[DTM]ギターかっこよく打ち込むのに必要なのは高価なギター音源ではなく1万円のギターだ

どうもUGです。

最近は本当にリアルなギター音源が多いですよね。

プロの間でもギターは打ち込みで済ましている人も多い

それほどのクオリティがあるのは本当にすごいことです。

 

3万円くらいのギター音源を使えばかなりリアルでクオリティの高いギターサウンドを手に入れることができますが、

そのサウンドを余すことなく活かしたギター打ち込みができるか?と言われるとそうでもありません。

 

ここで私が声をあげて言いたいのは

DTMerに必要なのは3万円のギター音源ではなく1万円のエレキギターであるということです。

 

理由は簡単です。

生ギターを触ることでギター音源の理解がより深まるからです。

 

「いやギター弾けないからギター音源使ってんだよ!」ということを言いたい人いると思いますが、

 

別に弾けなくもいいんです。

 

今日はDTMでかっこいいギターを打ち込むために

なぜ生ギターを覚えた方がよいか?という話です。

生ギターは打ち込み確認用

生ギターを触ることの重要性はベタ打ちしたギターがどれだけ本物と違うか?という

ことがわかればよいのです。

 

例えば、ギターを「じゃらーん」とコードで鳴らした瞬間どういう発音タイミングなのか?

最近はキーボードのコードを押さえたら自動でギターのボイシングにしてくれる音源が多いですが、

その発音ボイシングのタイミングは楽曲のテンポによって異なるはずです。(発音タイミングを調整できる音源もあります)

 

よくリアルなギターを打ち込むためにベロシティやら発音タイミングmビブラート

チョーキングなどを細かく打ち込むことが多いと思います、

 

最近はこれらをサクッと簡単に出来てしまう音源も多いですが、それらの奏法データは生ギターではどうなってるの?

という疑問をもってギターを触ってみると「なるほどこうなっているのか!」という発見があると思います。

 

この発見がクオリティの高い打ち込みにつながると思ってください。

 

ちなみにギターのクオリティにこだわらずに打ち込んだ比較記事がるので

よかったら参考にしてください。

簡単打ち込みでクリーンストラト音源聴き比べ [Realstrat][SC] [AGF]

 

つまり打ち込み確認用として1万円程度のギターをさわることで3万円のギター音源をよりよくリアルにならすことができる

というわけです。

ついでにDTMギタリストを目指してしまってもよいw

別に無理して目指さなくてもいいのですが、弾き続けることでスキルは自動的に上がります。

1日10分CとGといった簡単なコードでもいいので引き続けていたら1ヶ月後には弾けるようになります。

 

さらに1日10分でいいのでFコード(セーハ)を引き続ければ1ヶ月後にはFコードは抑えられます。

そうなるとパワーコードも抑えられるでしょう。

 

「ギターはむずいよ!」とういあなた、それは間違いなく思い込み

誰かが言った「ギターは難しい」という言葉を真に受けているだけです。

そりゃ超絶な速弾き簡単にできるわけではありませんが、

1ヶ月触り続けていればCとFとGのコードにだけ触り続けていれば音は出せますw

 

そんな程度のレベルでもいいのでギターの音を出し続けていると

だんだん「もうちょっと覚えたいなー」くらいの欲がでて

一年後くらいにはこれくらいの音が出せるようになります。

なので、肩肘はらずにDTMギタリストについでになってもいいかな?

くらいの気持ちでギターを引き続けることをオススメします。

 

そうしたら、打ち込みにも生演奏にもつよいDTMギタリストになれます。

ギターも弾けるDTMerはやはり弾けない人に比べると音楽のもつパワー感が違います。

いくらリアルなギター音源を使っても生のパワー感は聴き比べると細部に宿るエネルギーが違います。

 

ギター音源でリアルな打ち込みを中途半端にリアルさを求めすぎると逆にリアルではなくなったりします。

世界中のギタリストを騙せるほどのクオリティを作れるならいいかもしれませんが、

そうでないギターサウンドは聞き続けるとだんだんと飽きてきます。

 

なぜなら、人が弾くと微妙な差であっても毎回違う音がでます。

ところがギター音源では同じ音を弾くと音の違いは3種類くらいしかなく

それがだんだんと機械的だと脳が判断し始めます。

 

そうなってくるとどんなにリアルなギター音源を鳴らしても

どこか「退屈」な印象をもってしまいます。

 

よく「飽きる」というのはこういう要素が集まってできてしまう曲のことです。

そんななかでパワーコードだけでも生で入れることができたら

楽曲にすごい生々しさが加わります。

 

1ヶ月程度触っただけでも自分の曲にとなりのDTMerとは違う楽曲クオリティを作ることが

できるのだとしたらやっておいてもいいと思いますし、ダラダラと一年続けたらまったく弾けない人ではなくなります。

 

部屋にギターがあるだけでかっこいいw

ちょい余談的な話ですが

打ち込みキーボードとモニタースピーカー 液晶にパソコン

ここにギターがあればかなりミュージシャン度が上がりますw

「オレ(ワタシ)はちょっと普通のDTMerとは違うよ」みたいな気分になれますw

そんなことはどうでもいいって?

いやいやみなさん「曲つくれなーい」とかモチベーションの話しするじゃないですかw

そういうときに普段触ってないギターとか触ると思いがけないフレーズが出たりするんですよ。

さいごに

ギターをかっこよく打ち込むのに必要なのは高価なGuitar音源ではなく1万円の生Guitarだ

 

別に一万円でなくてもハードオフの中古3000円とかでもいいですよ(音さえ出ればw)

生ギターにふれることでよりギター音源の魅力を引き出せるようになるという話です。

 

もちろん中にはギターに触らなくてもめちゃめちゃ打ち込みが上手い人もいます。

この人のギターは基本music LabのRealLPCです。

そういう人の背中を追いかけるのもいいですが、

人と違うアプローチに個性を見出してあなたならではのDTMギターサウンドを

追いかけてみましょう。

 

散々、生ギターいいよって言っていますが、

高品質なギター音源で有名なOrange tree sampleがグループバイをやっています。

気になる人はチェックですよw

1 COMMENT

Robert Fripp

そこまでしてギターを入れなくても良いだろう。打ち込みはクラフトワークかファミコンの音楽ぐらいでいいんだよ。

返信する

コメントを残す