DTM初心者がやる気(モチベーション)が続かない原因と対策

書きたいけどなんだかやる気がでない。頑張っても投げ出してしまう。やっぱり才能ないのかなー

こんな悩みを持っている初心者DTMerはたくさんいると思います。私もDTMを始めたばかりの頃は悩みました。そして、いまでも悩むこともありますw

初心者DTMerの場合はこのやる気が起きない=才能がないとと一緒に考えてしまいがちですが、それ間違っています。

やる気がおきない理由は

無知と飽きる

この2つです。

やる気が下がっているんではありません。今の自分で解決できないステップに入っているというのが正しい解釈です。やる気と才能は別物です。むしろまったく無関係です。

今回の記事を読んでいただければ「やる気ってそういうことね」と思ってもらうことができネガティブな思考に陥る原因がなくなります。

それでは、DTM初心者やる気(モチベーション)が続かない原因と対策見ていきましょう。

やる気(モチベーション)とは

科学的にドーパミンが脳から出ている状態になると

楽しいと感じることで

目の前にあることを楽しめる

「やる気がでる」というのが一般的な認識です。

 

DTMをやっていて

上手くできないのはこのドーパミンが

出ていない状態ということなんですね。

 

それさえ出してしまえばよいという話ではありますが、

そんな簡単に出せるなら誰も苦労はしませんね。

 

やる気がでない理由は無知が原因

先に断言しますと初心者DTMerにやる気は存在しません。ここでのやる気とは継続力を意味します。「好きで始めたんだからやる気あるよ!」

と思っている人多いと思いますが、DTMでできることはずばり音楽を作り上げるということです。

脳にとってものを作るという行為はものすごく高度なことです。芸術を理解して形作れるのは人間だけに許された機能です。子供が積み木やブロックで遊び続けるのは子供の思考力で解決できる範囲を繰り返しているだけであって理論思考を伴うクリエイティブとはまた別のものです。

子供が遊んでいるときは、ある意味無意識の世界に近いです。だから没頭してしまうと周りの声が聞こえなかったします。

話がそれました。

DTMの場合は好き勝手にキーボードを弾いて自分の好きな音楽になることあありません。音楽を作るより前にソフトの操作や音源の使い方など覚え様々な知識をベースにDTMという活動は成り立ちします。

DTM初心者がやる気がでなくなるのは自分が今やりたいことを解決できるだけの知識が存在しないために起きます。

言い換えればやる気が出ないというよりは脳はやりたけれど上手く出来ないことで「飽きてしまった」という解釈が自然です。

できることが増えてくると当然、作業する時間は長くなります。このとき脳は「やれることをやっている」という認識なので飽きるという感覚は起きません。このときにやる気がおきないということで悩むことはないはずです。

飽きないためにはどうすればいいか?

結論は出ていますが、当然知識ベースを増やす必要があります。DTMerを続けられている人で始めたばかりの頃と同じ知識量の人はまずいません。

「でも、何をどうやって増やせばいいの?」という人このキーワードがさらに行動の矛盾を作ります。

「好きで始めたことだからやる気はある」と思いこんでいたのに「どうやって知識を増やせばいいかわからない」

これを自分の中で「ジレンマ」として位置づけてしまうと動けなくなります。知識量の増やし方は簡単、

今自分がやりたいことを明確にして人に聞くor調べる

これに付きます。

その方法はネットで調べるのもいいですし、スクールや教室に通うのもいいです。つまりやる気がでない理由を考えずに努力と根性論で続けていけるほどDTMは簡単ではありません。

だから楽しくするためにも知識ベースを育てる必要があります。行動できる人の差はここしかありません。特別才能があるなしの話ではないのです。

だから「やる気がでないよー」とやなんでいる人は別に才能的になにか問題があったりするとかそういうところでネガティブになる必要はまったくありません。至って自然的な脳の反応です。

むしろ

「おっ!やる気がでないよ」ってことは次のステップにいけるチャンスだ!と思ってしまってもOKなほどポジティブに解釈できるものです。

やる気をだせる魔法の質問力

「やる気がない=才能がない」と思う必要はありません。新しい知識ベースさえいれてしまえば

好きでやり始めたことに関してはそれが燃料となりどんどんと進んでいきます。

しかしあえて「やる気」継続力を促すための質問する方法があるとするなら

「◯◯みたいな音楽を作りたいけど、どうしたらよいですか?」という聞き方が1番です。このときに音源があればなおよし。

やる気に火をつける答えが帰ってくることが多いです。

駄目なのは

「やる気がでません。どうしたらよいですか」です

逆にあなたがこの質問されたら相手が納得できるレベルの的確な回答を用意できますか?ということです。

結局DTMは難しいってこと?

DTMで作曲するということは脳が高度な処理をしているということは言いましたが、難しいことではありません。音楽は複雑に絡みながらも出来上がるものは単純明快です。

それは現代曲の複雑な曲であっても解釈自体は単純なものだったりします。

難しく思うのは

「理論しらなきゃいけないんでしょ」と思う気持ちがそう思わせている幻想です。

でなければ私が音楽を続けられている理由が説明できませんからw

さいごに

やる気がでなくて悩む必要はまったくありません。モチベーションを気にする必要はありません。どんどんDTMerのための知識ベースを広げていきましょう。