どうもUGです。

今回はDTMエフェクトプラグインを◯◯することで得られるメリットとは

についてお話します。

 

音をよくするために

NeveやApiそしてSSLなどのエミュレーションプラグインを

使っている人は多いと思います。

もともとはエミュレーション系のプラグインはハードウェアです。

DAW→ハードウェア→DAWといった感じでつなげて音作りや

ミックスに使っていたのをすべてDAW内部で

完結できることがプラグインのメリットです。

 

そのエミュレーションプラグインを今より

もっと楽しめる方法があります。

 

それは一度DAWの外に音を出すということです。

これを外出しといいます(私が勝手に言っていますw)

 

今回の記事を読むことで

エミュレーションプラグインの音質をより

楽しみ音作りに役立てることができるようになると思います。

 

それでは、

DTMエフェクトプラグインを◯◯することで得られるメリットとは

みていきましょう






音を外に出すと何が良いのか?

音を外にだすことで、デジタルくささをとることができます。

実際はそれほど気にならない人も多いと思いますが、

一度体験すると音の変わり方に驚く人も多いです。

 

音の出し方は

オーディオインターフェースのアウトから出すわけですが、

この出した先にプリアンプがあったりすることで

そのプリアンプの味がつくことでよりわかりやすい音の変化がつきます。

 

特に壁系のギターサウンドやシンセ系は一度外にだすことで

音に壁に余裕が生まれるというか、分厚すぎた壁がほどよく

馴染んでくれたりもするので、「あつすぎる」音ほど一度DAWから

出すことで音の違いを実感できます。

 

一度出したものを今度はオーディオインターフェースのインプットに入れて

DAWに戻るわけですが、マイクプリがない場合乱暴ですが、

オーディオケーブルを2本使って(モノラルの場合は一本)それを

インプットに戻します。つまり

オーディオインターフェース ケーブル オーディオインターフェースインプット

というつながりになります。

これだけでもケーブルの色がでるので、やってみると面白いです。

 

そして、一旦外に出した音をDAWのエミュレーション系のプラグインをさすと

ものによっては味付けというか色気が足されるものがあります。





さいごに

より楽しく!DTMエフェクトプラグインのちょっと変わった使い方

一度オーディオファイルを外出ししてみることで

よりアナログエミュレーションの音質を楽しめるようになります。

微々たる違いですが、

これにハマると「ハードウェア沼」にハマることになるので

注意が必要です。

 

一度お試しくださいw