だれでもわかる!DTMコンプの音質差をかんたんに確認する方法

コンプの音質差を理解できるようになれば自分の曲のミックスに最適なコンプを選ぶことができます。しかし、コンプは数も多いし、何よりも「音質がどう変わった」のかもよくわからないですよね。

 

でも安心してください。今回の記事を読めばコンプの音質差をしっかりと理解できます。

コンプの音質差とは一体なにか?結論からいえば倍音の変化です。

 

しかし、そう言われても「倍音?」とはてなマークが頭にたくさん出る人もいますよね

 

今回の記事を読んでいただければ誰でも一発でコンプの音質差に気づいてもらうことができます。

 

それでは、だれでもわかる!DTMコンプの使い方と音質差を

確認する方法早速見ていきましょう。

コンプの種類について

デジタルタイプ

VCAタイプ

FETタイプ

オプトタイプ

の4種類になります。

特徴についてはこちらで詳しく書いてあるので参考にしてください。

コンプの種類と使い方について

 

音質差の確認(kick)

Logicに付属しているドラム音に各コンプをさして音質差を確認してみます。

すべて同じプリセットでコンプの種類を変更しているだけです。

何がどのコンプかわかりますか?

正解は写真に並んでいる通り

Digital

StudioVCA

StudioFET

VintageOPT

になります。

 

なんとなくわかるようなわからないような、という感じがしているかもしれません。

さて、ここで今回の誰でも確認できる方法の登場です。

音質差確認(SINE波)

その方法とはサイン波を使うことです。

それではサイン波を使って音質差を確認してみます。

パラメーターはまったく同じです。

 

コンプの作動タイミングの違いがわかってきたと思います。

 

次に、コンプ音質差を比較します。

パラメーターは次の画像の通りです。

完全に音の違いがわかると思います。

面白いのは

歪のある状態でアタックやリリースを動かすことで歪みが消えます。

それはアタックの作動ポイントとリリースポイントであるのがわかり、

これが各コンプによって異なります。

 

FET比較

LogicのStudioFETは1176のモデリングなのでIKのBlack76と比較してみました。

やはり付属のコンプとはまったく違う音になります。

 

続いて

Native InstrumentsのVC76

音の傾向はIKのBlack 76と近い雰囲気です。

 

さいごに

だれでもわかる!DTMコンプの使い方と音質差を確認する方法

いかがでしたか?

 

コンプはもともと時間の長さを管理できるものなので

確認としては長い音を入れてやった方が音を確認しやすいのです。

 

そこに入力オーバー気味にいれてやることでコンプ特有の音質になります。

サイン波であればその音質差の部分が確認しやすくなります。

 

IKやNIのエミュレーションと比較した場合

LOGICのコンプは非常に大げさに作られていることがわかります。

 

しかし実機の音で確認していない以上は

音質差については「好みで選ぶ」としか言いようがありません。

そして究極のところ実機でさえも好みでない場合はあります。

なので自分が1番使いやすいものを「よしとする」この考え方を

DTMerはもっておいた方がよいのかもしれません。

 

皆さんのもとでコンプ音色比較してみてください。

色々とその差がわかって楽しくなりますよ。

コメントを残す