どうもUGです。

UVIから出ているUVI Digital Synsations2(以下DS2)には

90年代を彩ったJRolandのJD800 KawaiのK5000S ensoniqのFizmo

3つのシンセサイザーの音源が収録されてます。

DTMerの間ではやはりJD800の再現度が気になるところだと思います。

私個人的にはJDのディストーションリードとシンセブラスが再現されているかが

気になるところです。(たぶん無理かなー)

さてこのDS2デモを聞いたところでは素晴らしい音源なのですが、

購入がとても微妙な音源だったりします。

スポンサードリンク

Synth Anthology IIと比べるとお得感がない

Synth Anthology II(以下SAⅡ)とはUVIが出しているシンセサイザーの総合音源。

その中にも JD800 K5000S Fizmoもある程度(と言っても数はそここあります)

収録されています。DS2はSAⅡに収録しきれなかった

音源を補完する目的だと思いますが、SAⅡを持っている場合は

かぶってくる音源などがあるため、どうしてもDS2にほしいピンポイントの

音色がないと(確認できないと)購入ためらってしまいます。

なので私はSAⅡがオススメです。

無料で配られてしまう可能性があるw

最近はどこもかしこもイントロセールで30%オフの価格設定で

販売されることが多いです。DS2もイントロ価格として

14800円が11800円で販売していました。

[rakuten id=”miyajimusic:10047811″][/rakuten]

楽天ではまだイントロセールをしています。

安いうちに買っておくに越したことはないですが、

DS2の全身DS1を私がセールで購入した直後いきなり期間限定で無料となった

ことがありました。まぁ買った直後にセールがくるのもよくある話w

そこで心折れている場合じゃないんですが、

買った直後の無料はきつかった

その後もちょくちょくと無料になるのを見て、

「今すぐ必要なら金を出して買う。そうじゃないなら

セールを待て」という気持ちで切り替えるようになりました。

スポンサードリンク

モノは良いから後は覚悟だw

UVIの音源は基本よくできています。

なので、ほしいとは思ったら買うしかない。

ひょっとしたら音源の中の一つの音色が

あなたのDTMライフをとんでもないレベルに

引き上げてくれるかもしれませんw