どうもUGです。

私はIndependence pro3.1(以下IP3)という音源をよく使います。

お気に入りの音源はPOP BRASS

アーティキュレーチョンもフォール スタッカート クレッシェンド

程度で幅はないのですが、とにかくポップで元気なブラスを使いたい時は

まっさきに手がのびる音源です。

 

でも、実はIP3は結構不安定だったります。

私も以前、これを指していいたらかなりの確率で作業中にDAWが落ちる

また終了時に100%で「よきせぬ終了」という言葉をみることになります。

結構困っていましたが、あることを試したら安定動作するように

なりましたので、今日はそのお話をします。

不安定の理由

IP3はもともとYellowtools(以下YT)時代に作られたエンジン(音源)でしたが、YT

からMagixそしていまはBestservisがエンジン「ENGINE」の管理をしている状態です。

エンジンというのは

Native insturmentの「Kontact」みたいなものですね。

そして不安定の理由はYTのIP3エンジンを使っているのが原因でした。

それをBestservis「ENGINE」を使うことで不安定は回避できます。

スポンサードリンク

「ENGINE」とIP3の違い

MAPING機能

ENGINEはIP3エンジンをベースに作られているので、基本は同じですが、

IP3はサンプリングマシンでもあったので、自分で音色をマッピングできましたが、

ENGINEはプレイバックサンプラーなのでオリジナルの音色を読み込ますことはできません。

PERFORMANCE機能

IP3はマシンガン現象(同じサンプルを連続でならすことでリアリティがない再生になってしまう)を

回避するために16個の異なったサンプルを読み込ませて発音させることができましたが、

これもなくなりました。

UVIのmacfhiveとUVIWorkstationの違いみたいなものですね。

しかしそれ以外は同じなのでIP3は拡張音源としてENGINEに読み込ますことができます。

「ENGINE」の手に入れ方

https://www.bestservice.com/index.html

に行って、SUPORT⇒Down load⇒ENGINEをダウンロードします。

IP3もBest Servisに登録します。

たしか登録が必要だったはずです。(うる覚えですみません)

 

インストールするとBest ServisのENGINEが表示されるようになるので、MAGIXのIP3は残していても

問題はありませんが、おそらく必要ないので削除してしまった方がよいでしょう。

ENGINE起動しIP3の音源を読み込ませる

やり方は簡単です。

ENGINEを起動してpreferencesからLibrariesを選び

add LibrariesでIP3の音色が入っているフォルダを追加するだけです。

これでIP3音源を安定して使うことができます。

スポンサードリンク

さいごに

IP3はもう開発終了してしまっていますが、

音源として手に入れることはできます。

IP3エンジンはもう古いエンジンなので色々と不具合が出ていたんですね。

ENGINEは今のところ開発が止まることもないですし、

新しい音源も続々リリースされているので、

安心して使えるエンジンだと思います。

もし私みたいに、IP3が安定しないと悩んでいる方が

いたら是非試してみください。