どうもUGです。

この記事では私独自の視点で考えた

安いギターの正しい使い方についてお話しします。

 

安いギターは良い音がしない。

一般的な認識はそうかもしれませんが、

上手い人が弾くと安いなりにも

良い音が出ます。

 

つまりプレイヤーがそのギターのポテンシャルを

引き出しているということになりますが、

そこまで行くには相当熟練の技が必要です。

 

では安いギターとはどれくらいなのか?

ずばり10,000円代w

たしかに、ネックの作りも適当でチューニングも狂いやすく

音にノイズもよくのります。

 

しかし変わり者で無い限り安いギターばかりを揃えて機材の持っているポテンシャルを

引き出す人はそうはいません。

やはり安いギターは初心者向けという立ち位置です。

 

安いギターを使って必死に練習して

良い音を出すことに頑張るという話は

また別の機会にして

今日は安いギターの効果的な使い方についてお話したいと思います。

 

これを読めばあなたも安いギターがとりあえず一本欲しくなる!

 

早速見ていきましょう。






DTMerのための安いギターの使い方

ギターの打ち込みを覚える

DTMerが安いギターを使う理由は

ギターの音のなり方、打ち込み方法の参考にするという使い方です。

これ関してはこちらの記事が参考になります。

一万円のギターでかっこいい打ち込みを覚える方法

生楽器についての知識は確実に打ち込みのクオリティに繋がります。

 

練習用

打ち込みのためと同時にギターを練習することで

ギタースキルを高めてデモ曲程度は弾いてしまうために

安いギターを買うのはありです。

 

いくらリアルに打ち込んでも実際の現場では差し替えられることも多いです。

簡単なバッキング程度は弾いてしまった方が

曲のクオリティが上がるのでおすすめですし、

ギタリストとのコミュニケーションが円滑になるので

レコーディング時にギタリストに的確な支持を出すことができるようになります。

その他

オブジェ用としてギターが一本あることで

部屋がそれらしく見えます。

私も昔から何故か弾けないのに友人がギターを置いて帰ることが多く

そのギターを飾ってあることで自分のミュージシャンとしてのモチベーションが

あがりましたw

以外に馬鹿にできない上がり方だったように思います。

ミュージシャンのための安いギターの使い方

練習用

賛否両論あります。

最初から良いギターを使った方が上手くなるという話と

最初は安いギターでも十分という話。

 

ただ引きやすいという点においては高いギター10万以上の方が

圧倒的に引きやすいという話なので、

上達しやすいんやはり高いギターのほうが早く上達する確率は高いかもしれません。

 

改造用

ピックアップパーツをいろいろと変えて遊んでみたいという友人は

安いギターをかってはパーツを交換をして楽しんでいました。

しかし、気がつけばパーツ交換で2万くらいのギターが8万くらいになっていたらしく

そのままメインで使うようになっていました。

 

改造のおかげでギターの構造に強くなりノイズ対策をできるようになった結果

メインのギターをさらによく改造して良い音にしあげることができたという話もしていました。

 

高いギターではそういう使い方はできないので、

思い切った改造をしてみたいミュージシャンにはおすすめです。

あとはボディのカラーリングをいろいろと変えて遊ぶの

楽しいです。

 

ライブ破壊専用

ミュージシャンはこれが1番効果的かもしれません。

ミュージシャンによる楽器破壊はインパクト大です。

 

しかし下手にライブハウスの機材にあてようもんなら

出禁or修理費が要求されるのである意味高度な使い方とも言えます。

 

ただ、このご時世かっこいい破壊の仕方の画像がツイッターでバズると

宣伝効果にもなるので、良いかもしれません。

 

ただやすいと言っても数万円はします。

破壊専用ギターはハードオフなどで売っているギターを使うのがおすすめかもしれません。

 

しかし何度もいいますが、ライブハウスの機材を傷つけるような

ことをしてはいけませんw

 

楽器破壊をする場合は

ライブハウス側に必ず許可をとりましょう。

下手をすれば器物破損ですからねw





さいごに

DTMerからミュージシャンまで安いエレキギターの正しい使い方

いかたでしたか?

安い=悪い

と考えるのではなく

目的にあった使い方をするのが1番だと思います。

そういった意味では多少イレギュラーな使い方をするのも

個人的にはありだと思っています。

安いギターは安いギターの使い方があってもいいと思います。