が大事にしていることは

「この記事はきっと誰かの新しい」(役に立つ)ということ

音楽もブログも今自分がやろうとしていることは

だいたい誰かがやっていますw

しかしそこで行動しないのはもったいない。

目的は自分のDTMをもっと深く見つめて自分のDTM活動をより良くするためですから

そのうえで書いた記事が誰かの役に立てたらラッキーくらいの気持ちで

バンバン書いていけばいいと思います。

まだまだ私も書き始めたばかりですが、

わからないことや質問があればなんでも聞いてください。