どうもUGです。

みなさんがDTMをはじめた理由はなんですか?

「流行っているから」

「オリジナル曲を作りたいから」

「みんなに聴いて欲しいから」

といろいろとあると思います。

そのうえで

「DTMで音楽作って売ったら稼げるんじゃね?」と

思ったそこのアナタ!

目をそらさらない!w

大正解です。

せっかく作ったらなら誰かに聴いてほしいと思うし、

それがもし売れるのであれば嬉しくないですか?

今日はDTMで収入を得られるしくみについて書いてみたいと思います。

ストック収入

 

オーディオストック

一曲2000円〜3000円内で楽曲を販売できるサービス

最初は40%からスタート販売金額の40%~60%をロイヤリティとして支払われます。

審査基準があるため楽曲のクオリティが問われます。

また登録数が年々増えているのでその中見つけてもらうための努力が必要になります。

 

DOVA-SYNDROME

オーディオストックとは違い基本無料で使ってもらうことを前提としているサービス

企業やクライアントからの有償依頼もあり、名指しで依頼されることや

DOVAで積極的に活動をしている人には紹介されることもあります。

DOVAの魅力は広告アドセンスをDOVAのサイト内に貼ることができるので、

広告収入を見込めるメリットがあります。

 

Lumit

好みを学習して未知の音楽聞かせてくれる配信してくれるサービス

音楽活動支援サービス「Frekul」に登録することで

配信が可能になる。

あくまでリスナーが好みそうな曲をAIが選ぶため

決まった曲を再生することはできない。

たくさん「いいね」をしてもらえたりすることでその系を求める人には多く再生されるのがポイント

最大のメリットは

iutnesを含め大手の音楽配信サービスに無料登録できるということ

気に入った楽曲が配信サイトで購入できます。

ちなみに配信サービスに登録するだけで3,000〜4,000円くらいかかるところもあります。

配信サービスを試したいという人にオススメです。

詳しくはこおろぎさんのサイトで

無料でiTunesやSpotifyに楽曲を配信できるということをもっと知られてもよくないですか?

 

ニコニコ動画

クリエイター登録することで動画などで楽曲しようされるとポイントが入ってきて

1ポイント10,000円から還元できるようになります。

ただしクリエイター奨励スコアの有効期限は、スコアを付与されてから1年という期間があるので

注意が必要です。

 

ブログ活動/広告収入

ブログ内で自分の楽曲を公開する方法

ただ楽曲を公開するだけでは面白いみがないため

楽曲に使った機材や音源

状況/環境

聴いてほしいポイントなどを記事にして公開することで、

より楽曲の良さを伝えることで

リスナーの共感を集めることができます。

楽曲を聞くから知るというコンテンツとして非常に強力なコンテンツといえます。

ブログでは制作依頼〜のフロー型と

広告収入のためのストックの両方をデザインすることが可能なのも

魅力的です。

 

Youtube

こちらも広告収入がメインとなりますが、

楽曲を流すだけで収入が得られるほど優しいコンテンツではありません。

楽曲のPV発表の場として使われているケースが多く見受けられます。

ニコニコ動画も同じ使い方になりますが、

Youtubeの方がもっと一般的に開放されている場として考えて

ニコニコ動画では得られないファンに届けるのを目的とするのが良いでしょう。

 

フロー収入

アーティストクラウド

こちらは楽曲オーディションサイトです。

アイドルやバンドのための楽曲募集という形で楽曲を集めることが目的とされています。

募集価格は5000円〜100,000円くらいと企業によって随分差があります。

採用された場合は印税契約する場合もあります。

 

アーティストクラウドでの実績

【KSL Live 2016】「灼け落ちない翼」アレンジ募集!採用

 

ココナラ(他、仕事募集サイト)

みんなの得意を売り買いがキャッチコピーの能力販売サイト。

他の似たようなサイトでも楽曲制作を販売している人も多いです。

 

その他 楽曲募集サイト

大手企業でなくても、楽曲を募集しているサイトは色々とあります、

googleで楽曲募集と検索するととにかく出てきますよ

 

さてこれだけ収入を得られる可能性のあるサイトを紹介しましたが、

闇雲に作ってサイトに登録しても利益をあげることは難しいので

次は利益をあげるために必要な方法をお伝えします。





何を求められているか?

需要と供給の問題です。

いくらあなたがかっこいい曲を作っても求められていない曲では

収入をあげることは難しいです。

とくにオーディオストック、dova、ニコニコ動画は

クライアント有りきなので相手が求めているところを考える必要があります。

 

季節ネタ時流ネタ

オーディオストックの場合

例えば5月であればゴールデンウィークがあり旅行計画をねっている人もいると思います。

クライアントがTV局だったりする場合はその旅行特集で流せるような旅行にピッタリのイメージの

曲を必要としているはずですし、個人が旅行先の動画をyotubeなどで上げるために

クオリティの高い曲を求めている可能性もあるので、そういう人むけに

「旅」をイメージした曲を作ることができれば

楽曲を提供できれば収入をつくることができます。

6月なら結婚、7月なら海の日(海岸)

という形でイベントを意識した曲を作りましょう。これだけでも聴いてもらえる確率はぐっと上がります。

 

まずは時流に乗るこれがポイントです。

 

売れ路線(ジャンル)をチェックする。

オーディオストックが一押ししているのが和風曲。

最近は海外むけのコンテンツとして和風曲を使う頻度が増えているらしいので

和風曲には人気が集まります。

しかし、人気があつまるということはそれだけ競合が多いのも事実なので、

簡単に収入を得られるジャンルかと言われたら難しいかもしれませんが、

よりクオリティの高い楽曲を作ることができれば収入が得られやすくなります。

ちなみに私の売れている楽曲の大半は和風曲です。

 

ニッチなジャンルを意識する。

逆に競合がいないジャンルに自分の活路を見つけるのもいいでしょう。

お片付けが10倍捗る音楽

こんなジャンルはありませんが、

これを欲している、また掃除をテーマに何かを考えているクライアントがいれば

あなただけの市場になります。

 

DOVAの場合

オーディオストックの考え方基本は同じOKですが、

DOVAでの音楽の使われ方は基本無償で音楽を使いたい個人や企業が多いです。

またDOVAの審査はオーディオストックと比べるとかなり優しいので、

楽曲のクオリティが高いに越したことがありませんが、

それより雰囲気重視が求められている傾向にあります。

 

基本無償ですが、過去には全国規模の映画に使えるBGMとして使われたケースもあります。

利益はなくても「映画音楽を携わったことがる」という看板を持つことができるので

そういう肩書を上手く使えば今度の収益方法の一つになると思います。

無料だからといって無価値ということではありません。

また、こちらから条件を提示して有償依頼にもっていくことも可能です。

 

余談ですがクライアントがDOVAの楽曲使用するためには

クリエイターにメッセージを送ることを推奨しています。

もちろん「使いました。ありがとう」だけの人もいますが、

とても丁寧に感謝の気持ちを綴られているとそれだけでも曲を作ってよかった

と思います。

 

ちなみに私のDovaでの過去の実績はこんな感じです。

全国規模の映画でのBGM提供

よさこい音楽の有償制作依頼(楽曲を聴いて依頼してきました)

おはよう朝日ですのお店紹介コーナーでのBGMとして使用される

ラジオCM他企業PVなどなど

 

ニコニコ動画

こちらも時流ネタはありですが、

傾向としてゲームの実況動画に使用していることが多いです。

なので、汎用曲(日常系)の曲はよく使われます。

楽曲の高さよりいかにゲームっぽい感じやアニメっぽい感じを

強調された楽曲が高い評価を得ている感じですので、

ゲーム音楽っぽいのを作りたいという人はニコニコ動画にアップすることで

需要と供給が合致する確率が高くなります。





さいごに

収入の作り方は人それぞれですが、

私はDova→ニコ動→オーディオストック→ブログ

こういう流れで活動しています。

ブログに関しては今までもやっていましたが、DTM活動の一環として

精力的になり始めたのがつい最近ということなので一番最後に書いてあります。

 

どうでしょう?

参考になりたか?

みなさんも楽しんでDTMして

望むのであれば収入を得ていきましょう!

それもまた「カッコイイDTM活動です」