どうもUGです。

StudioOne4でましたね。

そのせいか、

StudioOneを劇的に進化させるスクリプト「StudioOne X」の使い方① インストール編

こちらの記事関係が読まれまくっていますが、

すみません。

こちらはStudioOne4ではありません。

さて、

今回のアップグレードで気づいた点

改善された点とされなかっ点についてかいてみたいと思います。

 

なお改善されなかった点においては

私の環境だけの可能性もあります。

 

スポンサードリンク

StudioOne4機能

  • ハーモニー編集
  • コードの自動検出
  • Impact XT・Sample One XT
  • ドラムロールの強化
  • ステップシーケンサの搭載
  • Pro Tools、Logic、Nuendo、Final Cut Pro、Premiereとの互換ファイル(AAF)に対応
  • Melodyneとの統合を強化するAudio Random Access(ARA)をver2.0にアップデート

こんな感じの機能が追加されました。

コードの自動検出はけっこうすごいらしく

オーディオデータからでもコードを検出するとのこと、

ギターでコードから作っていく人にとってはありがたすぎる機能ですね。

Sample One XTはオーディオトラックをぶつ切りにして

書き出すことができる便利な機能です。

これだけでも欲しいという人は多いと思います。

さて、こういう話はあちこちでやっていると思うので、

私が気になった点を書き出してみたいと思います。

SMFの書き出し

StudioOne3には2つのSMFの書き出し方法がありました。

当然はこれはStudioOne4にも受け継がれています。

やり方は

[イベント]⇒[選択をエクスポート]⇒[midを選択]

これでSMFは書き出せる

はずなのですが、

残念ながら、ここで書き出せるのは選択したトラックのMIDIデータのみで

テンポ情報のデータは書き出しされません。

テンポ情報が含まれたSMFを書き出すときは

[ファイル]⇒[別名で保存]⇒[midを選択]

これで通常のSMFを書き出せます。

SMFを渡す時はテンポ情報がないと話にならないのですが、

簡易書き出し機能として[選択をエクスポート]があるのかもしれませんが

あまり使う用途が見つかりません。

便利な使い方があったら教えてください。

音質の変化

バージョンアップによって音質が変わってくるのはよくある話なので

軽く検証してみました。

まったく同じデータをSO3とSO4で書き出してみました。

音源はBFD3でパラアウトでSO3に送り込みました。

続いてSO4です

微妙に違うような分かる人にはわかるような…

私にはあまり問題がないレベルのような気がするようなしないような…

 

追記

朝起きて聴き比べするとたしかに違います。

微妙な差ですが、これは気になる人にはかなりきになるかもしれませんね

 

PAZで見比べてみると

左がSO3のオーディオファイル

右はSO4のオーディオファイル

少しずつ微妙に違いますが。

500hz〜1000hzの出方がSO4の方がすこしピークが目立ちます。

8000〜16khzの出方もSO3とSO4で違います。

2つの音を同時に鳴らし、一つのファイルを反転させたところ

逆走効果で音が消えなかったので、たしかに出音に違いがあるのは

間違いありません。

補足

私だけの環境だとは思いますが、

なぜか、wavesのPAZ AnalyzerのPEAKをRMSにしようとボタンを押すと

100%SO4が落ちるようになりました。。

これはwavesのバージョンがあっていないのかわかりませんが、

waves関係でSOが落ちたことがなかったのでちょっとびっくりしました。

プラグインのプリセットは表示されない

これは確実に私のところだけっぽいんですが…

エフェクトプラグインのプリセットがAUだと表示されるのですがVSTでは表示されません

左VST 右AU

 

マルチアウトの表示量が増えた

本当に微妙なところなのですが、

SO3とSO4では展開させたら一度に表示されるマルチアウトの量が違います。

私はBFD3をSO上でミックスするためにすべてパラアウトしているので

ここの表記量が増えたことは私にとって非常にプラスですw

スポンサードリンク

さいごに

アップグレード金額は15000円くらいということですが、

AudioDeluxeさんではクーポンコードで126.66ドルということです。

安く済ませたい人にはオススメです。

とりあえず私が軽くさわった感じで思ったことを書いてみました。

また気がついたら加筆していきます。