Macmini2018メモリ交換を自分でやってわかったこと

どうもUGです。

macmini2018の購入で悩んでいる人の多くは

「メモリを自分で増設できるかどうか?」という点ではないでしょうか?

 

やった結果結論から言うと、「できないことはない」というレベルです。

ただ腕に自信のない人はしない方がよい!

というくらいややこしく非常に繊細な作業を必要とします。

 

しかし、そのリスクを犯してまでするものが存在します。

それが「メモリの価格」です。

詳しくは後述しますが、自分で増設するとかなり安くなります。

金額面だけから見るとリスクを追ってでもしたくなります。

 

メモリ増設には特殊なドライバーが必要になりますが、

amazonで発売されているOWCのドライバーセットは買わない方がいい

とだけここでは言っておきます。

自分でメモリ交換のメリットデメリット

最大限のメリットはやはり価格でしょう。

macstoreで32GBのメモリにしようとすると以下の値段ですが

8GBに32GBのメモリを足そうとすると66000円

自分で買うと、23159円になります。これはかなり魅力的な値段です。

 

デメリットはAppleからの保証が受けられなくなることです。

そして、メモリ交換にはそれなりの技術が必要とされるため

慣れていない人がすると壊してしまうリスクがかなり高いです。

メモリを増やした理由

メモリを16GBから32GB増設しました。

以前、「オーケストラ系の曲をやらなくなった」という理由で

macmini2018は16GBにしましたが、オケ系をやるとやっぱり足りませんでしたw

 

そしてsafriと併用しながらDAWを動かすと

さらに足りなくなり、ついに禁断のメモリがスワップする状態になってしまいました。

 

64GB時代はそんなことも考えずに複数のアプリを立ち上げながらやっていたのが

16GBにした途端「全く足りない!」ということに気づかされました。

メモリ交換時に必要なもの

メモリ交換には特殊ドライバーが必要です。

普通のプラスマイナスドライバとは違いTorxという特殊ネジを使われているからです。

 

あと指の先でできなくはないですがピンセットもあった方がいいです。

5mmくらいのパーツの取り外しはかなりしんどいです。

特別なものでなくて安いやつでいいと思います。

買わない方がいいOWCのドライバーセット

これがないとできないような感じでドライバー売っていますが、

これがなくてもホームセンターに行けば一本400円くらいで売っています。

 

ドライバーの必要な大きさは

T5とT6とT10というものです。

そして私はこのドライバーセットはおすすめしませんなぜなら、

L字型のTorx(トルクス) T10がものすごく使いにくいです。

 

メモリ交換の動画サイトでもこのタイプのものは使われていません。

 

購入したmacmini2018によって異なるかもしれませんが、

私が買ったmacmini2018はこのTorx(トルクス) T10を必要とする部分

(ロジックボードを取り付けられている部分のねじ)

めちゃめちゃ硬く回せませんでした。

 

下手をすればネジ山を潰してしまう可能性があったのですぐに

ホームセンターに行きドライバと一緒に

一応ネジ山が潰れてしまった時のためにこういうのも買っておきました。

created by Rinker
兼古製作所(Anex)
¥383 (2019/07/21 08:36:05時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
兼古製作所(Anex)
¥287 (2019/07/21 08:36:05時点 Amazon調べ-詳細)

やっぱり力が入ると入らないでは全然違います。

しっかりとグリップできたおかげか全く動かなかったネジが動いてなんとか取り外すことができました。

結局ネジ滑り止め液は無駄になってしまいましたが、

ネジを潰してしまうよりはいいかと思っています。

(拡大鏡)ハズキルーペw

小さいパーツの取り外しはかなりしんどい作業です。

間違った漬け方をしないためにも拡大鏡はあった方がいいかもしれません。

メモリ交換の所要時間

こちらのサイトを携帯で見ながらやってみました。

Mac mini 2018年モデルのメモリを換装する方法

作業自体は30分くらいだったと思います。

動画で確認したい人はこちらがおすすめです。

しかしMac pro2009は30秒程度で交換していたのと比べれば

かなり大変な印象を受けます。

何より、外さなければいけないパーツの小ささと耐久性のない感じが

より交換ストレスを大きくしてくれたように思います。

メモリを買うときの注意

私はツクモ電機で今回のメモリを購入しました。

理由は、amazonでは納期がかなりかかってしまうからです。

 

また、amaoznでも交換サービスはあるかもしれませんが、

相性による動作不良も保証してくれるのがありがたかったので

ツクモにしました。

私が買ったときは新生活応援セール! ということで交換保証がついて26160円でした

さいごに

Macmini2018メモリ交換を自分でやってわかったこと

どうでしたか?

 

とにかく腕に自信がない人はやめた方がいいです。

高い金額を出しても最初から32GBを買う方が安心かもしれません。

 

ただメモリの値段を半額で抑えられるのが魅力的な部分でもありますので

挑戦する人はあくまで自己責任でお願いします。

 

このブログはメモリ交換の際におきたトラブルは一切保証できませんので…

コメントを残す