どうもUGです。

みなさんオーケストラ系の打ち込みでエクスプレッションのデータとか

打ち込むの好きですか?

私はエクスプレッション系のデータを打ち込むのが苦手です。

むしろ嫌いです。

何かすごーく面倒くさいような、思うようにならないような。

これを何かもっと簡単にできる方法はないか?

 

そういえば指揮者って考えてみたら、指揮の振り方で

演奏者の抑揚をコントロールしているなー

 

そうか、手の動きでコントロールできればいいんだ!

ってそんなのあるのかな?と考えていたときに思い出しました。

ローランドのDビームだー

赤外線センサーに手をかざすことで

MIDI CCをコントロールできる技術です。

これならば思った感じでエクスプレッションを打ち込めるのでは?

とおもいましたが、

Dビームが搭載されているのはキーボードや音源はローランドしかありません。

Dビームを搭載している一番安いキーボードA49が16,000円くらい

個人的に欲しいと思ったのは88鍵盤にDビームがついたA88

サイズも手頃だし、

タッチもいいし、

88鍵盤 Dビーム

自由にアサインできるノブが2つ

そしてピッチ・ベンドにモジュレーション・ホイール

無敵だ!w

すでに販売終了

中古では50,000〜80,000くらい。

手元には、打ち込み用キーボードがある(61鍵盤だけど)

うん。とりあえずは我慢…

でもDビームはほしい。

Dビームだけ売ってないかな?と探してみるものの

売っていない…

需要あるような気がするんだけどなーと探し回っていたある日

TwitterでT1さんという方がストリングスの打ち込み方法について

レクチャーしていました。

もうすごいレベルの情報量です。

この通りにするだけで

ストリングスの打ち込み技術が20くらいあがります。

書籍化熱望していますw

管楽器の打ち込み方法についてもまとめています。

というわけで

書籍化熱望していますw(二回目)

たぶん、ここまで管弦楽器の打ち込み方法について

書かれているものはないと思います。

しかし、私が何より驚いたのは

ちょっとお兄さんそれ何やってるの?

手を動かして何かしてない???

私が求めていることしていない???

そこで知ったのがLeapMotionというデバイスでした。

LEAP MOTION

LEAP MOTIONは、2012年にLeap Motion社から販売された手のジェスチャーによってコンピュータの操作ができる入力機器である。 マウスや画面タッチを用いずに操作ができる体感型のシステムで、ジェスチャーによって直観的に操作することが可能となる。

wikiより

 

実は最近のものではありません

こんなものが6年前からあったことに私は随分驚きましたw

お値段は大体1万円くらいですが、

私はヤフオクで新品同様を半額くらいで手に入れました。

「使ってみたはいいけど。思っているよう感じにならなかった」

という理由で結構手放している人が多いみたいなので、

新品に拘らなければヤフオクはオススメです。

で元々はDTM用ではなくなかったこのデバイスを

DTMで使えるようにしたのが

GECOというソフトウェアです。

スポンサードリンク

GECO

元々は有料だったのが今は無料になっています

何やらいろんな方向に向いている矢印が写っている画面が立ち上がります。

この矢印は手の動き(ジェスチャー)の方向を図形化したものです。

この図形は9個のジェスチャーを右と左に並べたものです。

そしてそれらは手を開いた状態と閉じた状態と別々に認識されます。

 

そしてこのジェスチャーをLEAP MOTION感知します。

 

あらゆるジェスチャーの動きにMIDI CCを割り当てることができます。

でこのLEAP MOTIONの可能性に挑戦し続けているのが

T1さんという方なのです。

LEAP MOTIONの接続

LEAP MOTIONを繋いでGECOを立ち上げます。

そしてジェスチャーにMIDI CCを割当ます。

上下の動きにMIDI CC11を

横の動きにMIDI CC1を割り当てています。

とりあえずはシンプルにこんなところからやってみましょう。

次にDAWで新しいMIDIコントローラーとしてLEAPMOTIONを認識させます。

どのDAWでも大体同じやり方になると思います。

私の場合はStudioOne3です。

名前は特に適当でも問題ありません。

↓(GECOとしたかったのに間違ってGRECOにしてしまってますw)

注意すべきは送信先がipMIDI Port1

そして受信元がGECOになっていること、

こちらはタブに表示されているのを選ぶだけなのでそれほど難しくはないと思います。

これでMIDIコントローラーとして認識されました。

あとは任意の音源を立ち上げてジェスチャーで反応させたいパラメーターを音源側で設定します。

私の場合はバーチャルブラス音源のWIVIを使用します。

MIDI CC1とCC11でビブラートとエクスプレッションを認識させます。

後は演奏しながらLEAP MOTIONを動かすもよし、ベタ打ちしてデータ再生に合わせて

オートメーションを追加していくもよしです。

曲は分かる人だけニヤけてくださいw

縦の動きがエクスプレッション

横の動きがビブラートです。

まだまだ慣れていないので下手くそですが、

私がやりたかったことがこれでできるようになりました。

これはもっともシンプルな方法ですが、

T1さんみたいにすごいMIDI CCを割り当ててすごいレベルの

演奏にすることも可能です。

MIDI CCならなんでもアサインできるので

生演奏の打ち込み用ではなくEDM系の音をコントロールすることも

可能です。パフォーマンスとしてもLEAP MOTIONを使えば、

かっこよくなれます。

スポンサードリンク

さいごに

ジェスチャーでエクスプレッションならびにすべてのMIDI CCをコントロールできる

魔法のアイテム。それがLEAP MOTION+GECOです。

これも気になりますが、お値段がちと高い…です

とりあえずはLEAP MOTIONの使い方を研究していこうと思います。

ホントT1さんには感謝です!