StudioOneのmidi分解能(ティック)をLOGICで割り出してみた

どうもUGです

この記事はStudioOneの分解能についてお話します。

 

StudioOneユーザーが密かに悩んでいること

それが分解能(ティック)

他のDAWは一般的に480〜960と言われているなか

StudioOneの分解能表示は100と表示されます。

その数値をみて「えー」なんで100分割ナノ?

という疑問とともに「こんなんじゃノリ再現できないよ」

その精度に躓いている人かなりいると思います。

 

StudioOneは分解能の表示は一般的な通常のティックという概念ではないため

その表記では分解のがいくらなの?という疑問があります。

 

今日はそれをLogicを使って比較テストしみてました。

このテスト方法があっているかどうかわかりませんが、

一応参考になるかと思います。

 

それではStudioOneとLOGICの分解能(ティック)を比較してみた

について書いてみたいとおもいます。

[cc id=1066 title=”目次移動”]
[cc id=1029 title=”記事中アドセンス”]

分解能(ティック)とは

4分音符を何分割できるか?というもの

この数値が細かいほど人間味だだせるというもの

これは各DAWによって異なっています。

 

Logicの場合は960

dpは480

(max2兆分の1拍。最高1万分の1拍の表示が可能)

cubase 960

 

まざ大体480〜960というのが一般的

ノリを意識した打ち込みをしようとすると

この数値を前後に10ずつくらい遅らせると

それらしい感じになってきます。

 

分解能が960の場合

4分音符960

8分音符480

16分音符240

という感じになります。

 

Logicのイベントリストで見るとこういう感じになります。

16分音符を4つ打ち込んでみました。

イベントリストの表記では239という表記になります。

これはわかりやすく見せるために1ティック短くしています。

(こうしないと、0 0 1 0という表記になりわかりにくくなるためです)

16分音符の長さが240

16分音符は4つで一拍なので✕4で960となります。

 

さてStudioOneではこのイベントリストどいう概念はありませんし、

他のDAW共通の分解能とは異なります。

StudioOneの場合は4分音符を100という表示され

16分音符とした場合も16分音符も100と表示されます。

一種のパーセンテージみたいなものだと思われます。

 

ではStudioOneの1/100はLogicの960分割で換算するといくらなのかという話です。

テストの方法

StudioOneのメトロノームをレンダーしてクリック音を抽出します。

その抽出した音をsampleOneに貼り付け再生領域を限界まで短くします。

こうすることパルス並の長さのクリックを作り

それを100個並べます。

当然長さは1/100です。

超絶にめんどくさいです。

なんでこんなことやってんのかな?という気になりますがw

 

これを書き出してLogicで読み込み

「ストリップサイレンスで無音部分の削除する」

しきい値と無音として扱う最低限の長さを調節して、

100パルスの分割を行います。

分割したあとはLogicが自動的に一拍内に100個配置します。

これをイベントリストで確認するこのような結果になりました。

結果

およそ2〜3w

割り切れてないw

というかどういうタイミングで2ティックと3ティックになっているかの

法則性を見いだせません

 

StudioOneからSmfを書き出すと「midiがずれる」という話をきいたことありますが、

納得できました。

こりゃずれますw

[cc id=1029 title=”記事中アドセンス”]

さいごに

StudioOneの分解能(ティック)をLOGICを使って計測してみた

いかがでしたか?

初心者DTMさんには何のことやらさっぱりわからない記事だったかもしれませんw

 

初心者さんに覚えて帰ってほしいのは

分解能が細かいほど打ち込みの精度が上がり

より人間らしい打ち込みができる。

 

StudioOneの分解能(ティック)(正式にはこう呼ばない)は

ほかのDAWとは異なる

 

ということです。

 

これだけ覚えて帰ってもらえれば十分です。

 

お疲れ様でした。

 

 

StudioOneで気になっていたことをやっと検証できましたw

たぶんこんなことに時間を費やすのは私くらいかなw

それでも何かしら参考にしてもらたら嬉しいですw

studioOneでバウンスが遅い時はここを疑え

どうもUGです。

StudioOne4が発表されて乗り方人、

見送った人いろいろいるみたいですね。

コード機能は便利そうだし、オーディオスライスを簡単にしてくれる

Inpact XTもよさそうな感じですが、

デモを試してみた印象では今の私にそれほど必要なものではないので現在見送り組です。

 

さてstudiooneを使っていてたまに

あればバウンスが遅い!と思うことありません?

なんか3分の曲なのに、残り時間が10分とか出たり

 

「あれ?バウンス以上に時間がかかっている!」と

おもったときは次の設定を疑ってみてください。

[cc id=1066 title=”目次移動”]
[cc id=1029 title=”記事中アドセンス”]

バウンスとは?

ボーカルやギターにベース、ピアノやシンセなど

複数のトラックを一つのステレオファイルにまとめること。

StudioOne3ではトラックからミックスダウンでバウンスできます。

バウンスが遅い原因

私は普段48khzの32bitという環境で仕事をしています。

仕事上SMFを使用することが多いのですが、SMFを読み込むと、

なぜか、サンプルレートが44.1khzになってしまうことがあります。

SMFにサンプリングレートの変更なんて、記録できた覚えはあまりないのですが…

これを知らずに作業し続けて「さぁ曲が出来たバウンスだ!」ってなったとき

4分くらのトラックエクスポートがこんな時間になって全然終わりません。

この状態になると3分の曲とかに10分以上の書き出し時間が必要になったりします。

そして本来?であればStudioOneのサンプリングレートを変更すれば

バウンス時のサンプルレートも変更してくれていてほしいところなのですが、

なぜかこちらは48khzのまま

遅い原因はバウンス時にサンプルレートのリアルタイム変更をしているとか思ったのですが、

フォーマットは書き出し時の設定の48khzの24bitが有効になっています。

当然書き出したwavファイルは48khzの24bitです。

謎ですね。

対処方法

それほど難しい話ではなく、ソング設定でサンプルレートを書き出し時に設定されている

フォーマットに合わせるだけです。

下のバーからサンプリング周波数が表示されているので、

そこをクリックして元に最初使用していたレートに戻せばOKです。

この仕様にどういう意図があるのかイマイチわからないので

誰か分かる人がいたら教えてください。

[cc id=1029 title=”記事中アドセンス”]

さいごに

studio One3でバウンスが遅い時はここを疑え

いかがでしたか?

今回の書き出しが遅くなるトラブルは

トラックが少ないときでも遅くなり、多くなればなるほど

信じられないような書き出し時間になってしまいます。

 

あまりこういうトラブルは起きないと思いますが、

おきたときはサンプルレートのチェックをすることで回避できるかもしれません。

参考にしてください。

 

StudioOne4で改善された点されなかった点

どうもUGです。

StudioOne4でましたね。

そのせいか、

StudioOneを劇的に進化させるスクリプト「StudioOne X」の使い方① インストール編

こちらの記事関係が読まれまくっていますが、

すみません。

こちらはStudioOne4ではありません。

さて、

今回のアップグレードで気づいた点

改善された点とされなかっ点についてかいてみたいと思います。

 

なお改善されなかった点においては

私の環境だけの可能性もあります。

 

[cc id=1066 title=”目次移動”]

[cc id=1029 title=”記事中アドセンス”]

StudioOne4機能

  • ハーモニー編集
  • コードの自動検出
  • Impact XT・Sample One XT
  • ドラムロールの強化
  • ステップシーケンサの搭載
  • Pro Tools、Logic、Nuendo、Final Cut Pro、Premiereとの互換ファイル(AAF)に対応
  • Melodyneとの統合を強化するAudio Random Access(ARA)をver2.0にアップデート

こんな感じの機能が追加されました。

コードの自動検出はけっこうすごいらしく

オーディオデータからでもコードを検出するとのこと、

ギターでコードから作っていく人にとってはありがたすぎる機能ですね。

Sample One XTはオーディオトラックをぶつ切りにして

書き出すことができる便利な機能です。

これだけでも欲しいという人は多いと思います。

さて、こういう話はあちこちでやっていると思うので、

私が気になった点を書き出してみたいと思います。

SMFの書き出し

StudioOne3には2つのSMFの書き出し方法がありました。

当然はこれはStudioOne4にも受け継がれています。

やり方は

[イベント]⇒[選択をエクスポート]⇒[midを選択]

これでSMFは書き出せる

はずなのですが、

残念ながら、ここで書き出せるのは選択したトラックのMIDIデータのみで

テンポ情報のデータは書き出しされません。

テンポ情報が含まれたSMFを書き出すときは

[ファイル]⇒[別名で保存]⇒[midを選択]

これで通常のSMFを書き出せます。

SMFを渡す時はテンポ情報がないと話にならないのですが、

簡易書き出し機能として[選択をエクスポート]があるのかもしれませんが

あまり使う用途が見つかりません。

便利な使い方があったら教えてください。

 

クオンタイズ

StudioOneの1番の問題点といわれているクオンタイズですが、

まったく治ってません。

仕様と言い切るレベルなのかもしれませんが

放置する理由はもはや「治す気がない」ということなのでしょうか?

 

音質の変化

バージョンアップによって音質が変わってくるのはよくある話なので

軽く検証してみました。

まったく同じデータをSO3とSO4で書き出してみました。

音源はBFD3でパラアウトでSO3に送り込みました。

続いてSO4です

微妙に違うような分かる人にはわかるような…

私にはあまり問題がないレベルのような気がするようなしないような…

 

追記

朝起きて聴き比べするとたしかに違います。

微妙な差ですが、これは気になる人にはかなりきになるかもしれませんね

 

PAZで見比べてみると

左がSO3のオーディオファイル

右はSO4のオーディオファイル

少しずつ微妙に違いますが。

500hz〜1000hzの出方がSO4の方がすこしピークが目立ちます。

8000〜16khzの出方もSO3とSO4で違います。

2つの音を同時に鳴らし、一つのファイルを反転させたところ

逆走効果で音が消えなかったので、たしかに出音に違いがあるのは

間違いありません。

補足

私だけの環境だとは思いますが、

なぜか、wavesのPAZ AnalyzerのPEAKをRMSにしようとボタンを押すと

100%SO4が落ちるようになりました。。

これはwavesのバージョンがあっていないのかわかりませんが、

waves関係でSOが落ちたことがなかったのでちょっとびっくりしました。

レガート機能が不安定

もともと不安定ではありました。

 

これにはちょっと驚きましたw

バグでしょうか?

正直当たり前のMIDI編集ができないのは大問題ですが、

StudioOneはこういうところを治すのが苦手というか

なんというか…

早くMIDIに関してまともな編集ができるようになってほしいと願うばかりです。

 

プラグインのプリセットは表示されない

これは確実に私のところだけっぽいんですが…

エフェクトプラグインのプリセットがAUだと表示されるのですがVSTでは表示されません

左VST 右AU

 

マルチアウトの表示量が増えた

本当に微妙なところなのですが、

SO3とSO4では展開させたら一度に表示されるマルチアウトの量が違います。

私はBFD3をSO上でミックスするためにすべてパラアウトしているので

ここの表記量が増えたことは私にとって非常にプラスですw

[cc id=1029 title=”記事中アドセンス”]

さいごに

アップグレード金額は15000円くらいということですが、

AudioDeluxeさんではクーポンコードで126.66ドルということです。

安く済ませたい人にはオススメです。

とりあえず私が軽くさわった感じで思ったことを書いてみました。

また気がついたら加筆していきます。

 

私が未だにStudioOne3をオススメDAWに選ぶ理由

どうもUGです。

駄目です。

どうしても駄目です。

大変です。

私がStudioOne3を使いはじめて3年が経ちました。

そろそろ、私の中で浮気心が芽生え始める時期

作曲のための新しいキャンパスを選びたくなるはず

なのに、

選べません。

まったく他のDAWに触手が動きません。

何か悔しい気持ちにもなりますw

 

というわけで3年使っても買い替えたいと思わない

DAW「StudioOne3」のオススメポイントについてお話したいと思います。

[cc id=1066 title=”目次移動”]

私が触ったDAW

Vision3.5〜VisionDSP4.1

digitalperformer4〜7(以下dp)

Logic pro7〜10.4

Protools11

Live3〜9

cubase artist9

studioOne2〜3現在(以下SO3)

色々と触りました。

 

visionはDAWという定義ではなくmidiシーケンサーという立ち位置です。

一応オーディオも扱えましたが、オマケ程度です。

本格的オーディオを取り込めるようになったのがdp4からです。

 

会社に入るまではdpでしたがlive3くらいの時に確か小室哲哉が使うみたいな話を聞いて

ちょっと使ってみたくなり数曲作った記憶があります。入社後はlogicでした。

で退社後に一旦dpに戻りそしてまたlogicに戻りそこからしばらくは

logicを使っていましたが、protoolsがソフトだけで使えるようになったタイミング

憧れのPTを購入し、2年近く触っていましたが、StudioOneを触ってからは

今のところ固定です。

 

(cubaseartistはレッスン用なので作曲のために使っているわけではありません

現在勉強中ですw)

結構短い頻度で買い替えているので使いこなせているのか?と聞かれたら

「さぁ?全部は使いこなせていない」と答えます。

 

そもそもソフトをすべて使いこなす必要はないと思っているので、

今自分がやりたいことができるのであればなんでもよいという感覚でもあります。

なので、新しい曲を書くきっかけになりそう…と思ったら

新しいDAWに乗り換えます。

 

しかしそんな私ですが、最近のスパンからすると

SO3はかなり長いです。

https://96bit-music.com/studioone3/

機能面についてはこちらにほぼ書いてあある通りです。

それらを別にしてS3を使う理由をさらに考えてみると

[cc id=1029 title=”記事中アドセンス”]

音質がわかりやすい

DAWによって音が違います。

それらは良し悪しというより好みの世界だったりもします。

私もLogicの音色は少し篭ってはいますが、

勢いがあるように感じます。

 

決して嫌いな音ではないのですが、

SO3は俗に言う音がよいというだけではなく

無難な音

つまり色つけがない

そういう印象があります。

 

それが私にとってはすごく使いやすい音質なんです。

それが手放せない理由になっているように思います。

軽い

音色がいくら立ち上げられるとかそういう軽さではなく

全体的な動作が非常にキビキビ動きます。

久々にlogicをさわったときだいぶ改善されたとはいえ

やはりもっさり感にストレスを感じました。

[cc id=1029 title=”記事中アドセンス”]

さいごに

音質がわかりやすい

軽い

たったこの2つの理由で未だにSO3を使っているのは

自分でも驚きですが、

多少のバグがあっても、

使いにくい部分があっても、

結論としてはフィットしているということが

使い続けている理由かもしれません。

 

 

フィットするDAW、

そろそろバージョン4が出てきそうな気もしますが、

どんなSOになるか楽しみです。

StudioOneが落ちる原因は◯◯だった!

どうもUGです。

私がメインで使っているDAWはStudioOne3(最新版)です。(以下SO)

音が良く操作性も良いいので気に入っているのですが、

最近(ここ数ヶ月間)非常に不安定極まりない状態で、

作業中やソフトを終了したら必ず落ちる症状に悩まされていました。

もう日課のようになっていたので、

こんなことをつぶやきまくっておりました。

しかし引っ越しをしてから何故か落ちにくくなりました

(たまには落ちるんですけど、以前と比べたら1/10以下って感じです)

壁コンセントから直接電源をとっているのが良いのか…?とも思いましたが、

原因はこいつでした。

PCI拡張カード

mathey USB3.1 CardMEPI-U31

私のマシンはmacpro2009にCPUを載せ替えたいるおかげで処理速度自体は現行のmadpro以上の速度を出せるのですが、

足回りが貧弱で、少しでも転送速度が速くしたくてこのカードと、クレードルの

裸族のお立ち台 USB3.1 CROSU31Sを使用しておりました。

USB3.1でも搭載しているのは普通のHDDなわけで、

速度的にSSDほどの感動はなく「ちょっと速くなったかな」くらいだったので、

ここには音源データを載せずに普通の拡張HDDとしてくらいで使っていたのですが、

引っ越しをして、しばらくの間つなぐのを忘れていたんです。

そしたらSOが落ちないw

笑うくらい安定w

 

まさかこいつが原因だったとは…

音源のデータをここから読み込ませていたら原因もわかるのですが、

まさか

繋いでいるだけでアウト!!とは思いもしませんでした。

そういえば昔PCIeの拡張カードも似たような理由で不安定になることがったのを思い出しました。

作業速度を少しでも速くしたくてかったもので

まさか作業速度を遅くする結果になるとは…

拡張カード系は注意が必要ですね…

あくまでも私の環境での結果ですがもし似たようなことで困っている人が

いたら参考にしてくださいね。

とりあえず10年選手目指して今のmacproを使っていきたいと思ってはいますが…

サンボル付きのmacがほしいと思う今日このごろです