DTM/DAW プラグインエフェクト

Mac版のKawachord2 Freeがリリースされました。

投稿日:

728x90

Kawachord2というプラグインをご存知でしょうか?

これはとんでもない機能のを秘めたプラグインです。

概要はあとで説明しますが、

すでにwindows版はリリースされていてmac版を強烈に願った

ファンからの要望に応えて作られたものです。

ではそのKawachord2を見ていきましょう。

KawaChord2

KawaChord2はコードアシスト機能プラグインとでも呼べばわかりやすいかもしれません。

上記のmac版はまだfree版なのでコードは限られていますが、例えばminボタンを押せばマイナー・コードが表示されますし、

sus4を押せば下の鍵盤にsus4が表示されます。

これでコードの苦手な人も構成音が表示されることで認識しやすくなります。

さてそれだけなら特別すごいものでもありません。

KawaChord2のすごいところはそのコードをDAWにもってこれるということなんです。

方法は簡単です(マニュアルにも描いてありますが)

私の環境もマニュアルもstudioOneでした。

まずKawaChord2を読み込ませます。

次にMaiTaiでもなんでもいいです。コードがならせるプラグインシンセを読み込ませす。

次にMaiTaiのMidi出力をKawaChord2に設定します。

あとは指定したコードをCTRボタンを押しながらドラッグアンドドロップすればコードトラックの出来あがりです。

すごくないですか??ワクワクしません?

めっちゃテンション上がりません?w

キューベースではコードトラック機能があるという話ですが、

VST環境のDAWならば似たようなコード機能が使えるんです。

今まではアレンジトラックにデータの入っていない空箱をつくり

コードネームを打ち込んでいたのですが、その手間から回報されます。

転調してもまたその指定したコードをドラッグアンドドロップしてやればいいだけの話。

すごい作業量の短縮です。

そしてこの機能が求められるのは

専門学校でコードを知らない生徒にもこのKawaChord2があれば構成音を理解することができます。

DTM授業にちょっとした革命がおきると思ったりしていますw

さいごに

まだフリー版なのでバグがあったり、「もっとこうなればいいなー」みたいな部分も多々あり。

私も製作者の方と連絡をとらせていただきました。

とても気さくな方で、私の無理難題にお礼を言ってくださる

紳士すぎる方でした。

とりあえず正規版でたら絶対買いですよ!!!

 

http://kawa.works/kawachord2.html

 

 

ad

ad

-DTM/DAW, プラグインエフェクト

Copyright© 96bit-music , 2018 AllRights Reserved.