MENU

エレキギター 太い音の正体と作り方のコツを紹介!

太い音や細い音と言われてもイマイチよくわからない

太い音ってどうやって作るの?

太い音それは誰もが求め憧れるかっこいいサウンドの形容詞です。太い音を手に入れるためDTMerはプラグインの設定に心血注ぎ高いプラグインを買っていろいろと試したことでしょう。

でもそんなものは必要ありません。この記事では「太い音の正体」について説明しています。

この記事を読めば「太い音」を作るのに不要なプラグインを意味もなく使うことはなくなります。

目次

太い音とは何か?

一般的には低音が豊かな曲が太い音と思われていのではないでしょうか?ダンスサウンドも低音がしっかりなっていないと踊れないロックだってスカスカのローサウンドでは迫力がない。そんな音楽には心が踊らされないそう太い音とは「心踊らされる音」と言えそうです。

「よし、ということは低音がいっぱいあれば心踊るサウンドになるんだな!」と言って闇雲にローエンドをブーストする音楽は誰も求めていません。クラブでローが聴きまくった曲が人を踊らせているのはそのローが生きる曲の良さにあります。

では太い音とは何か?

それは基音です。

基音というのはすべての音に存在するもので、倍音を含んでいない音色を基音と呼びます。

低い音が「太い」と呼ばれるのはこの基音を感じやすいからです。ではなぜ感じやすいのかというと、倍音が多くなればなるほどきらびやかになりそれ以上多くなると歪んだ音になり最後はノイズだらけの音になります。

音程が低ければ低いほど地味に感じます。それは頭が基音と倍音を分けて聞き分けているからです。

太さを感じさせる細い音の正体

太いと感じるには何が必要でしょうか?答えは簡単ですそれの反対となるものがあればよいのです。つまり太い音に対して細い音があれば太さを強調できます。

太い音と細い音は実は共同体なんです。太いローエンドがあるからハイの音が突き刺さる。ハイが突き刺さるからローエンドを感じる

音の性質を正確に伝えたいなら今求める音の逆をイメージできるかどうかが重要になります。DTMerの多くかが闇雲にローエンドを触るのは「自分の考え方が正しい!」ということを押し付けているだけのようなサウンドになってしまいます。

そのサウンドに意味はありません。

太い音を作るための音色をしっかり見極める?

KICKと書いてあっても最もKICKを気持ちよく感じられなければそれはKICKではありません。しかしベースサウンドがしっかりとロー成分をもっているならそのKICKは「太い低音部」として活かせる音色になります。

しかしベースにkickにロー成分がたっぷり含まれている場合どちらで音の太さ「骨格」を決めるかはっきりさせる必要があります。ここで初めてローカット処理が必要性が見えてきます。俗に低音パートは音圧のあるミックスに邪魔な周波数が多いからカットするという考え方ではなく

「太い音を作りたい場合は何を残して何を残さないか?をジャッジする考えが必要になります。

KICKとベースの一緒くたにローカットするなんて「太い音を作る目的の場合」何の意味もありません。

さいごに

太さとはそれを感じさせる反対の成分(細さ)で感じ取ることができるという結論を理解してもらえたでしょうか?私も若い頃はとにかく何がなんでもローエンドを足す!「◯◯は太いがするらしい」という話でASR10Rというサンプラーを買ったことがありますw実際使ったわけですが太くはなりません。それはそのはずです。

太さの定義をわかっていなかったのですから、

今では機材を活かした音を作れるようになってきました。

それは求める音の正体を理解したからです。

「かっこいい音」

「ふとい音」

どれもこれもワクワクする感じがしますが、

それらを理解するほうがもっとワクワクすると思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる