どうもUGです。

かなりレアな人になりましたw

5年近くメインで使っていた

Studio One3以下(SO3)から

digitalperformer9.5に乗り換えました(以下DP)

DPは会社にはいる前に触っていたので、かれこれ

10年振りに戻った感じです。

DP⇒SO4という流れはあると思いますが、

SO3⇒DPというのはかなり珍しい

ひょっとしたら関西で私だけかもしれません

(すごいエリアの縛り方w)

今日は乗り換えたその理由についてお話します。

スポンサードリンク

乗り換えた理由

SO3の終了時に9割の確率で予期せぬ終了

私のところだけだとは思うのですが、

kontact絡みでほぼ終了時に予期せぬ終了をくらいますw

自動保存があるのでそれほど問題はないのですが、

やはり精神的に落ち着きません。

StudioOne4に期待しましたが、

結果は変わりませんでした。

 

SO4の機能にそれほど魅力を感じなかった

StudioOne4で改善された点されなかった点

コード機能やビートスライスなどの機能が付きましたが、

今の私にはそれほど必要なものではありませんでした。

また今後、楽譜機能が必要になってくることを考えてみると

イマイチ不安定で使いにくいNotionより

DAW付属の楽譜機能がしっかりしているDPを

選択するのがよいのも変更の理由です。

 

SO4の音質が好きになれなかった。

俗に言うSO3の高音質が4になってなくなりました。

私も最初はそれほど気にならなかったのですが、

使えば使うほど気になりだしました。

音質をとるか機能をとるかの話ですが、

私は音質が気になってしまったタイプです。

 

アップグレード価格

SO3からSO4のアップグレードが15,000円程度

dpの旧式からのアップグレードがMotuのサイトで

195ドルというのも乗り換えた理由です。

もしSO4へのアップグレードが1万以下だったら

乗り換えなかったかもしれません。

 

そろそろ乗り換えの季節だったw

衣変えかよw

と自分でツッコミをいれていますが、

数年おきにDAWを交換しています。

語るほどの理由はとくにないのですが、

やっぱり少しでも安定している方にいこうとする

癖があります。

DPが最もソフト音源を立ち上げることのメリットを感じた

まだ試してはいませんが、

DPのプリジェンモードがどれほどのものか気になっています。

噂ではDAWの中で一番音源を立ち上げることができるという話ですが、

果たして真相はいかに?

このあたりは手持ちのDAWをすべて比較したもの

記事にまとめてみたいと思っていますので

どうぞご期待ください。

スポンサードリンク

さいごに

SO3の機能も音質も好きで、本当によく使いました。

なんと言ってもソフト音源を起動するのに

ドラッグアンドドロップの快適さはさすがでした。

それにARAでメロダインが使えるメリットは

ボーカル編集やオーディオ編集において大幅な

時間短縮が可能でした。

やはりあたらしいDAWだけあって素晴らしいものがあります。

なので、はじめて触るのであれば私はSO4をおすすめしますが、

ユーザーが少ないDPマスターになるのも面白そうなので

しばらくDPユーザーになってみたいと思います。

今後はDP関連の記事を公開していきます。

お楽しみにw