どうもUGです。

DTMerのみなさんビットクラッシャーって使ってます?

「そもそもビットクラッシャーってなんでんねん?」

という方に簡単に説明すると、

音の解像度を下げて音を汚くするものです。

なんでそんなもんが必要かと言われたら

必要がない人には必要ありませんが

解像度を下げることで独特の歪が出てきて

それがトラックの中で存在感を出す目的に使われます。

 

ビットクラッシャーはフリー有料含めてかなりの数が出ていますが、

私が持っておくべき!と豪語するのはRX950という

ビットクラッシャーです。

今日はそのRX950についてお話します。

RX950とは

AKAI S950というサンプラーのAD/DAコンバーターをエミュレートしたプラグインです。

S950とは

1988年に発売されたAKAIのサンプラーです。

950より前に出た900のアップグレードバージョンという立ち位置です。

スペックは
内蔵メモリー1MB
サンプリング方式12bit
サンプリング周波数7.5KHz-48KHz
サンプリングタイム63.35秒-9.89秒
最大同時発音数8

12bitで48khzというスペックでサンプリングできる時間は10秒以下

今の人達からするとこれで何ができるの?という話ですが、

 

HIPHOPの人達から「独特の太さがある」という評価があり

こぞって使われました。その独特のS950の音質が手に入るプラグインが

RX950なのです。

操作できるのは

INPUT GAIN

AUDIO BANDWIDTH

FILTER

OUTPUT LEVEL

MONO

の5つ。

ん?と思った人

鋭いですね!

実はビットクラッシャーといいながらこのプラグインにはビット(解像度)を変更できません。

あくまでS950の12bitの質感を再現するためのものです。

なので正式には「AD/DA CONVERTER」

ビットではレートクラッシャーというべきかもしれません。

INPUT GAIN

音の入力です。上げれば上げるほど音が飽和していきます。ここが音の太さのキモになります。

AUDIO BANDWIDTH

3000Hz〜19200Hzまでのプリフィルターです。

 

  • Perfect modelling of the whole audio signal path from the original Akai S950 (Line Input > Analog gain > Pre-filtering > A/D conversion > D/A conversion > Post-filtering > Line Output)

公式サイトではパーフェクトモデリング!というくらいですからS950に内蔵されているフィルターのことだと思われます。

FILTER

AUDIO BANDWITHに対してポストフィルターになります。

幅としては600HzくらいまでのLPFと言った感じです。

OUTPUT LEVEL

ボリューム調整です。ここでの音質の変化はありません

MONO

S950はモノラル録音しかできないのでそのエミュレートです。

スポンサードリンク

使い方

¥RX950で音を汚すというよりはAD/DAの質感を手に入れるという使い方がよいと思います。

イメージとしてはパソコンの中でミックス完結させているというより

一度外部のエフェクターを通してそれをパソコンに戻す

みたいな感じです。

では効果の程を確認したいと思います。

設定は以下の図の通りです。

最初の4小節はバイパス

5小節〜インプットゲインを上げて戻す(0:00〜0:07)

9小節〜BANDWIDTHを上げて戻す(0:08〜0:15)

13小節〜FILTERを上げて戻す(0:16〜0:23)

ドラムトラックだけにかけています。(0:24〜0:31)

 

やはりインプットゲインをあげたときの質感はいいですね!

ちなみにSIN波でチェックするとインプットゲインを0.42dBまで上げると

強烈な倍音が出始めます。

 

さいごに

音質は非常にマイルドながら独特の歪の質感があって好印象です。

ビットクラッシャーではないためビットディストーションはできませんが、

マイルドな音の変化とその質感は隠し味としてはかなり強い武器になります。

 

残念なのはADインプット時のサンプリング周波数を変更できないということ

低ビット高レートという音質の変化まで再現できればまさにパーフェクトといえたでしょう。