DTM初心者は作曲のために基礎的な知識や理論は必要ない!その理由

「DTM初心者は何からすれば楽しくDTMができるのか?」できれば速く!楽しく!上手になりたい!この純粋な気持ちはみんなもっています。でも「作曲っていうくらいだから理論とかしらないとやっぱ駄目でしょ?」と思うかもしれませんが、必要ありません。

DTMで作曲をするのに「基礎知識や理論」は必要ありません。

「えっ?本当に?」と思った人はこの記事は参考になると思います。

なぜ基礎知識や理論がいらないかについて詳しく書いてあるので、参考にしたらDTMを初めてしまってください。

DTM理論とは?

作編曲するためにはコード進行、メロディの作り方を体系化したものやDAWの扱い方やミックスダウンの方法などが一応理論と呼ばれるものです。確かに知っているのと知らないのでは多少は影響するかもしれませんが、その理論があれば誰でもすぐにかっこいい曲をかけるのか?と言われたら違います。

そもそも理論があって曲を書くのではなく「書きたい」という純粋な思いから音楽は作り始めます。理論とは何かをしたときに後付で「この曲は〇〇で出来ている」と〇〇をみんなに伝わりやすくしたものが理論です。

どうして基礎知識が必要と思うのか?

 

理由は単純です。音楽を作るには何らかの知識がないとできない。と思い込んでいるからです。言い換えると「作曲は難しい」と思っているとも言えます。確かに曲を作る上である程度の知識が必要になることはありますが、知識がないとできないわけではありません。

初心者の場合、独学で身につく知識は知れています。しかし、下手に「これをしてはダメ」という知識を「基礎知識」としてもってしまったらそこから脱却するのに時間が必要になります。結局下手に知識をつけるならばないほうが自由に作ることができます。

そういう人は自分のやっていることが正しさを認識するために講師やスクールを利用することは有効な手立てといえます。しかしこれらがDTMをするうえで必要な「基礎知識」かと言われたら私はNoという立場をとります。

基礎的な知識がなくても作曲出来る人はたくさんいます。

ではその人達の違いとは何でしょうか?

基礎を求める人求めない人の違い

DTMでできること(やりたいこと)は作編曲だと思います。曲を作るDTMerには完全に自分のオリジナルを作りたい人誰かの曲のエッセンスが入った曲を作りたい人

この2つのタイプに別れます。

前者の場合はおそらく基礎や理論的なものを求めるタイプではありません。なぜならその人達にとって音楽を作る上で必要な基礎とは「自分の感情」だからです。なので「自分がこう思ったからこう作った」が正解になります。

後者は憧れている作曲家がいて自分のその人のような音楽を自分で作ってみたいという気持ちがあります。こう思う人はその憧れの人を真似したい衝動からその音を細かく分析しようとします。

その結果、分析=知識を作曲家のような音楽をつくるための足がかりとして考えるようになりその部分として「基礎的なもの」が必要になります。

「基礎的な」ことを求めるのは人は凝り性でオタク的なタイプとも言えます。これはどちらが良い悪いではなくあくまで種類別の傾向と思ってください。

DTM初心者に必要な本当の基礎とは?

基礎知識的なものは必要ないと私は思っていますが、自分のなかで「これこそが基礎」と思える部分があります。

それは同じ曲を100回聞くことです。

理論だけに頼ると机上の空論的でどこか味気ないものになりますし、今や作曲本がやまほどあることで誰でも音楽作ることができる時代です。だからこそ、下手な理論を基礎とせずに

毎日そのことばかり考えて生活し一日も欠かさずにその曲が頭に鳴り続けることができるほど聴き込むことが結果的により良い音楽を作るための基礎といえます。

自分の頭から足の先まで作りたい音楽にどっぷりと使っていると胸を張って言えますか?

さいごに

何度も言いますが、理論を勉強するな!という話ではないんです。作曲をするうえで必要なものを知識としないことが重要という話です。

とくに初心者ほど、知識を基礎とするのではなく周りが呆れるくらい同じ曲を100回聴いて100回とも違う感動を見つけることこそが作曲をするうえで重要な基礎だと私は思っています。