あなたはDTMを教えてくれる学校で何を学びたい?

どうもUGです。

DTMを始めたいから学校やスクールに行きたいという人が

年々増えてきています。私が学生時代DTMなんて

「マニアック以外なにものでもない」というものだったのが

今や随分カジュアルな領域になってきているのはとても嬉しいです

 

さてDTMを始めるのにやはり素人ではわからないことが多く

スクール等に通いたいと思う人がいるのは当然の話だと思いますが、

DTMに関する学校は年々増加傾向で正直何を選んでいいかわからないと思います、

ただ正直教えてくれることはどこのスクールでもそれほど変わりません。

なぜならDTMでできることやれることはそれほど多くないからです。

実は地味なDTMの世界

DTMで何をしたいかと言われると

「DTMでオリジナル曲を作りたい」という人が多いですね。

クリエイティブ(作曲)な世界をDTMで体験してみたいという

言うのが理由の一つにあると思います。

 

クリエイティブな世界とは華々しく見えるものですが、

クリエイティブをつくるためのDTMの世界は実は地味で面倒くさい世界です。

各音源の音の強さや長さや音量ちょっとずつ変えたり、

イメージに合うための楽器を選び続けることに時間をかけます。

 

本当に「ちょっとずつ」です。

実は講師をしている私が言うのも何ですが、

私はこういうのが本当に面倒くさいと感じます。

願わくば「パーンと作って」「ポーンと世に出て」

良くも悪くも「ドカーンと評価されたい」と思っていますw

DTMを始めようとしている人はこの辺どうですか?

面倒くさいに負けてほしくないために

「そういうのはあなただけ!

私は面倒くさいと思いませんし負けません」という人。

ぜひ頑張ってほしいです。

 

そういう人を私は心のそこから応援するし、分からないことがあれば

時間と私の知識が許す限り答えてあげたいと思っています。

でも何かの拍子にその気持が折れてしまうこともあります。

 

人間だものw

それまで好きだったクリエイティブな作業が

本当に面倒くさいだけになってしまいます。

そうなると楽しみがなくなり、DTMから遠ざかってしまいます(T_T)

 

そうなってほしくないからこそ、

DTMで何をしたいか。

という目的は大切にしてほしいと思っています。

DTMの使い方を教えてくれる学校は山ほどあると思いますが、

目的を明確に教えてくれるところは多くないと思います。

しかし大事なことです。

目的ってなに?

目的とはなんでしょう?

「オリジナル曲を作ること」

「プロを目指すこと」

これらは目的ではありません。目標です。

 

ここを勘違いしている人は本当に多いです。

目的はもっと単純なことです。

しかしこれはDTMの作業的なものではなく

本人の中に眠っているものを上手く引き出してあげることしか

できません。

DTMはあなたの人生の目的を見つけることができます。

大げさな表現ですが、間違いではありません。

DTMの使い方はそれらのための手段でしかありません。

DTMの世界はすごいですよ。

 

せっかくやるならズブズブになるまでDTMの世界に入ってきてほしいんですよね。

そして、目的意識をしっかりもったDTM人口が少しでも増えることを私は

強く望んでいます。

もしDTMレッスンに興味がありならなんでもDTMレッスンの投稿フォームからなんでも聴いてください。

[amazonjs asin=”4478016445″ locale=”JP” title=”ザ・ミッション 人生の目的の見つけ方”]

 

 

 

 

 

 

コメントを残す