MENU

MACで使えるおすすめDTMソフト– !! –

MACで使えるおすすめDTMソフト
  • DTM ソフト
  • ソフトウェア音源
  • ソフトシンセ
  • 音楽ソフト

DTMで使うソフトってなんでこんなにたくさんあるの?全部そろえなきゃだめ?

実は名前が違うだけでそれほど違いはないんだよ!

DTMで使うソフトには色々な呼び名があってDTM初心者には混乱の元です。無駄な混乱はサクッと取り除いて少しでも速く楽しいDTMライフを送ってほしくてDTMソフトの名前等の意味と違いについて解説します。

DTM ソフトの種類について

DTMソフト(ソフトウェア)とはDTM(デスクトップミュージック、パソコンで音楽を作る行為)に必要なソフトの総称です。他に音楽ソフトと呼ばれることもありますが基本は同じです。

DTMソフトには作曲/編曲ミックス等をするためのDAW(デジタルオーディオワークステーション)がありその中で使用するエフェクトプラグインを規格名からVSTプラグインと言います。

VSTプラグインの中にはコンプやイコライザーなどのエフェクトを担当するVST e(ブイエスティー エフェクト)ピアノやギター、シンセ関係のいわゆる楽器に相当するVST i(ブイエスティーインストゥルメント)そして、DAWで打ち込んだデータの演奏情報を変化させるVST MIDI (ブイエスティーミディ)という3つに分けられます。

VST eをDTMソフトと言ってしまったり、DAWをDTMソフトと言ったりとDTMソフトはかなり広義な使われ方をする側面もあります。(おすすめDTM ソフトでDAWが紹介されていたり、プラグインが紹介されていたりするのもそのせいです)

ではどのように認識するのが一番ベターなのかというと「ピアノやギターをソフト化したもの」をソフト音源(ソフトウェア音源)として捉えるのか一番シンプルでわかりやすいように思います。

VSTとはあくまで規格名なのですが、多くのDAWに導入されているもっともポピュラーな規格のためDAWで動作するエフェクトプラグインや音源プラグインの類はVSTプラグインと認識されています。

ちなみにLogic ProはAU(オーディオユニット)ProtoolsはAAX(エーえーエックス)という独自の規格を採用しているためVSTプラグインは動作しません。

しかし、多くのプラグインはAU/VST/AAXに対応しているため問題なく使えるのがほとんどです。

他にもRX8のような波形編集ソフト等やマスタリング専用のツールもDTMソフトと認識しても問題はありません。

DTM ソフト[DAW]について

「おすすめのDTMソフト」を教えてください。という文脈では上記のように「どの部分のソフトを示しているのか」が重要になります。ここではDTMをするにあたり最も必要なDAWについて説明します。

DAWとは(デジタルオーディオワークステーション)の頭文字をまとめたものです。各メーカーからDAWは出ていますが、有名なのは次の7つ

AppleLogic Pro
AvidPro tools
AbletonLive
mage-LineFL Studio 
MOTUDigital Performer
PresonusStudio One
SteinbergCubase/Nuendo

DAWでできることは次の6つです。

  • 作曲/編曲、
  • 録音
  • 波形編集
  • ミックス
  • マスタリング
  • 譜面作成(一部のDAWを除く)

色々と種類があってどれを使えばいいのかわからないという人もいますが、どのDAWであってもできることは基本同じです。ですが、これらの基本に付加価値をつけているのがメーカーの特色となります。

DTM ソフト[DAW]価格の違いについて

DAWはそれぞれ価格が異なります。多くのDAWは買い切りですが、ProtoolsやPresonusのようにサブスクリプションで使えるタイプのものもあります。

基本的な価格はこのようになります。

AppleLogic Pro24,000円
AvidPro tools※36,500〜76,500円
AbletonLive※10,800〜80,800円
mage-LineFL Studio ※14,080〜27,800円
MOTUDigital Performer59,800円
PresonusStudio One※5,300〜40,980円
SteinbergCubase※11,910〜54,800円
※ソフトのモデル、及びアカデミック価格(学生割引)によって価格が異なります。

Logic ProはMacでしか使えませんがそれ以外はMac/Win両対応になっています。

DTMソフト[VST プラグイン]について

上記で説明したDAWの中で使うのがVST プラグインです。

イコライザーやリバーブなどのエフェクトプラグインについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

なのでここでは音源に該当するVST iについて解説していきます。上記でも軽く説明していますが、VST iの主な特徴は音色を奏でられる楽器をソフト化したものをソフト音源(ソフトウェア)と呼びます。

VSTプラグインの中のカテゴリVST iはこのようにカテゴライズすることが可能です。

ハードシンセモジュールの名残をうけて複数の楽器を搭載している音源をマルチシンセと呼びますが、最近では独立したシンセエンジン等を搭載しているものも見受けられます。今マルチ音源を正しく表現するのであれば「マルチシンセシス音源)と呼ぶのが適切かもしれません。

代表的なマルチ音源

DTMソフトの中でもソフト音源は選ぶ楽しさ、使う楽しさ、など色々な楽しみがあります。ソフト音源(VST i)の種類は主に次の8種類に分類されます。

  • ドラム音源
  • バーチャルアナログ音源(シンセ音源)
  • ウェーブテーブル音源
  • FM音源
  • マルチ音源
  • オーケストラ音源
  • エスニック音源
  • キーボード音源

※音源の中にはスタンドアロン(DAWを起動する必要がない)タイプのものも多くあります。

それでは1つ1つ解説していきましょう。

ドラム 音源

ドラムトラックをよりリアルで存在感のあるものにするのがドラム 音源です。最近のドラム音源はマルチの中に搭載されているものでも十分なものが多いです。しかし、専用ドラム 音源になると、例えばマイクとスネアのマイクのかぶりを調整することで本物と変わらないドラムサウンドを作れたり、OHやROOMの量を調整することで自然な音をつくることができます。

バーチャルアナログ音源(通称VA音源)

主にアナログシンセの音作りに特化したソフトシンセがバーチャルアナログ音源(VA音源)と呼ばれています。

バーチャルアナログ音源の特徴は往年の名機と呼ばれたアナログシンセをソフト上で再現していること、実機であれば40年という月日の中では故障が発生し高額な修理費が必要になるアナログシンセもソフト化してしまえばそんな心配はありません。

ソフトが実機を超えることはまだありませんが、プロで一聴しただけでは実機なのかソフトなのかわからないほどのクオリティのものは多くあります。

そしてアナログシンセでは音色を作ってもそれを保存しておけるメモリがありませんでしたが、ソフト化すれば何千何万という音色を保存しておくのもカンタンです。

有名な バーチャルアナログ音源
  • Legend
  • Arturia製品
  • Sylenth1

ウェーブテーブル音源

音が連続で変化していく不思議な音源、それがウェーブテーブル音源です。音作り自体はアナログシンセ同様ですが、使っているオシレーター(音色のもと)を時間とともに変化させることでより不思議で独特なパッドや近年であればEDM系などのノイジーなワブルベースなども作れます。

有名なウェーブテーブル音源
  • SERUM
  • SPIRE
  • THORN
  • MASSIVE

一部のDTMソフトにはウェーブテーブル音源が内蔵されているものもあります。

マルチ音源

マルチ音源とはピアノやギター、ドラムにストリングスなどの数種類の音色を1つにまとめたものを指しますが、近年ではマルチ音源の中に独立したシンセエンジン(バーチャルアナログ、ウェーブテーブル、FMシンセなど)を搭載しているものも多くなっています。

ギター音源

マルチ音源に入っているギターの音色でギターらしさを再現するのは大変です。ギターにはギターらしさに必要な多くの奏法(アーティキュレーション)が存在します。それらを細かく設定調整できるのがギター音源になります。

ギター音源の価格はマルチ音源等と比べると「たった1つの楽器に何万円…」もかけることになるので一見コスパが悪いようにも見えますが、上記でも説明したギターらしい演奏奏法はMIDIの打ち込みでだけでは再現できるものではありません。

なので決して数の側面だけを見てコスパが悪いと見るのは早合点といえます。

ベース音源

こちらもギター音源同様にベース特有の奏法をやハイクオリティな音色に特化したものがベース音源です。「低音だしあまり聴こえないから別にベース音源ってそこまでこだわらなくてもいいのでは?」と思う人もいるかもしれません。しかし存在感のあるベースサウンドは楽曲のクオリティアップにはかかせません。

またベース奏法の中でもスライドはベースのリアリティにつながる重要な要素の1つです。そこが適当になると楽曲の説得力は半減してしまいます。

ピアノ音源

リアルなピアノらしさとは共鳴による深い響きになります。マルチ音源にもピアノの音色は多く入っていますが、共鳴レベルまで追い込める音源はやはり専用のピアノ音源が一番です。

バラードなどピアノがメインとなるような曲の場合は専用のピアノ音源の出番は増えるでしょう。しかし、ポップスなどでは専用のピアノ音源よりマルチ音源の中のピアノ音色を使った方がしっくりくる場合もあるので、そのあたりは常に「最適な音色」を考えながら音色を選択するのが重要です。

エスニック音源

ハイクオリティな民族音楽を作るのに最適なのがエスニック音源です。エスニック音源はその国、土地の民族楽器を収録した音源になります。例えば尺八や三味線、琴などの日本の民族楽器もエスニック音源の1つといえます。

しかしこれらの音源は「和風音源」というようなくくりで認知されているケースが多いです。

プロはどんなDTM ソフトを使っているのか?

「プロはどんなDTM ソフトを使っているのか」を気にする人は多いです。できればプロと同じソフトを使えばもっとうまくなる!と思っている人やプロと同じソフトを使うことで親近感を感じたい。という気持ちの人もいるでしょう。

結論から言えばプロとアマチュアが使っているDTM ソフトにはほとんど変わりはありません。むしろ最近はプラグインセールが当たり前になりアマチュアの方が多くのDTM ソフトを持っているケースも珍しくありません。

プロがDTM ソフトを選ぶ基準は色々とありますがざっくりいうと次の2点がもっとも重要視しています。

プロがDTM ソフトを選ぶ基準
  • 動作は安定しているか
  • 自分のやりたいことが少しでも速く形になるのか?
  • 業界標準の足並みは揃える

プロは文字通り音楽制作を生業としているので不安定なマシンを使うことはしません。言い換えれば不安定になる要素を1つでも多く省きたいわけです。そのため新製品のプラグイン等であってもそれが仕事上のリスクになると感じたら導入はしません。

また当然のことながら少しでも速くクオリティが高い楽曲をつくるのもプロのスキルなので、操作性が悪いDTM ソフトは好みません。

また多くのプロがProtoolsを使っているのは外部との連携が取りやすいメリットがあります。プロの作曲家であってもミックス等は当然ミックスのプロにお願いするわけですから、ファイルでやり取りできる環境はスピード重視のプロの世界ではあるいみ当然の選択と言えます。

アマチュア界隈ではオワコンと称されるWAVESのプラグインもプロの人は今だに普通に使っているのは音質面で多少今の御時世に合わない部分があってもそれを補うだけの時間を確保できるメリットがあります。もちろんそれだけではなく、そこにプロの道具として価値が認められているというのが大きなポイントです。

さいごに

DTM ソフトとは広義な意味で使われることは理解していただけたでしょうか?言葉に振り回されて何がどれなのかわからないということにならないためにまとめてみたのが今回の記事です。

DTM ソフトを正しく選びより良いDTM ライフのお手伝いができれば嬉しいです。

123...12