DTM編曲(アレンジ)スキルを高められる勉強とは◯◯すること

どうもUGです。

 

こんかいはDTM編曲(アレンジ)スキルを高められる勉強とは◯◯すること

についてお話します。

 

編曲(アレンジ)についていろいろと勉強する方法はあります。

よりゴージャスによりアグレッシブに編曲したいテーマに合わせて

アプローチするわけですが、

初心者の多くはいきなり「ゴージャスアレンジ」をやり始めます。

シンセにギターがバンバンなりまくる感じのやつです。

たしかに出音が派手に聞こえるので「やっている感はありますが」

その方法はかなり技術が必要になります。

 

DTM編曲スキルを高めたいのであれば、

勉強するのはずばり「シンプル」アレンジを心がけることにあります。

 

シンプルでありながらも伝えるべきことを伝えるものになることが

アレンジの本来あるべき形です。

 

作ったメロディに対してプラスして良い楽器は

ベース、ドラム、ギターまでにとどめます。

まずこの3つで自分のメロディがよりわかりやすく

聴いてくれる人に伝わるものを作れないと

楽器を重ねたところで絶対伝わりません。

 

今回の記事を読んでいただければ、シンプルなアレンジを

極めることの重要性を理解できると思います。

 

それでは

DTM編曲(アレンジ)スキルを高められる勉強とは◯◯すること

いってみましょう。

なぜアレンジをシンプルにするべきなのか?

歌もので1番重要なのは「歌=メロディ」です。

このメロディの意図をより伝えるための方法がアレンジという

お話を何度かしてきました。

 

つまりアレンジはメロディを引き立てるもの

 

なのに、その音数を増やした場合は編曲になれていないと

音をコントロールできなくなります。

 

幼稚園のお遊戯で意味もなく園児たち役者を増やした場合

どうなると思いますか?

 

そう「カオスです」w

 

とても見ていられないお遊戯になりますw

 

アレンジも同じです。まずは音をコントロール(意識)できる

範囲にとどめることが大切です。

 

音楽プロデューサー 山口哲一著

この本のなかでも

最小限の音でアレンジしてほしいということがまず1つあります。

逆に言えば、ダメなアレンジには無駄が多いというのが僕の感覚です。

とにかく音を整理して、少ないアレンジすることを試してほしいですね

とアレンジのシンプルさの重要性を訴えています。

 

シンプルなアレンジをすることのメリット

音が数が少なくなるため一つ一つの音の作りこまないと

間がもたなくなります。

音を増やせばカバーできる世界だったのが

それができなくなる。その結果フレージングや

音色の役割を意識することで音楽クオリティが上がります。

 

また音をごまかすという意識がなくなるので、

「ここはこの程度でいいや」という逃げのアレンジがなくなるので

それも大きなメリットです。

さいごに

DTM編曲(アレンジ)スキルを高められる勉強とは◯◯すること

いかがでしたか?

 

いかにシンプルにするか?(できるか?)というのが

ポイントになります。

 

思考もそうです。いろんなことを考えても

何をやったらいいのか、わからなくなることがあると思います。

DTM編曲スキルはまさにそれです。

だからこそシンプルにして「メロディを最大限に活かすためのアレンジ」を

することがより伝わりやすい楽曲になるポイントだと言えます。

 

とりあえず50曲くらいはシンプルなアレンジ

フォーリズムを意識してやってみましょう。

 

めちゃめちゃ成長できますよ!

1 COMMENT

レッドルースター

お仕事、ブログ上げお疲れ様です。

MTRを使ってた時に

やりたかったけど、面倒くさそうでやらなかった事

が、DTM環境になって出来る様になった事があります。

私、オリジナル曲(バンド物)を作る時は、まずメロがあって、それからイントロからエンディングまでコード進行を決めて、その流れに沿ってドラム、ベースと重ねて居たんですが、これだと割りとワンパターンに陥るんですよね。
そうならないように、やれる範囲で工夫したりは意識してやりますが。。
特に楽器の演奏スキルが高くない場合は引き出しも少なくなるので。

ただ、DTM環境になって先にメロディーを録音した後にリズム隊を考えれると。
MTR時代でも空きトラックにクリックを録音して、先にメロディー録ってからドラムをクリックに同期させる事は出来たと記憶してますが、面倒くさそうでやらなかったとw
これが手軽に出来る様になったのが嬉しい。

流れはあくまでメロディーを作ってからリズム隊なんで、そんなに曲作りの進行自体は昔と変わっていませんが、私の中ではメロディーを先に録音するってのは非常に大きな挑戦です。
そうやって作った物は、結局はそれまで自分で作ってきた物と大差ないかも?ですけど、今までと違うやり方をする事によって、視点が変わるのが大きいと思ってます。

編曲は奥が深いですが、この時間がDTMにおける1番楽しい時間ですね。

返信する

コメントを残す