どうもUGです。

今回は「バンドサウンドに埋もれない!キーボード音色orアレンジテクニック」

についてお話します。

 

バンドのなかでキーボードの音色はチョイスが難しいです。

下手にピアノを使うとギターパートの邪魔になるときがありますし、

下手にオルガンで白玉を多用すると

今度はボーカルがぬけきらないあときもあります。

 

キーボードが邪魔になるのは

音色の入れ方か

アレンジレベ

のどちらかですが、

他のパートが必要以上の音を

出していることに原因がありまが(←これが1番の可能性もw)

 

これらをを解決せずに

キーボードの音色を強調できる方法があります。

 

それは周波数陣取り合戦からの撤退ですw

 

つまり音が集まっていないところにキーボードサウンドを

作ればよいという話です。

 

今日はその音色とそれらを効率よくきかせるための

お話をしたいと思います。

 

この記事をよむことでバンド演奏に埋もれない音色作りに必要な

考え方を理解することができるようになります。

それでは

バンドサウンドに埋もれない!キーボード音色orアレンジテクニック

さっそくみていきましょう。






 

なぜ埋もれるのか?

バンド・サウンドは中低域に音が集まります。

その理由は各楽器の再生周波数を確認すればわかります。

 

ギター

最低音は6弦E2 ゼロフレット82hz  最高音は1弦23フレットD#6 1245

になります。

このときコードでジャカジャカ言わすのは低域なので大体150〜250くらいのあたりの

どころでコードバッキングをすることをすることが多いです。

 

ベースは4弦ゼロフレットE1が41hz 最高音は1弦23フレットF#4 370

となり、こちらも低音でしっかりとしたルートをならしているのは

およそ41〜180くらい

 

ドラムのkickは大きさにもよりますが、50hz〜200hzくらい

もちろんビーターなどによる高域はありますが、

音そのもの存在としては低域です。

 

SNAREで250〜300hz

そしてドラムの場合ドラムサウンド自体が共振して

大きな中低域のかたまりになります

 

これらがどばーってなったら中低域はほぼ埋め尽くされます。

そんなところに、何も考えずにピアノでコード弾きしても

ごちゃごちゃするだけです。

 

そこでポイントとなってくるのがいかに

重なりあった周波数から逃げるかです。

 

ソリーナ系のストリングス

バンドの中で埋もれない音色です。

なぜかというと、かなりハイよりです。

正直おもちゃのような音に聞こえるかもしれませんが、

他のパートが持っていない高域を多く含む音色なので、

音量を小さくしてもきこえます、

 

そしてこの音源の最大のメリットは

バンドの天井を高くすることができる

ということ、

 

つまりバンド演奏はとかく「中低域」に音が集まります。

そこに高域の音色がうっすらといれるだけで、

バンド全体の再生レンジがあがるので、バンド・サウンドをより

大きく見せることができます。

 

使い方は普通にドミソと弾いてもOKですし、

オープンでド ソ ミ(ドから10度離れた)としてもいいです。

目的はコード弾きというより、とにかくハイを足されることでの

バンドのレンジの広さを獲得することにあります。

 

フレーズ

アレンジレベルになりますが、

楽器を1番簡単に聞こえるようにするには

他の楽器が休んでいるときに弾くことです。

 

ギターがコードストロークをしているとは白玉で

ギターがコードストロークをしていないときは

キーボードはメロディを邪魔しないレベルで

動かせる。

 

これだけでキーボードの音色はどんどん聞こえだします。





さいごに

バンドサウンドに埋もれない!キーボード音色orアレンジテクニック

いかがでしたか?

 

ソリーナ系のストリングスは本当にオススメです。

本当にうっすらするだけでも音にきらびやかさが出せます。

逆に大きくしすぎると音色特有の拙い部分が目立って

安っぽい感じになるので注意が必要です。

 

ギターやベースの周波数を邪魔しない

他のパートが動いているところでは動かない

メロディを邪魔しない

 

しっかり必要な音を周波数を見極めて

かっこいいキーボードサウンドを作っていきましょう。