ボーカルにかけるリバーブはこれ!プレートリバーブEMT140を内蔵したNectarの魅力

ボーカルミックスは難しいです。どんなに歌が上手くても他のパートとのバランスが上手く取れないと抜けずに埋もれてしまいます。そのためにEQやコンプで音を作り込んでボーカルトラックを作り上げるわけですが、DTM初心者には一長一短でできるものではありません。しかし!izotopeのNectar3を使えばそれらを完璧にこなしてくれます。

これでボーカルトラックの時間作りから開放されてより良い曲を作るために頭を使えるようになります。その完全なボーカルトラックにおいて重要なのはリバーブです。リバーブのクオリティはそのままボーカルトラックのクオリティにつながります。バラードでああればその世界観の広さを演出し、ロックでもわずかなリバーブ処理がボーカルの存在感を引き立たせます。

Nectar3にはリバーブが内蔵されていますが、そのリバーブがプレートリバーブで名高いEMT140のエミュレーションを内蔵しています。今日はボーカルのためのベストマッチリバーブ(EMT140)を内蔵しているNectar3の魅力についてお話します。

Nectar2を使う理由

Nectar2はボーカル専用のチャンネルストリップという位置づけです。

チャンネルストリップとは

DAWでイコライザーやコンプのプラグインをかけながら音作るプロセスを一つのプラグインのなかだけで仕上げたもの。それがチャンネルストリップです。昨日お話したAIミキシングソフトではありませんが、即戦力のプリセットがてんこ盛りで音抜けに困っているDTMerから特殊なエフェクトでボーカルに色をつけたくてうずうずしているDTMerの願いをみんなみんなみんな、かなえてくれます。(ドラえもんかよw)

Nectar2はボーカル専用という位置づけの理由は今はなくなりましたがAllory2というチャンネルストリップがありました。こちらはボーカル以外のトラックの音作りに特化していたので、その差別化の意味合いもこめてNectar2はボーカル専用という位置づけになっています。そのためプリセットの内容もボーカルに特化したものになっていますが、ボーカル以外でも全然使えます!ってか私は使っています。

Nectar2の詳細

Nectar2は11のエフェクトプラグインから構成されています。単にチャンネルストリップに必要なものを寄せ集めただけではなく一つ一つのクオリティが実に高いです。このエフェクトプラグインは左の欄に並べられていて、Pitch以外自由に並べ替えることができます。

Pitch

ボーカルの音程やフォルマントを変更できます。Speedで軽くケロらすこともできます。トランスポーズもフォルマントも元のクオリティを維持したまま変更できるのがさすがです。

変更前

speed調整軽くケロ

Gate

特筆すべきところはありませんが、非常になめらかなゲートです。私はスネアのBottomによく使いますw

Harmony

Necatar2がボーカル専用と言われる最大の理由はPitchとこのHarmonyにあるかもしれませなn。最大4声まで疑似コーラスをくわえることができ、そらのピッチも自由にコントロールできます。そしてなんてそれをMIDIでコントロールできてしまいます。どういうことかというと、ボーカルメロディにおさえた鍵盤の和音をコーラスにしてしまえるということはもちろん新しいメロディを作り上げることもできます。

ハーモニーの音質は単体で聽くと弱いですが、ボーカルに混ぜてしまうとそれらしい雰囲気を発揮してくれます。

FX

DSITORTは文字通りディストーションかなり音が太くなります。MODULATEは揺らし系、かなり上品のモジュレーションなので嫌味になりません。REPEATはエコー系ですが、かなりエフェクティブな使い方もできます。

Saturation

アナログサウンドのサチュレーション効果を与えてくれます。ここの項目はOZONEやNeutronの項目と同じです。サウンドに暖かさを加えたい場合はまよわずここですねw

EQ

8バンドのイコライザーです。izotopeのイコライザーのすごいところはとにかくかかり方が自然です。効果がオーバーなEQになれるとizotopeのEQは持ち上げたのに持ち上がっていないよに感じてしまいます。アナライザーもついているので音を目で見ることも可能ですが、なめらか過ぎて細かすぎるのでアナライズの調整ができればよかったと思っています。

Compressors

Digital Vintage Optical Solid-stateの4つのコンプを2系統あり、それをパラレルに接続にもできます。EQ同様 izotopeのコンプも非常にナチュラルなかかり方なので、コンプの色がもっとほしい!というときは他のメーカーのを使いたくなるかもしれませんが、、Compressorsと一緒にSaturationを使えば色付けはばっちりできます。またどのようにコンプがかかっているかを視認できるのでコンプになれていないDTMerはこれで勉強すればコンプのかかり方をマスターできます。

De-Esser

ボーカルのみならずギターにかけて少し音を柔らかくするのにも向いています。

Limiter

音割れを防ぎます。これも本当にナチュラルです。音のイメージあオプトコンプのような感じですね。安心して使うことができます。

Delay

Digltal tape Analogの三種類から選べます。専用機と言っても過言でないレベルのDelayサウンドがです。

Reverb

やっとたどり着いた!このためだけに買っても過言じゃないといいたいレベルのでリバーブです。ボーカルプレートの鉄板キングオブ ボーカルリバーブのEMT140をエミュレートしていますが

別にボーカルだけじゃなくても使えます。プレートリバーブは音抜けもよいので、ディストーションギターの壁にも相性が良いです。

動作も軽い

リバーブだけを使った状態ですと12%すべてのエフェクトをつかった場合でも24%です。izotopeのクオリティをこれだけのCPU占有率で使えるのはやはり魅力です。これらを一つひとつコントロールするのもいいですが、大量のプリセットを聴いてみるのも楽しいでしょう。

追加プラグイン

Nectar 2 Production Suiteは

ピッチエディターとブレス・コントロールという追加のプラグインがあります。

これはNectar2の中でつかうものではなく単品で使います。ピッチエディターはメロダインのようなものですが、メロダインがあればことは足りてしまいますwブレスコントローラーは便利で、不要なブレスのボリュームを任意でおさえることができます。

さいごに

今更なプラグインではありますが、izotopeクオリティは年月がたっても全然使えるのがすごいところです。リバーブだけについて書こうかと思ったら、我慢できなくなって全部書いてしまいましたw今ならこのプラグインお値段が

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください