どうもUGです。

今回はド派手に決まる!ゴージャス感抜群のアレンジテクニックについてお話します。

 

自分の曲をかっこよくしたい!

でも、どうやったらよいかわからない!

こんな悩みをもっている人は多いと思います。

私も「どうすればもっとかっこよくなるのか?」という疑問を

常に投げかけながら音楽を作っています。

 

ここで一つ質問です。

 

「かっこいい」とは何でしょうか?

 

かっこいい曲を書くためには

かっこいい定義を明確にすることが大切です。

 

私にとってかっこよさとは

 

「派手に決まる!」ということだと思います。

そして派手に決まるということは

サウンドがゴージャスになるということでもあります。

 

ギター1本のブルースのかっこよさもあります

高速ドラムの演奏にかっこよさを求める人もいるでしょう

それぞれのかっこよさがあるなかで

 

誰が聞いてもかっこよく感じるポイント

 

それが

 

「派手にきまる」ということです。

 

この記事を読むことで「派手に決まる」というポイントを

意識できるようになることで「派手でゴージャスなサウンド」を

作ることができるようになります。

 

それでは

ド派手に決まればかっこいい!ゴージャス感抜群のアレンジテクニック

見ていきましょう。


スポンサードリンク

ド派手アレンジ基礎「派手とは」

まず派手なアレンジを知るためには

その反対の「派手じゃない」とはどういうことか

を考えます。

 

逆にこの意味を理解していれば

このブログを読む必要はありません。

わかっている人は

こちらの記事を読んでくださいw

1年で200曲作ってオーディションに送るも評価されない生活を2年くらい続けた結果

 

派手とは

その対となるものがあって初めて

わかるものです。

 

光と影

明るい暗い

などなど

 

それらをコントロールすることで派手さが生まれます。

 

ド派手アレンジ基礎「音色」

派手な音色とはなんでしょう?

トランペットは派手ですか?

ではクラリネットは?

 

EDMのSuperSawは派手ですか?

 

派手な音色に共通するのは

 

音色の基礎となる波形に含まれる倍音にあります。

 

倍音に関しては以下の記事が参考になります。

誰でも簡単に倍音を聞きる方法を紹介!ミックスや作曲技術が向上します。

プラグイン不要で解決!DTMミックスが[こもる]原因と理由

 

倍音が多く含まれていると音がきらびやかになります

倍音がまったく含まれていない音を基音といいます。

 

電話の時報の音などが倍音が含まれていない音です。

そこの音色としての表情はありません。

倍音がなければ音に表情は生まれません。

 

生楽器の場合は倍音が必ず含まれています。

 

クリーントーンのギターとディストーションギター

どちが派手に聞こえるかというと

ディストーションギターだと思います。

これはクリーントーンを歪ませる結果

倍音が出てきたことよりますが、

音量が上がるとアンプやエフェクターが壊れてしまうので

倍音が増えた部分のボリュームをむりやり下げます。

出ていた倍音の量は同じに小さくする。

この結果音が歪みます。

 

これはコンプも同じ原理です。

 

倍音が増える=音量があがると思ってください。

なので小さい音になると地味で暗い印象になるのは

そういうことです。

 

トランペットでもサックスでも

強く吹くと音が割れるのは倍音が大きく出ているからです。

 

 

よくトランペットが派手な印象を持っている人がいるのは

トランペットという波形に多くの倍音がのっているのが理由です。

 

つまり倍音が多くある楽器を使うということが

「派手さ」を決める一つの要因になりますが。

 

注意が必要なのは

 

みんながみんな赤色のパンツを履いていたら

何も思いませんが、一人だけ黒を履いていたら

赤も黒も両方目立つと思います。

黒は基本無彩色なので「目立つ」「派手」という

印象はないはずですが、赤と比較することで

黒が派手に見えるという減少がおきます。

 

音色も同じです。

バンドでみんながディストーションギターを

鳴らしても派手とは思いませんが、

クリーンギターがあればお互いを対比させる存在になるので

両方共派手さを感じることができるようになります。

スポンサードリンク

ド派手アレンジ2譜割り

メロディの動きに対してどういう動きを見せるかで

派手さが変わります。

 

メロディが上昇しているときにオケが同じように上昇すれば

「全体として駆け上がっていく印象を作ることができます」

 

結果「全体が派手に盛り上がる」イメージになります。

 

「メロディが上がってもオケが下がる」

 

各音色の対比がわかりやすく。それぞれの音の独立したものと認識できることで

音色としての認識できることで音色の色彩感を認識しやすくなります。

 

音色をたくさん捉えることで派手に感じる

 

 

同じで派手でも印象が異なります。

 

色を見せたいのか。音楽的な動きの派手さを見せたいのか

こうすることでより「派手」というイメージに深みを与えることができます。

 

リズムのキメブレイク

演奏していて演奏がスパッとと止まるのも

静と動の関係で

よりメリハリを伝えることで「派手さ」な印象を作ることができます。

 

ブレイクするまでのフレーズや音色が派手であればあるほど

「ブレイク」という静が派手に見えます。

 

スポンサードリンク

 

さいごに

ド派手に決まればかっこいい!ゴージャス感抜群のアレンジテクニック

いかがでしたか?

ド派手とはメリハリの意識から生まれるものです。

そしてド派手に決まることで音楽はゴージャスに感じます。

 

よくゴージャスなアレンジとは「音色」だけに意識が向きがちですが、

全体のメリハリをコントロールをすることで

「派手」=「ゴージャス」という印象にすることができます。

 

好き勝手やってもかっこよくなることがあるのが

音楽の面白いところでもありますが

ド派手をコントロールすることができれば

あなたの楽曲は誰が聞いても「かっこいい」という

イメージをもってくれます。

 

派手さを理解するとは

派手でないことを認識することでである

byわたしw

 

覚えておいて損はないですよ