どうもUGです。

その昔クリエイター募集の掲示板でコンペ用の編曲を募集している人がいました。

当時私は28歳くらい。その人は4つくらい下だったような気もします。

その人はすでに何曲かリリースしていて有名な声優さんとかに楽曲を提供している人でした。

 

気になったのでとりあえず5曲ほど送ったものの音沙汰はなかったので

落ちたと思いそのことはしばらく忘れていましたが一週間くらいしてから

「何人かに声を書けさせてもらっていましたが、全員金額の折り合いがつきませんでした

UGさんの曲はかなり荒削りですが、光るものがあります。一曲5千円で

アレンジを

お願いできませんか?」という話をもらいました。

 

30歳までに食っていく手立てが見つからなければ音楽を諦める気持ちだったので

値段に構わずOKしました。

 

編曲料はあくまでコンペに出すためのものなのでコンペに提出できた時点で

支払ってもらえます。

大体納期は3日くらいだったと思います。

コンペが受かった場合は追加料金+クレジット記載というオプションもありました。

 

何十曲というコンペのアレンジを「受けては落ち」を繰り返していたある日

作曲家さんから「UGさん最終まで残っていてほぼ通りそうです。ただ

ストリングスの音色が気に入らないと言われているので変更してください今日中にできますか?」

という依頼がきました。

その連絡を20時くらいにもらったので残り4時間

しかし、ちょうどそのとき当時買ったばかりの高級ストリングス音源が手元にあったので

「これならイケる!」思いさらに入念に音を作り込み納期ギリギリに送りました。

すると

 

「この音は違います。納期が間に合わないため今回は別のアレンジャーさんにお願いします。

依頼通りのアレンジにならなかったので今回は話はなかったことにします」

と言われてしまいました。

そしてその曲は無事にリリースされました。

「何が悪かったのかなー期待通りのアレンジにならなかったということだから

完成版はすごいアレンジになっているんだろうなー」と思い

リリース音源を聞いてみたら

まったく私のアレンジそのままw

ストリングスの音源がちょっとチープになった程度

 

どういうことだー?と思い

作曲家さんに連絡をとってみたら

次の答えが返ってきました。

音色もアレンジのうち

音色以外のアレンジは問題ないクオリティでしたが。

音色だけが気に入ってもらえなかったという話。

仮にとんでもなくリアルなストリングスになっているなら納得もできたんですが、

最初の音源よりさらにチープないかにもシンセシンセしたストリングスでした。

納得がいかなかった私に「次のコンペ用のアレンジをお願いします」と言われて

「すみません今回のことは納得できなかったのでアレンジおります!」

と言ってその作曲家さんとはそれっきりになりました。

同時はアレンジが盗まれたーみたいな気持ちになっていたんですよw

そのときは煮え切らない気持ちでしたが

のちに気がついたのは

高級音源は万能ではない

音色数パターン送る考えするべきだった

という二点でした。

スポンサードリンク

数ヶ月経ってからまた作曲家さんから連絡がありました。

「あのうちの事務所の部長が話がしたいそうなので一度こちらに来てもらえませんか?」

事務所は東京、私は大阪、

正直その作曲家さんとはもういいかな?と思っていたので

「事務所の部長?なんで?いまさらん何用だよ?」くらいの気持ちでした。

運良く東京に行く用事があったので作曲家さんに連絡して

事務所の近くで待ち合わせをすることになりました。

事務所に向かう道中

「なんかあの件で怒られたりするのかな?

なんか言われたら言い返してやる!」というわけの分からない気持ちでした。

 

事務所の近くで作曲家さんと初顔合わせ。

待ち合わせ開口一番

「あの件ではすみませんでした」と謝られました。

「部長から君のメロディは彼のアレンジですごくよくなっていることを気づかなかったのか?」

「そういう人は離してはいけない!すぐに事務所につれてこい」と言われました。

いまいちなんのこっちゃよくわからない話でしたが。事務所につくと部長から

「◯◯とのアレンジ共同作業をしなくなったと聞いたけど、君さえよかったらうちで登録作家しない?」

というお誘いでした。

なんで?どういう流れでそうなるの?とよくわからなかったのですが、

思ってもみなかった話。

すぐにOKしました。

そこからアレンジコンペ以外の作曲のコンペをたくさん紹介してもらいましたが

その後しばらくしてゲーム会社に就職しコンペを受ける余裕はなくなったので

疎遠になってしまいましたが、会社にはいるまでの数年間

結果がすべての世界でちょっと揉まれたのは自分にとってスキルアップを実感した

時間でした。

もしあのときダラダラとメロディのアレンジだけをしていたら登録作家の話はなかったと思いまし、

ゲーム会社に入れたかどうかもわかりません。

スポンサードリンク

 

右も左もしならいアマチュアDTMerがプロの仕事にケチをつけた

たぶん普通なら怖くてできないかもしれません。

むしろ人の行動にケチをつけるタイプではなく

大概のことは受け止めるのが私の性格です。

 

ですがそのときだけは我慢できなかった。

今考えると目先の結果より自分が納得できる仕事をしたいという気持ちが強かったのでしょう。

しかしその気持は間違ってはいなかったと思っています。

 

さいごに

昨日のブログを

DTM初心者のための1ランク上の音作りのコツはあのプロもやっている!

書いているときにふと思い出したので書いてみました。

アレンジって普通コード進行やギターやベースの奏法的なところが

メインに思う人が多いと思いますが、

音色ひとつでコンペに受かる話もあるので

音色も立派なアレンジということをお伝えしました。

みなさんも音色にはこだわりましょう!