どうもUGです。

今回は機材を買うのは自己投資?DTMerのための正しいお買い物の仕方

についてお話します。

新しい音源やセールなどを見ると

財布の紐守りきれない

それがDTMerですw

 

買う目的は

 

作曲や編曲、音楽制作に役に立つと信じて疑わないもの、

そう言い換えるならばすべて

 

「自己投資」

 

機材を買うとはすべて自己投資だ

と言い換えている人いませんか?

 

しかし買ったはいいものの使っていない

これは

 

無駄遣いだ!

 

そう捉える人もいるでしょう。

 

常にこのどちらかで揺れ動くものDTMerだと言えます。

 

正解は当然「自己投資」です。

 

すべてここにならなければいけません。

 

自己投資として音源を買うときのポイントは

「一つのものから100%のものを得なければいけない」

という認識ではなく

「複数のもののなから一つだけでもリターンを得ることでよい」

ということです。

 

この記事を読むことで

自己投資と無駄遣いの違いを理解し。

DTMerは無駄のない買いものできるようになります。

 

それでは

機材を買うのは自己投資?DTMerのための正しいお買い物の仕方

早速見ていきましょう。






自己投資の仕方

家捨て社長@皆様定住お疲れ様です。

さんの一言がとても自己投資についてわかりやすく説明しています。

我々DTMerの背中を強く押してくれる一言を見つけました。

 

そうDTMの機材の世界実はこれなんです。

ソフト音源には何千というプリセットがあります。

知らない人から見ると

「それだけあればなんでもできるでしょ」

「使い切ってないのに新しいものは必要ないでしょ」

と思うかもしれません。

 

しかし、何千という音源が入っていても

使える音源は数十もあれば良い方です。

 

ギターやベースに特化した音源であっても

その音源に

「もうちょっとこういう気のがあればいいのに」

と思うこともあるので特化音源だからといってその一つで

足りる(使える)という話にはなりません。

 

使える「音源とは」

自分が今最高の楽曲を作るために使える音

つまりリターンを得られるものです。

 

3000個の音色が入った音源が3万円として

その中で使える音源がたった10個だった場合

一音色あたり3000円になります。

だったらそれを一個ずつ買えばいいじゃないか?

という話になりそうですが、そんなことはできません。

 

これは書籍に置き直すとわかりやすいのですが、

 

例えば書籍には何万文字とあるけれど

「この言葉を求めていた!」というのはせいぜい数十文字です。

つまり「1ワードとか2ワード」

せいぜい多くても5ワードくらいかもしれません。

その1ワード2ワードが人生を大きく変える要因となる可能性もあるわけです。

 

1000円の本を十冊買ったら10000円です。

その一冊からしか学びがなかったとしても

そのノウハウを活かして10万円の利益を上げれば

十分にもとは取れて。継続的な利益を出すことができます。

 

アマチュアの場合その買い方ですぐに利益を出すことはできないとしても、

そこで学んだことで利益を作り出せるようになるかもしれません。

 

つまり「自分の価値を高める」ためにする買い物はすべて

 

自己投資と言っていいことになります。

 

それをいかに速くリターンとして実感できるようになるかが

その人の生き方のセンスの部分だと思います。

 

「結局はお金がないと自己投資なんかできないよ」という人もいますが、

 

「そのために働く」「お金をつくる」

 

こういう考えになるのが健全な思考です。

 

お金がないから現状で満足ではないのです。

 

やりたいことに必要なものにお金がかかるならそのために働くことが

自分の価値をアップデートすることにつながります。

 

必要ならば買えばいいの「必要とは」

どうしても必要ならば買えばいい

この言葉もよく聞きます。

 

この必要とは

持つことで満たされる「ほしい」ではなく。

「自分の価値を最大限にできるリターンを得られるもの」

にならなければいけません。

 

わかっってはいても購入して失敗することはあります。

ここtで大切なのは

「何故必要と思って買ったものに答えがなかったのか」です

 

簡単です。

 

必要ではなかったからです。

それはたんに「ほしい」だけだったからです。

 

なので常に自分にとっての「必要」を自問自答し続けて

自己投資のための精度の高い買い物の仕方をさぐる必要があります。

 

失敗を活かす

買ったものが自分の価値を高めなかったからといって、

お蔵入りさせてすぐに次へ行くのは人それぞれですが、

すぐに次に行けないのであるならば

失敗自体をコンテンツにしてアウトプットできれば

それは新しい価値を見いだせるようにもなります。

 

SNSやブログでその失敗を適切な形でアウトプットすれば

読者を楽しませることができるようにもなりますし、

広告収入の一旦を担うこともできます。

 





機材を買うのは自己投資?DTMerのための正しいお買い物の仕方

いかがでしたか?

 

DTMの飽くなき欲求をわかりやすく説明してくれたこの言葉

 

「10冊買って9冊ゴミで1冊100倍のリターンあるやろ」みたいな

それが自己投資やで」

 

これを胸にこれから

 

ガンガン必要だと思うものを買っていきしょうw