どうもUGです。

日々良いDTMerになるためにいろんな書籍を買って勉強しています

それは何も音楽本だけに限らず啓発関係の本であったり

とにかく自分の音楽のためになると!と思ったら

片っ端から本を買うくらい私は読書中毒です。

そんな読書中毒の私が最近買ってよかった書籍を今日は紹介します。

永野光浩著 永野光浩流・DTM音楽制作術 良い音の作り方

目次

  • 第一章 イメージを固める
  • 第二章 システム作り〜弘法も筆を選ぶ
  • 第三章 良い音の追求〜弘法も筆を選ばず
  • 第四章 実際の制作過程を見てみよう

まずこの本はかっこいい音楽を作るための具体的な打ち込み方法が

メインではありません(多少はのってるけどね)

良い音こそかっこいい音楽を作るために必要なこと

そのためには必要なことがテーマとなっています。

もし打ち込みスキル自体を望むなら

とか

こちらがオススメです。

「つまり音は適材適所であるか否かで、良い音にも悪い音にもなる。

メモリがたくさん使われている高級音源は条件なしに良い音であるという思い込みが

正しくないということ

曲やジャンルによっては安いメモリをそんなに使っていない音の方がハマるということ

確かにアイドルのイケイケの曲で高級なピアノ音源は合わない感じがします。

冒頭の写真をイメージした曲に会うピアノ音源をXpand!2のピアノの音と

ivory2のピアノの音を比較しているのが興味深かったです。

こちらはオーディオファイルで確認できるのでぜひ聞いてみることをオススメします。

「とりあえず音色を選んでおくは」NG!

いやホントそのとおり、これつい最近まで私もやってましたが、

結局後々になってイメージと違うなと思い音色を入れ替えるとなると

結構な手間暇がかかり、だんだんめんどくさくなって創作モチベーションも

さがってしまいます。てとりあえず音色を選んでいる人は

時間がかかっても完成形をイメージした音色選ぶのが

プロの技として覚えた方がよいでしょう。

絶対的に良い音というのは存在しない

適材適所というが大切なのであって音色に依存すると

そこには作曲者のイメージは存在しなくなりそうです。

大切なのはなぜその音色なのか、そこを明確にして

その意図が伝わることが何よりも大切ということ

楽曲を聞く上での判断が難しい

スポンサードリンク

著者の制作環境について

二章は著者の制作システムが紹介されていますが、

こういう音源紹介をされていると使ってる音源に

ツッコミをいれてくる人を良く見ますw

先程もいった音色は適材適所です。

求められるものと作りたいもののイメージが合致していれば

高級な音源を使う必要はないと思います。

ちなみに著者レベルならソフト音源に拘らず必要であれば

生を使えるレベルといことも頭においてくと

「音源がねぇ」なんて言う人もいないでしょうw

最後に

永野光浩さんの本をどれもこれも本当にわかりやすく読みやすいのが

特徴です。今は私の母校で教えているとのこと、

今の学生たちが本当に羨ましいです。

音色について悩んでいる人にはぜひオススメです。