どうもUGです。

今回は「これだけは覚えたい!専用音源不要のロックなスネア音作りのお作法」

前回に引き続き専用音源不要でもここまで作れる!

というスネアの音色の作り方についてお話していきます。

 

kickは楽曲の柱です。

これが決まらないと楽曲がふらついて

クオリティが悪くなる…と前回お話しました。

スネアに関しても同じこと言えます。

スネアは楽曲の(リズム)の顔です。

このスネアで楽曲の表情の明暗が出てきます。

 

なのでスネアの音作りこまないというのは

その楽曲がどんな顔をしているのかわからないということを意味します。

 

スネアの音作りも基本はkickと同じですが

スネアの最大の音色の特徴は私はノイジーさにあると思います。

このノイジーな部分の混ぜ方でスネアの表情が大きく変わります。

アタック感 (Top)

ボディ感  (Side)

ノイジー感(Bottom)

 

この記事を読むことで「スネアはリズムの顔」ということを

意識できるようになり明確なビートを打ち出すようになれます。

 

それでは

これだけは覚えたい!専用音源不要のロックなスネア音作りのお作法

さっそく見ていきましょう






スネアの特徴

スネアを録音するときは

スネアの打面を狙ったトップの音(200〜300)

スネアの下からスナッピーと言われる音を狙ったボトムの音(1khz〜4khz)

が基本になり。

これにスネアの横から狙ったサイドの音(150〜400hz)

この3つで作られています。

 

最初にでも説明しましたが、

私はボトムのスナッピーをいかにバランスよく混ぜるかが

スネアの音色作りの要と思っています。

BFD3ではこれらを別に収録されているので音作りが

非常に細かいところまで追い込むことができます。

別々に聞くとこんな感じです

Snare Topの音

Snare Bottomの音

Snanre Sideの音

これらを混ぜるとことでスネアらしい音になります。

 

これらが別々の利点は、スネアの音色の作り込みを

ボリュームによる細かなさじ加減で調整できることにあります。

 

しかし専用音源でない場合はそうは生きませんが、

kick編を読んで頂いた方はわかると思います。

これらをパーツ要素に分解します。

 

今回もXpand!2のドラムキットから作り込んでいきますが、

今回は別々のサンプルを使ってより細かく音を作り込みます。

まずボトムのサンプルはWarm DrumsのD1にアサインされているスネア

こんな音です。

ノイジーな成分を多く含んだアンビエント感あるスネアの音です。

これでBottomの感じつくるために

まずローをカットしてスナッピーの部分だけを強調します。

非常に良い感じのスナッピー(ノイジー)なスネアが出来ました。

 

次にトップの音です。

POP KitのE1にアサインされている音です。

リムの響きもよくいかにもスネアらしい音です。

正直この音と先ほどのBottomの音をあわせてかなりいい感じの音ができますが、

サイドの成分も美味しいので入れてみます。

これは結構裏技的な感じです。

同じPopkitのC#1にアサインされているRimクリックの音です。

これをエンベローブでアタックを削りイコライザーで200hz付近かなりあげてやります。

かなり非常識なイコライザーの使い方です。

でもいいんです。最終的に良い音になれば何をやってもいんです。

大切なのは「派手にやるなら、その意図をしっかり意識する」です。

Rimクリックは当然リムの胴の音の成分が含まれます。

ですがクリック的な音は必要ありません。

なのでその胴の部分だけを抜き出すために非常識な

イコライザーの設定をしたというわけです。

さてこれらをすべて合わせて鳴らしてみると

こんな感じになります。

いい感じになってきました。

Bottomの量は好みで変えていただくとして

まとめたものにコンプを掛けてパンチ感を出します。

がっつり潰すたレシオは12.6:1とガッツリいっています。

どうですか?

ここにささらにゲートでスナッピーの部分の長さを調整します。

スナッピーの部分がアンビ感(残響)多かったので

こうすることでドライな感じのスネアに出来ます。





 

さいごに

これだけは覚えたい!専用音源不要のロックなスネア音作りのお作法

いかがでしたか?

 

このスネアも正直かなり作り込んだ感じのする音になったと思います。

大切なのは

アタック感

ボディ感

ノイジー感

 

これらをバランスよくまぜて

ノイジー感(スナッピー)は余韻(残響)が出やすい音なので

そこをゲートでしっかり切ることで

タイトでかつアタックもはっきりとしたスネアサウンドを

作ることができます。

スナッピーの部分に関してはホワイトノイズを加えてみるのも

有りなやり方です。

 

専用音源がなくてもここまで出来る!

逆にこれらを理解していれば

ドラム専用音源をかったときにより突っ込んだ音作りを

することができるようになります。

 

ぜひチャレンジしてみてください。