なんでもできるなんにもでなれる輝く未来をHold On me!

どうもUGです。

毎日娘が見まくるプリキュアの冒頭のセリフが頭を回りますw

 

ところでみなさんはどれくらい生演奏を聞きますか?

Youtubeとかじゃなくて生演奏ですよ。

 

実は今日しゃべくりバイオリニストとして活躍している横山亜美さんが主催した

ランチタイムコンサートに行ってきました。

今回で4回目のこのランチタイムコンサート。

前回はフェイスブックで発表後すぐに予約締切となっていたので

今回予約がとれてほっとしていました。

 

場所はクーネロコさんという大阪は箕面市にある一軒家を改装された

隠れ家的なカフェ。

12時からという話で11時40分くらいに到着するも

クローズの看板がでていたのでまだ準備中かーと思い

近くの公園でまっていたのですが、今日は貸し切り状態のはずと思い出し

12時すぎにお店の入り口をあけてみたら普通に人がいっぱいでしたw

コンサートは13時すぎ

受付をすませ予約していたハンバーグセットを注文

美味しかったw

いつもはおにぎりとかカップめんのお昼ご飯だったので

ちょい贅沢しましたw

食後のコーヒーを堪能していたらコンサートスタート

出演者は企画者のバイオリン横山亜美さん(右)と旦那さんでもありチェロ製作者の富田素行さん(左)

そしてゲストとしてフルートの奥野由紀子さん(真ん中)という構成

このチェロ製作者の富田さんと横山さんの馴れ初めは

「リアル耳をすませば」です。

この話はまた機会があればしますが、

とにかくこの横山さんという人がめちゃくちゃおもしろいw

ほっておくとイベントで演奏せずに喋り続けるレベルのお方w

やしきたかじんを彷彿とさせてくれます。

 

フルーティストの奥野由紀子さんも横山さんが認めた?w

しゃべくりのフルーティストの方らしく、

完全に漫談状態w

それを優しい笑顔で見守る富田さん。

 

演奏はバイオリンの本場クレモナに留学されていたこともあり、

バイオリンの先生でもあるので、腕は超一流です。

奥野由紀子さんのフルートも実に美しい

プロ二人を捕まえて偉そうに評価するなんて

何様だ!という感じですが、

本当にすごいお二人です。

 

横山亜美さんのすごいところはバリバリのクラシックからゲーム音楽まで

とにかく幅が広く

クラシック理論だけではなくポピュラー・ミュージックのコード理論的なものもにも

精通しているので、コード譜を渡すとコードをベースに自由な即興を始めます、

バイオリニストとしてはかなり珍しいタイプの人です。

さて演奏は前半と後半の間に旦那さんでも富田さんが楽器のレクチャーをしてくれます。

バイオリンをつくるときは、「平面をつくる技術を身につけるのが大事」とか

使っている道具(カンナ)を見せてくれたり、なかなか他では聞けないお話です。

そしてコンサートが終わったあとは楽器に触らせてもくれます。

 

弓の当て方で音がどう変わるのか?

どう弓をコントロールすれば良い音がでるのか?

などなど生の楽器の特徴について細かく教えてくれました。

普段DTMでリアルな音を触っていますが、

やっぱり生楽器を触って音を鳴らしたときの音はすごいです。

 

自分のまわりのすべてのものと共鳴している感じがします。

エクスプレッションやビブラートをコントロールすることで

リアリティを追求しているつもりでしが、

生演奏とはまさに別次元の世界でした。

 

横山さんも「環境によって音の鳴らし方は違う」

アンサンブルの場合は自分のポジションを理解して

キレイに混ざりあうことを大切にしないと」とおっしゃってました。

DTMをやっていたら頭でわかるのですが、

それが生の世界だとどれほどコントロールするのが大変か

わかりました。

 

DTMをやって、レクチャー動画などをみてそのとおりにすると

いかにもな音を出すことができるようになりますが、

DTMのレベルをもうひとつあげたいのであれば

やはり生演奏にふれる機会は多くしたいと思いました。

 

できれば上手な演奏会の方がよいですが

みなさんも生演奏を触れられる機会があるなら

少しでも触れた方がよいと思います。

打ち込みたいする考え方が変わりますよ。

 

横山亜美さんホームページ

奥野由紀子さんホームページ

http://yukikookunoflute.wixsite.com/toppage

 

クーネロコ

Welcome to KUNE LOKO