どうもUGです。

この記事はDTMミックスで[こもる]原因について書いています。

 

作曲したものをミックスしようと思って聴いていたら

なんだか「もこもこ」する

ぬけが悪い

 

こんな経験をしている人多いと思います。

 

そうか!これを解決するために

プロは高い機材を使っているんだな!

よし私もお金出してプラグイン買ってみよう!

 

「ミックスの原因の悪さは標準プラグインのせい

きっと高いプラグインは良いミックスが出来るに違いない!」

 

こんなふうに考えている人いません?

 

圧倒的勘違い!(カイジ風)

ですw

 

上手い人はどのツールを使ってもミックスできます。

 

しかし、プロでもさじを投げたくなるような

音源もいっぱいあります。

 

それが今回のテーマ

 

こもる原因を解消できないのはプラグインではなくアレンジの仕方です。

 

アレンジの仕方さえよければプラグインは使う必要はありません。

 

この記事をよむことで「アレンジとミックスの関係について」理解することでき

こもることがないクリアなサウンドを作ることができるようになります。

 

それではさっそく

プラグイン不要!DTMミックス[こもる]原因と回避方法

について詳しく見ていきましょう。

 









こもる理由

理屈は簡単です。

同じ音域に音が固まりすぎるていることです。

ピアノとギターとベースとドラムとボーカル

例えばピアノがドミソと弾いて

ギターもドミソ

ベースもド

 

音域は違いますがすべて「ド」の音がなっています。

 

「ベースとギターとピアノは使っている音域違うから

いいんじゃないの?」

 

って思うかもしれませんが、

 

すべての楽器には倍音が存在します。

倍音についてはこちらの記事が参考になります。

倍音を理解できればミックスがうまくなる

 

簡単いうと同じドの中身は

たくさんの音が入っていて、

とくにドという音が広い音域で入っています。

 

そして音色がリアルになれば

空気感という要素も出来てきます。

この空気感にも様々な音が存在します。

(ドラムでいうとアンビエンス

壁の材質やマイクのきょりによる音色)

 

なので音域が違うから同じドの音がかぶっても

問題ないという味方をするのは危険です。

 

こもる原因という視点でミックスをみるときは

必要以上にかぶっている音を外すことから考えましょう。

 

アレンジの領域

楽曲のアレンジとなると「曲をかっこよく仕上げる」みたいなイメージがありますね。

間違いではありませんが、

アレンジによってどうして曲がかっこよくなるのかを考える必要があります。

 

たくさんの楽器が「ごちゃー」となっている曲とすべての楽器の音すべてが確認できる

アレンジができた場合どちらが楽曲をかっこよく聞かせられると思いますか?

 

おそらく大半の人は後者だと思います。

 

「アレンジはメロディをより効果的にきかせるためのもの」

単純に言えばこの一言につきます。

 

そのためには各楽器がケンカすることなく存在して1番聞かせたいメロディを盛り上げることが

アレンジの目的です。

 

しかし各楽器が「全員がオレ様!主張」したら主役は見えてきませんよね。

これがダメダメなアレンジです。

 

アレンジをするとき一つだけわかりやすい考え方があります。

 

一つ一つの楽器を絵の具に例えます。好きな色を一つだけ使うぶんにはキレイな印象ですが、

好きな色をたくさんつかって塗りあわせていくと

最後は真っ黒になります。

 

アレンジはこの真っ黒になることを阻止する必要がある

 

こう考えてください。








楽器と音色の最適化配置

こもるミックスは楽器の最適化配置をすることで解消できることが多いです。

 

音量

基本は音量バランスです。

 

1番曲で大きくしたい音はビートの要つまり

ドラムのKICKです。

これが最適な音量でなっていないと

楽曲にのれません。

 

音色

そして重要なのは

KICKの音色です。

 

意味もなくKICKを選んあとに意味もなくベースを選ぶ

これではクリアなミックスにはなりません。

 

例えばリズムマシンの代名詞808や909は

ローエンドたっぷり含みます。ベースも同じローエンドもまで伸びます。

 

こうなるとまず低域でベースとKICKのケンカがおきます。

 

「だからEQでローカットね」

 

と答えをだしたい気持ちはわかりますが、

まだ早いです。

 

「だからこそ音色選びを意味のあるものにしないといけない

 

EQはもともと含まれている成分(周波数)がなければ何をやってもブーストはできません。

逆もしかりで含まれていない周波数をカットしても意味はありません。

 

アレンジの時点で「この音色とこの音色を使うことでプラグインに頼らず音を聞き分けられるか?

こういう選び方ができるとミックスのこもりはあっというまに解消できます。

 

そしてキックの音色を選べてから初めて、その音色をより活かすためのEQをするイメージです。

つまり、音色に問題がないのであればEQをする必要はありません。

そのEQついてはこちらの記事が参考になります。

初心者がDTMミックスに失敗しないための3帯域解析法








パンニング

どうしても同じ帯域が重なるアレンジをすることもあると思います。

そういうときは左右に逃します。

基本中の基本ですが、

よくあるのがステレオ音源ということで

全部そのステレオ配置のままでアレンジを進める事が多いですが、

プロはそれらの音源を思い切り左右にふってしまうこともあります。

 

やるべきメロディを活かすための最適配置なので

ステレオだからステレオ配置がベストとは限りません。

 

ミキシングの究極はノープラグイン

アレンジが完璧レベルになると

イコライザーやコンプといったプラグインをかける必要はありません。

なぜならすべての楽器が適材適所で有効的に働いているからです。

コンプやイコライザーは不必要なところを削ることにあります。

(エフェクトプラグインを使った積極的な音作りはまた別問題です)

 

エンジニアもできるならプラグインを使いたくないのです。

 

なぜなら一つプラグインを使うことで微妙な音の変化がおきます。

それを10や20という単位で使っていけば

不必要な音の変化が生まれます。

だから使わないのでいいなら使いたくないのです。








さいごに

プラグイン不要!DTMミックス[こもる]原因と回避方法

いかがでしたか?

 

アレンジレベルをミックスレベルで変更することはできません。

よく「ミックスでうまくまとまっていないのなら

アレンジレベルにもどるべき」というのは

 

こういう理由です。

 

高いプラグインを使うと

問題が解決できそうな気もしますが、

それは勘違いですよ。

 

かぶる必要がない音は省く

音色は適切に選ぶ

音色(楽器)はすべてが聞こえるような配置にする

アレンジはメロディをきかせるためのもの

 

これらを覚えてこもることがないミックス目指してくださいね。

 

わからないことがあったら遠慮なくきいてください。