どうもUGです。

今回は「鼻歌が最強の作曲法」であることについてお話します。

DTMで作曲をするときはパソコンをつけてキーボードや

ギターといった楽器を弾きながら作曲することが多いと思いますが、

ずっと同じ方法で作り続けているとメロディのマンネリを招くことになります。

 

マンネリにおける良し悪しはあとでお話しますが、

やはり常にクリエイティブな新しいメロディを作ることが作曲することが

大切です。

 

そのマンネリ方法は以外に簡単な方法解決できます。

 

それは「鼻歌作曲方法」

 

すでに鼻歌作曲方法で作っている人は今回のブログは閉じていただいてOKです。

 

ただDTMに寄り添った作曲方法をしている人は今回の記事は

新しい可能性を見いだせるきっかけになると思うので

ぜひ呼んでいただければと思います。

 

それでは鼻歌が最強作曲方法について紹介していきたいと思います。






鼻歌作曲方法とは

楽器をもたずに「ふふふーん」と鼻歌でメロディを歌う方法が鼻歌作曲方法です。

この方法のメリットは手癖からの脱却です。

 

ある程度キーボードやギターを使ってメロディを演奏すると

どうしても手癖が出てしまいます。

それが作曲におけるマンネリに繋がります。

 

ただマンネリは個性として

作曲においてマンネリは良い面と悪い面があります。

 

支持されている間はマンネリは個性と思われますが、

支持されなくなるとマンネリは駄作的なレッテルをはられます。

 

DTMerとしては「何を作っても同じ」と思われるほど

マンネリ作品を量産できるのは一つのスキルなので

数をこなすという点においては楽器を使った作曲方法もありです。

 

ふとした瞬間に起こる爆発的なキャッチーなメロディ

鼻歌は意識するというより自然に沸き起こる作曲方法です。

鼻歌はたいてい気分が良いときに歌ってしまう適当なメロディですが、

この適当なメロディはかなりシンプルなはずです。

 

なぜなら鼻歌は無意識で歌えるメロディなので

複雑なものになるケースは少ないです。

 

それゆえポップでキャッチーなメロディになることがあり

多くのプロの作曲家も「鼻歌」で出来等に歌ったものが

大ヒットにつながったというケースも多いです。

 

ただいつまでも鼻歌でキャッチーなメロディが降りてくるのを

悠長に待っていられないケースもあります。

 

作曲をしているとやはり締切との戦いがありますからw

 

どうすれば鼻歌作曲方法ができるか?

実はこれは簡単です。

実際の歌を適当に鼻歌を歌ってみることです。

 

ポイントは鼻歌を癖付けることにあります。

 

歌って見るとわかると思うのですが、

鼻歌を歌っているときの気分は

ちょっと楽しい気分だったりします。

 

実は楽しいとリラックスは同じなんです。

 

思い切り楽しい経験をしたり

笑ったあと精神的に楽になっていることがあります。

それはリラックスしたから味わえる感覚です。

 

これと同じことが鼻歌で作ることができます。

鼻歌は力んでしまうと出すことができません。

つまり余計な力を抜いてリラックスする

その感覚を作り出すためにも鼻歌は効果的だったりします。

 

適当に歌うことでリラックス効果が生まれ

その結果良いメロディを作り出すことができるわけです。

 

鼻歌は潜在意識の快が漏れ出している状態

無意識に歌ってしまう

このことはが意味するのは充実した生活です。

 

毎日死に物狂いで動いていると鼻歌は歌えません。

無意識が働かないからです。

 

逆に鼻歌を歌える生活をしているということは

毎日充実した生活を送っていることになります。

 

精神的にも満たされていると

潜在意識に溜まった快がもれてしまって

鼻歌になると私は考えています。

 

人間は楽しいから笑うのではなく

笑うことで楽しくなる

 

という研究報告があります。

 

鼻歌を歌うことで

無意識は「おっ!私は楽しいんだな」と勘違いします。

 

脳は恐ろしく単純です。

しかし、この勘違いを引き起こすことで

よりクリエイティブな作曲ができるなら安いものです。

 

作曲家にとって作曲はリラックスとストレスの中間に位置する

行為です。

少しでも楽しく、人を感動させるメロディを作る方法として

リラックス効果出せる鼻歌は作曲法が最強だと思うのは

こういう理由からです。





さいごに

[DTM]キャッチーなメロディを作れる鼻歌作曲方法の仕組みとは?

一言で言えば「リラックス」した状態で作るということです。

 

そんな余裕はないよ!

という人でも

作曲に煮詰まり気分転換で散歩したら

音楽が出来たという経験をした人は少なくないはずです。

 

たかが鼻歌

されど鼻歌

 

一度試してみください。