DTM歴20年!未完成曲4000曲!それでも私が胸をはって作編曲家と言い切る理由

何曲書いたら作曲家なのか?こんな疑問を持ったことありませんか?法律的な言い方をすると「作曲家」と名乗るのに特別な資格は実績は必要ありません。つまり一曲書いた時点から作曲と名乗ってもいいですし、名刺の肩書に「作曲家」と書いても問題はありません。

ちなみに私はいままでこのDTMをはじめて20年で4000曲以上は作っていると思います。しかしその中で完成しているのは1000曲くらいです。1000曲ってすごいですか?パッとみたらすごそうな気がしますが…1000曲/20年1年あたり50曲1ヶ月4曲くらい。深夜の2時間DTMとか参加してあら1ヶ月で4曲くらい作ったりしてません?そう考えたら20年で1000曲ってかなり少ないんですよ。

完成している1000曲については「わたしよく頑張った!」と思っていますが、完成していない4000曲についても「わたしめちゃめちゃイケてるやん!」みたいな気持ちをもっています。未完成4000曲に胸をはるって変でしょうか?未完成は無駄?いえいえ未完成こそ胸をはるべきです。

未完成曲のなかに眠る原石

未完成曲のクオリティはいろいろだと思いますが、一番わかり易い定義は

  • 適当な打ち込み(楽器らしさがないベタ打ちってやつ)
  • メロディも適当
  • コードの構成音も間違えている。

こんなところでしょうか?で、ダラダラしながら作っていると、なんかだんだんモヤモヤしてきて、「あぁ最後まで続かないよー。私才能ナッシ?」ってなってません?

「曲が作れない」と嘆く底辺DTMerの悩む理由を解明してみた

上記のブログで曲を作れない理由を解明してみましたが、それでも出来ないことはあると思います。そして、作りながらも途中でボツ曲になることもあると思うんです。でも、私はそのボツ曲は無駄とは思いませんなぜなら光る原石があることが多いからです。

どういうことかといと、あーでもないこーでもないと筆を動かすからボツは生まれます。何もしなければボツさえ生まれません量をこなすことで何かしら自分の中の気づきが生まれます。それはとても小さい気付きですが、チリもつもればマウンテン!それが大きくなっていったときに一つの楽曲に仕上がるきっかけになります。

曲を完成させられたときに振り返ると「完成した曲は何百というボツの上に成り立っている」ことがわかります。そのボツが多ければ多いほど密度の濃い曲ができます。

新しい手法を試すと違和感があって思うようにつくれない

作曲に手癖が出ることはよくある話です。それがその人の個性だったりもします。手癖の定義もいろいろとありますが、私はコード進行も一種の手癖かな?と思っています。

私が曲を作り始めた20年前は次のコード進行しかしりませんでした。

  • ⅣーⅤ−Ⅵ(FーGーAm)
  • ⅥーⅣーⅤーⅠ(AmーFーGーC)
  • ⅣーⅤーⅢ−Ⅵ(FーGーEmーAm)

マイナー進行バンザイ!4536こそ神!みたいな世界です。

間違っても

ⅠーⅥーⅡーV(CーAーDーG)のコードで曲なんか作ったことなかったですw

でもたまに一応ちょっと試してみるんです。かっこつけて「よし楽曲の幅広げてみるか」みたいな気持ちで、でもすぐにⅣーⅤーⅢ−Ⅵに撤退!だって強烈な違和感です。牛丼しか食べたくないのにおしゃれ野郎を気取ってパスタのお店にいったら落ち着かないw食べて美味しい気もするけどやっぱり牛丼が一番!みたいな

そしてめでたく手癖以外のボツ曲が生まれますwでもこの手癖以外のボツ曲ってのがいいんです。だって、手癖以外ってことは自分の感覚の外にある刺激ですから、そこに違和感があった当然だと思うんです。でも、そこをちょっとだけ覗いてみた。その行動ってちょっとクリエイティブって感じしません?

未完成を作る才能

私には特別な音楽的才能はないと思っています。人より音痴だし、リズム感は壊滅的にやばい耳コピはできないでも未完成を作り続ける才能は誰にも負けないと思っています。私が持っている音楽的才能があるすればこの一点のみです。そしてこの才能は当然、誰にでもあると思います。

私はこの未完成の才能先に作編曲の可能性があると20年たった今でも信じています。」だからもしこのブログを読んでいるあなたが曲を作ってはみたものの出来ない!ってなってボツストックができてしまったその瞬間こそがそしてボツを生み続けてこそ作編曲家だと思っています。

さいごに

DTM歴20年未完成曲4000曲それでも私が胸をはって作曲家と言い切れる理由ボツ曲をつくれるところがスタート。ボツ曲を無駄と解釈する必要はありません。4000曲以上のボツ曲を持つ(舌噛みそうw)私はボツ経験の上にゲーム会社のサウンドクリエイター、音楽コンテンストでの入賞CM曲、よさこい曲、映画のサウンドトラック、テレビ番組への楽曲提供を経験したので、曲を完成できない。ボツ曲の多さに自信をなくしているひと、大丈夫です。

胸張ってボツ曲作って作編曲家を名乗りましょう!