DTMerが得をするクレジットカードは楽天それともamazon

クレジットカードがあればDTMライフはもっと快適になります。

  • 海外サイトで安くなっているプラグインをサッと買える
  • 購入した金額に応じたポイントで通販サイトで買い物ができる

デメリットは特にありませんが、あえていうなら使いすぎて月末がヤバいことになるということくらいです。DTMerがよく使う通販サイトといえば楽天かamazonではないかと思いますが、その2つの通販サイトのクレジットカードがあります。しかし、どちらのカードを持っておいた方がお得なのか迷うところだと思います

私がDTMをするにあたって便利だと思うのは楽天カードです。なぜならばポイント還元率が大きいからです。普段の買い物も楽天カードで買い物したまったポイントでプラグインや音源をかっています。

ではそれをふまえた上で楽天カードとAmazonカードの違いを見ていきたいと思います。

楽天カードとamazonカードの比較

楽天カードの特徴

  • 年会費 無料
  • ポイント還元率 1% 楽天市場利用では3% その他のオプションを使えば楽天市場利用時に最大13%
  • 買い物保険 500万(不正利用された場合も保証)
  • カード利用額 5〜100万(個人の信用により300万まで増額できる)
  • 支払い方法 一括払い 分割払い リボ払い ボーナス一括払い
  • 支払い日 末日締め翌月26日払い
  • 利用可能ブランド Mastercard/JCB/Visa/AMEX
  • 海外旅行傷害保険 最高2000万
  • 審査 甘い(通りやすい)
  • その他 時期によってはキャッシュバックポイントの金額がすごい

amazonカードの特徴

  • 年会費 1350円(初年度無料年一回利用すれば翌年無料)
  • ポイント還元率 1% amazonサイト利用時は1.5%(プライム会員は2%)
  • 買い物保険 100万
  • カード利用額 10〜80万
  • 支払い方法 一括払い 分割払い リボ払い ボーナス一括払い
  • 支払い日 末日締め翌月27日払い
  • 利用可能ブランド Mastercard
  • 海外旅行傷害保険 なし
  • 審査 多少厳しい

大きな違いはamazonの場合年会費が存在します(1350円)しかし、年に一回でも買い物しているのであれば翌年にはかかりません。年に一回以上Amazonを利用するのであれば年会費はそれほど気にするところではないと思います。amazonカードは海外保証はありませんが、DTM関連の買い物を考えると必要ではありません。

審査に関しては楽天はめちゃめちゃ通りやすいです。

楽天の場合はキャッシュバックポイントが時期によって1万近くもらえることがあるので、かなりお得感がありますしかし、このキャッシュバックポイントは期間限定なので使わないと消滅するので注意が必要です。

海外サイトでプラグインを買う時はpaypalかクレジットカードか?

海外サイトでプラグインを買いたい場合最近はPAYPALを使えるのでクレジットカードがなくても買い物はできます。クレジットカードを持っていない場合PAYPALは銀行口座引き落としになります。しかしこのときPAYPALの支払いをクレジットカードにしておけばPAYPALで使った金額の割合に応じてクレジットカードのポイントになりますこの場合は楽天もamazonも購入金額の1%になります。

たかが1%と思うかもしれませんが、年間通して数万の買い物していくと結構このポイントがお得になってきます。

DTM商品は楽天市場とamazonではどちらが安いか?

カードを選ぶ基準はポイントで買い物をすることにあると思います。ではその場合楽天とamazonではどちらが安く買えるのでしょうか?例えばスタジオのヘッドホンの定番

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥16,900 (2020/02/21 02:48:08時点 Amazon調べ-詳細)

amazonと楽天ではこれだけ開きがあります。

amazon

参考価格:¥ 19,440
価格:¥ 15,984

通常配送無料 詳細
OFF:¥ 3,456 (18%)

楽天市場

価格

19,800円 (税込)

594ポイント
  • 3倍
送料740円
大阪府への最安送料
宅配便

amaoznの方が全体的には安い方向ですが、ソフトのアップグレード版などはamaoznではすぐに終了したりもともとやっていなかったりするのに対して楽天は長くアップグレード版やセール品を続けている場合もあります。

私のお気に入りのベース音源SR5Rokc Bass2です。この音源に関してはこちらの記事が参考になります。進化した簡単で音が良いベース音源SR5 Rock Bass2の魅力こちらのアップグレード版はもamazonでは置いてません。開発元のprominy自体はamazonに出品しているのですが、アップグレード自体は販売していないみたいです(終わっただけの可能性もありますが)楽天は大手の販売メーカーがアップグレード版を取り扱っているのでありました。

私はこれを期間限定ポイントなどを使って5000円以下で購入できました。

 

 

ちなみにSR5のダンロード版はamazonでも売っています。そして値段は楽天とほぼ変わりません。楽天もAmazonも最初はポイント1%からスタートしますが、楽天は簡単にポイントアップができます。その場合「楽天トラベルを使ったことがある」とか「楽天ブックスを使ったことがある」楽天でいくら以上使ったとかそういう感じのオプションで3%くらいまで上げることができます・さらに期間限定でポイントがさらについて7%くらいまで上がることがあります。

 

こういう時は楽天はかなり便利だと思います。

DTM楽天市場とAmazonの違い

大手の楽器販売店はほぼ楽天とAmazonの両方に出店しています。

  • Rock On Company
  • 宮地楽器
  • イケベ楽器

ソフト以外(DJ商品など)は同じ値段で出していることも多いのでその場合は上記にあるようにポイントをチェックしてポイント還元が多い方で購入するのが賢い選択だと言えます。

とりあえず持っておくとするならどっち?

私は両方を持っていますが、使用率では楽天の方が圧倒的に多いです。普段の日用品の買い物等も全て楽天カードで支払っているので、年間4000円とか5000円くらいはポイントが貯まります。さらに国民年金も楽天カードで支払うことができるのでポイント還元が可能です。

「Amazon Mastercard」で国民年金保険料を決済しても「ポイント対象外」となり貯まりません。

(のちに変更されるかもしれません)

楽天カードを申し込むときにこれだけはやっときたいこと

楽天は最初からリボ払いになっているという話がありますが、そんなことはありません。ちゃんと選択できます。でも間違って選択しないように気をつけてください。

さいごに

値段の安さではamazonの方に軍配が上がりそうですが、アップグレードのソフトなどはAmazonに置いてない場合があったり同じ商品の場合はポイントの還元率からも楽天で買い物をする方がメリットがたかそうです。何より国民年金も支払えてポイントバックされるのはありがたいですよね。

クレジットカードの買い物をちょっと怖いと思う人がいるかもしれませんが、そんなことはありません。正しく使えば年間通してかなりの金額がポイントとして戻ってくるのでそれをDTMに投資することができます。

何かとお金がかかるDTMを楽にしてくれる楽天クレジットカードは本当におすすめです。

コメントを残す