[DTM]良い楽曲を作るためのフリー音源のおすすめは?プロとアマチュアの使い方の違い

フリー音源には使えるフリー音源」と「DAWの肥やしになるフリー音源」の

2種類があります。しかし実は2つとも同じ音源に言えることです。

つまり、それを使う目的が明確であるかどうかです。

 

使う用途が明確でないフリー音源は集めて終わるだけのものです。

そんな音源が1つや2つくらいはあなたのDAWの中に眠っているかもしれませんね

 

フリー音源を「タダで良いものが作れるなら最高!」と

考えているならば、おそらく「おすすめ」の言葉に踊らされて

フリー音源を無駄に探し続ける人になってしまいます。

プロとアマチュアの使い方の違い

アマチュアは「フリーなのにこんな音すげー」みたいな音の第一印象で

決めて使うことが多いです。

 

プロはそうではありません。

 

プロはそれが商品価値としてOKかどうかを基準とします。

つまりそれがお金になるかどうかです。

当然「商品価値」を考えるうえで、エラーやバグが多いものは

当然使いません。「ちょっとくらい音がよい」程度の

シンセはプロは普通に良いものを購入します。

 

プロから見えるとフリー音源とは使う場合

タダという言葉に「何かあったら洒落にならない」という

リスクを考えます。

 

最近は有名なメーカーが簡易版としてフリー音源を出しているところもあり、

一昔前と比べるとフリー=粗悪品 的なイメージはなくなりつつありますが

やはり今でも安全性や音質面から考えても

フリー=粗悪品 とみるプロは多いです。

プロがチューニングにこだわる理由

フリー音源で1番クオリティ的に問題なのは

ピッチの甘さつまり楽器のチューニングがすこぶる悪いことです。

 

プロは何百というトラックを使って楽曲を作ります。

ストリングにしても10トラックくらい重ねたり

シンセサウンドにしても何とラックも重ねて

音の太さ厚みをコントロールして、音色の存在感を作りあげます。

レイヤーサウンドという手法になります。

 

このときに一つのトラックのチューニングが悪かったりすると

もはやその音源ひとつのせいで楽曲はゴミ以下になるとまで言われています。

 

もしあなたが音に厚みを出したい!という理由で

レイヤーサウンドを多用するのであれば

チューニングにはシビアにならないといけません。

 

裏をかえせばアマチュアでチューニングにこだわりをもって

音作りをすればプロのサウンドに近づけることになります。

さいごに

[DTM]良い楽曲を作るためのフリー音源のおすすめは?プロとアマチュアの使い方の違い

いかがでしたか?

プロは徹底的にチューニングにこだわります。

それがプロのスキル言ってもよいほどです。

 

フリー音源がすべて悪いわけではありませんが、

それを活かすも殺すもあなた次第w

よりよい楽曲制作のためのベストなフリー音源を

使いたいですね。

 

コメントを残す