もうこれ以上メロディが作れない!と思ったときに使える3つの秘技

メロディが悪ければどんなクオリティの高い打ち込みをしても魅力は半減です。それほどメロディは作曲において重要です。しかし多くのDTMerがメロディの作り方で悩んでいます。この記事を読んでいるあなたもその一人かもしれませんね。

悩むポイントは色々とありますが、とくに多いのがメロディの広げ方(展開の仕方)です。具体的には「4小節メロディを作ったけどそのあとどうしたらいいかわからない」といった感じです。

良いメロディの作り方もそうですが、メロディの広げ方に悩む人多いですが、実はこれはちょっとしたコツで簡単に解決します。

そのコツは次の三点です。

  1. 反抗期メロディ
  2. サンド(3度)ウィッチメロディ
  3. エッチなずらしメロディ

この三点を意識するだけでメロディはどこまでも広げていけます。たった2小節のメロディあっても同じです。

モチーフとは

旋律(メロディ)和声(ハーモニー)律動(リズム譜割り)の各要素を備えた音楽を構成する最小単位となるものをモチーフと呼びます。モチーフに関してもこのブログでさんざん取り上げていますwDTM楽曲制作どこから始めるのが正解?セオリーはあるの?などでも語っていますが、そのモチーフを広げることができればメロディはどんどん作ることができます。その作り方を3つほど紹介します。

反抗期メロディ

言ったことを聞かない、やれと言ったら反対のことをする。そんなメロディを反抗期メロディと私は呼んでいます具体的にはこんな感じ、本当は同じことを繰り返してほしいのに反対の動きをする、これぞ反抗期ですw

サンド(3度)ウィッチメロディ

最初のモチーフに対して3度上のメロディを演奏します。この歳気をつけるのはメジャーとマイナーの音に気をつけることです

エッチなずらしメロディ+詰め込みメロディ

最初のモチーフをずらします。セクシーにずらしますwそのあとずれたメロディを詰め込む形で展開させます。

延長よろしく(引き伸ばし)メロディ

厳密には音が一音違いますが、モチーフの解釈はずらされたモチーフを引き伸ばしている状態です。これらを組み合わせて曲を作るとこんな感じになります。

クオリティは横においておいてwとりあえずメロディが発展していることはわかると思います。

さいごに

誰でも簡単にできるて覚えやすいメロディを作って広げる4つのコツいかがでしたか?

  1. 反抗期メロディ
  2. サンド(3度)ウィッチメロディ
  3. エッチなずらしメロディ

たったこの3つですが、違和感なくメロディを広げられる便利な方法です。

最初のモチーフを作ってしまえばあとはこの4つの方法で広げていくことは可能です。といっても最初のモチーフを作ることが難しいといえば難しいのですが、でも、この方法とっても簡単でコードの構成音さえ気をつければ誰にでもできますよ。一度試してみてください。この内容はこちらの本でも詳しく学ぶことができます。おすすめの一冊です。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください