DAWソフトの使い方のコツは必要な機能を見極めること!

DAWを選ぶときは多機能で選ぶよりまずはシンプルな機能で選ぶことをオススメします。なぜならば最初からDAWの機能をすべて使いこなす必要などはなく作曲できるために必要最低限の機能が「いかにわかりやすいか」が創作がスムーズにいくからです。

「でもシンプルなものだとちゃんとした作曲とかできないのでは?」って思うひともいるかもしれませんが、実はDAWの機能の多くはそれほど大きく変わりませんが、以下の機能がついているかどうかは最低限チェックした方がよいものがあります。

この記事に書いている後悔しないDAWの選び方のポイントを読めばあなたにぴったりのDAWを選ぶことができるようになります。DAW選びはしっかりとポイントを押さえて選びましょう。

どうか、この記事がDAW迷子にならないことを祈って書きますw

スコアエディタ機能

DAWによって機能も用途も違います。たとえば楽譜機能自分の作った音楽を譜面で人に渡したい自分で譜面で確認したいというときは譜面機能が搭載されているDAWを選ぶ必要があります。

cubase

logic

digital performer

protools

こちらは古くからあるものなので、譜面機能は搭載されていますが、FL Studio  StudioOne  Liveには譜面搭載機能はありません

バンドメンバーから「譜面くれよ」なんて言われたときに(あまりないかもしれませんがw)「えっ?私のDAW譜面機能無いよ!」ってことで焦らないようにしないといけません。譜面作成を専門とするソフトが存在しますが、逆に高機能過ぎたり、値段が高かったりするものもあり、DAW上で簡単かつわかりやすい譜面をすばやくつくるのであれば、譜面機能は必要です。

リアルタイム

で演奏するというのはそのとおりの意味でメトローノームに合わせて演奏しだ情報をDAWにMidi録音していきます。

ステップレコーディング

鍵盤の弾けないひとのためにパソコンのテンキーやキーボードで音符情報を打ち込むやり方です。例えば、テンキーの1を押したら全音符、2を押したら二分音符といった感じであとは鍵盤をおさえることでその音符の長さの情報を打ち込むことが可能になります。

実際これはプロの作曲家の間でも頻繁に使われているやり方です。実はプロの作曲家はバリバリに鍵盤が弾ける人は少なかったりしますw

イベントリスト

このイベントリスト機能というのは打ち込まれた情報をリスト化したものです。

これはLogicのものですが、大体どのDAWも似たような表示です。どの位置にどんな情報が打ち込まれているかひと目で確認できます。たとえば、上から四段目の情報は

28 1 1 1 ノート 1 A#0 83 0 1 0

28小節の一拍目、16分音符一個目、1/480という位置情報になります。1/480というのは一拍を480に分割しているということです。これが細かくなればなるほど演奏情報を細かく再現できるということです。

ノートというのは音階のこと、ここではA#0という音が選ばれてるということになります。83というのはベロシティ 演奏情報の強さ。DTMでは強さは127段階で表示されます。1が1番弱く127が1番強いことになります。0 1 0 というのが全音符ということを意味しています。

このような情報を一度に視覚化できるのがイベントリストの強みですが、それ以上に重要なのはmidiCCを打ち込むことができるのです。CCとはこのピアノの音は100くらいでpanはL50くらいといった情報を予め打ち込んでおくことで、いつでもその情報をベースに音源をならすことができるということです。

これらはハード音源をコントロールしていた時代のなごりでもあり最近はソフト音源でこれらの情報がイベントリストに指定しなくても残るためあまり必要はなくなりましたがゲーム会社などではトラックのはじめにCC情報を管理することもあるので、ゲーム会社にはいることを目的としている人はイベントリスト機能があるDAを選んだほうがよいかもしれません。

イベントリスト機能があるDAWは

cubase

logic

digital performer

protools

搭載されていないDAWはFL Studio  StudioOne  Liveとなります。

音色を読み込み機能の違い

この音色の読み込みは音源リストのなから選んでDAWに読み込むわけですが、ここが微妙に手間だったりします。StudioOneはこの部分にとても優れていて

右のインストゥルメントリストからドラッグ&ドロップでDAWに音源を読み込ませられます。この機能を一度触ってしまうと他のDAWがとてもめんどくさく感じてしまえるほどです。

プラグインの種類について

基本ほとんどのDAWはVSTプラグインを読み込むように出来ていますが、Logicに関してはAUProtoolsはAAXしか読み込ませられません。ブリッジソフトを使うことでVSTを読み込ませることもできますが、初心者にはわかりにくい部分でもあります。

さいごに

DTM初心者のための後悔しないDAWの選び方のポイントいかがでしたか?DAW選びは難しい部分でもありますが、楽しい部分でもあります。触ってみないとわからないこともあるので、お店で触ったり無償版を試してみることをオススメします。

コメントを残す