ローカットだから失敗する!ベースとキックの棲み分けはハイカットが一番な理由

イケてるKickの音が作れたけどベースと合わせると「あれ、さっきまでのかっこいいKickの音はどこへ行ったの?」こんな経験をしたことがある人は多いと思います。私もたくさん経験しました。どうすればベースとキックを上手く棲み分けできるのか…「コンプかな?EQかな?」などなどいろんなことを試してきた人は多いとおもいますが、イマイチしっくりこない理由は「KickよりBassが上か下か?」という意識で作っているかどうかです。

この意識をなくしてキックとベースの共存共栄はありませんそしてこの方法はめちゃくちゃ簡単に作ることができます。プラグインや高価なプラグインも必要がありません。使うのはEQのハイカットです。

「え?ローカットじゃなく?」多くの人がローカットを考えると思います。

最終的にはローカットで処理しますが、確認はハイカットでするの良いです。

その理由は棲み分けの音色がどんな音か耳で確認できるからです。大事なのは「ローカットされた音がどんな音なのか?」これを知る目的でハイカットを使うわけです。もちろんこれだけがキックとベースの棲み分けではありません。もっと複雑な処理をするケースもあります。しかし、まずはここを覚えておけば「とりあえず」の棲み分けが可能になります。

EQを使う前にできるKickとBassの棲み分け方法

どちらを下に置きたいのか?これは何を基準にすればよいのか悩むところですがざっくりつ次のような捉え方からはじめましょう。

  • 「ベースラインを聴かせたいならキックより上」
  • 「しっかりとしたボトム感を出したいならばKickより下」

 

ベースラインが動くと低域で音程感出てしまいます。本来であればベースはコードのルートとしての役割が全体のコードの響きを引き締める役割があります。しかし、そこをあえて動かすということはそれだけの理由がある。その理由を明確にするために聞きやすくする聞きやすくするとは「音色の輪郭が見えることが重要」なのでキックより上にするということです。

そしてここからが重要になりますが、その音色のリリースを意識します。鍵盤を離しても音が残る部分のことです。つまりリリースが長いということはそれだけ低音が残るということです。逆にリリースも短く音自体がタイトば場合はそれほど低音が邪魔をする印象は少ないと思います。

ローカットよりハイカットで音色を確認する

棲み分けと聞くとローカットをばっさり入れてというイメージがあると思います。処理自体はそれで問題はありませんが、棲み分けについてなれていない人はハイカットで自分が削りたい帯域について理解することの方がいいと思います。こちらはEDM系のキックです。

これにハイカットを入れていきます。俗に「キックといえば50〜60Hzくらいを持ち上げて…」みたいな話が多いのでその当たりまでハイカットしてみました。

どうです?とりあえず推奨されているであろうキックの60Hzってこんな音です。この音色は若干リリースが長めなので「ブォン」という感じに鳴っていますが、タイトであれば印象は若干変わるものもの音色的には似たような傾向になります。

続いてベースです。

これにキックと同じまでハイカットを入れてみます。

音色はこんな感じになります。

なんだかモコモコ聞こえますね。さてこのHighCutした2つを同時に鳴らすとどうなるでしょう?

とりあえずベースほとんど聞こえませんwではここでベースのハイカットを100Hz付近にしてみます。これも教則本やネットでは「ベースのローカットはこのあたり…」みたいに言われています。

さっきよりベースとキックが聞こえやすくなったと思いませんか?これが棲み分けが出来た結果の一つの事例です。今はハイカットにしていますが、これをローカットにしてやれば、キックとベースのポジションは明確になります。

ちなみに100Hzという周波数は音的にはエレキベースの1弦Gの音(98Hz)です。エレキベースの一番低い音4弦開放はのE1は41.2Hzです。これを考えるとキックの鉄板周波数の50〜60Hzをむやみにあげる場合どんな音色でどんなフレーズなのかを意識する必要があります。ちなみに上記のデモを普通に再生するとこんな感じです。

さいごに

低音の処理は難しいですね。音の棲み分けや何やらと言われてもそう簡単に理解できません。そういうときに「とりあえずローカット」も悪くはないですが、逆にハイカットで低音がどんな音がなっているかを理解することでより高度な低音処理が可能になります。コンプやサイドチェインで音を作ると言う前に自分が処理しようしている音色をハイカットで確認してみませんか?