5cmの違いが疲労を軽減する!Neo-Flexワイドスクリーンスタンドの紹介

DTMをするとき一番気をつけたいものそれはモニターの高さです。なぜなら、目の高さより上にディスプレイがきてしまうと次の症状に悩まされる可能性があります。

  • 首の痛み
  • 肩こり
  • 目の疲れ
  • 集中力低下

それがストレスになり、作業効率が著しく落ちてしまいます。しかし、多くのDTM環境を見ても、ディスプレイの高さを意識している人は少ないです。私も若いころは肩こり知らずの人と言われるほどでしたが、あるときディスプレイの高さの位置を目の高さより高くしてしまったことで強烈な肩こりを経験しました。

そこからディスプレイの位置にはかなり気を使うようになりました。おかげでDTM環境における肩こりとは無縁の生活を送っています。最近はディプレイも大きく、また値段も安くなっているので、大きいタイプを使っている人もいると思いますが、そのぶん目の高さより上になってしまい肩こりや目の疲れなどで悩んでいる人が多くなっていると思います。

そういう人にこそ使ってほしいのがエルゴトロンのNeo-Flexワイドスクリーンスタンドです。なぜ、Neo-Flexワイドスクリーンスタンドを使えば作業効率が上がるのかなど、Neo-Flexワイドスクリーンスタンドの性能と魅力をお伝えしていきたいと思います。

Neo-Flexワイドスクリーンスタンドのメリット・デメリット

エルゴトロンというメーカーが出している昇降機能付きのディスプレイスタンドです。他のメーカーもアームタイプなどいろいろなものが出ていますが、エルゴトロンのスタンドは他のメーカーより優れている点は多いです。

メリット①スタンドが重いが地震に強い!

重さは7.5kgかなり重たいです。正直ここまでの重たさが必要なのかどうか疑問でしたが、この重量に救われました。先月の大阪の震度6弱の地震がありました。私の住んでいるところはその震度6弱の茨木市、スピーカーは机の下に落ち、本棚もぐしゃぐしゃでしたが、液晶ディスプレイは落ちることなく無事でした。これはモニタースタンドが重たかったことが幸いしました。もし、安物を使っていたら確実に机の下におちディスプレイを破損していた可能性が大きかったです。

メリット②27インチ対応

Neo-Flexワイドスクリーンスタンドは27インチタイプのものも使えるものとして有名です。私が使っているのはappleのCinema Display27インチ他のメーカーのスタンドで23インチのものに27インチを使えるなんて話をきくこともありますが、規格外のものをつかっていたらスタンドはすぐにダメになってしまいます。そうなると結局新しいものを買い換える必要になり高くついてしまいます。

Neo-Flexワイドスクリーンスタンドをつける前はルミナススタンドでこのような形をつくりDTMデスク的なものを作って使用していました。ディスプレイを設置するところだけ低くして肩こり予防しています。

しかし、作業効率をあげるために大きめのデスクを購入したことで、以前より8.5cmもディプレイの位置が上がってしまいました。これにより私は久々に肩こりに悩まされることになります。その肩こりを解消するために今回紹介しているエルゴトロン Neo-Flexワイドスクリーンスタンドを購入したわけです。

created by Rinker
エルゴトロン
¥57,968 (2020/07/11 01:21:56時点 Amazon調べ-詳細)

Neo-Flexワイドスクリーンスタンドを付け替えたときのデスクとの高低差は

4.5cm

5cmほど低くできました。たかが5cmされど5cmでしたが効果テキメン!あっというまに肩こりから解消されました。

デメリット 値段が高い

私が買った時よりかなり値上がりしてます。正直40,000円は高いです。これを安全面の投資とみるかどうかはその人のDTMライフプランによるところが大きいですが、肩こりとともしもの自信での液晶落下による破損を考えれば投資する価値はあります。

Apple VESA マウントアダプターキット iMac LED Cinema Thunderbolt Display

Neo-FlexワイドスクリーンスタンドでCinema Displayを使えるようにするためにはApple VESA マウントアダプターキット iMac LED Cinema Thunderbolt Displayを必要とします。

両方合わせると24,667円になります。5cm24,667円1cmあたり5cm決して安くはないです。高い!もっと安いの無いのかと調べてみても27インチのシネマディスプレイの重量が10kgオーバーなのが問題で類似製品の許容重量を超えているんです。

大丈夫な可能性もあるのですが…もしものときを考えてNeo-Flexワイドスクリーンスタンドを購入しましたが、まさかこんなに速く恩恵に授かれるとは思っていませんでした。しかしこれがめちゃくちゃ取り付け困難で正直、「あっ!壊した!」くらいの気持ちになりました。

何とか動画をみながら、スタンド外し、VESAマウントを取り付け、高さ調整スタンドを組み立て取り付け完了かなり不格好ですw

さいごに

Neo-FlexワイドスクリーンスタンドでDTM作業効率をあげよう!たかが5cmそしてそこに25,000円の価値は正直見出しにくいでしょう。しかし、まさかこんなに速くエルゴトロンのNeo-Flexワイドスクリーンスタンドの機能と性能を堪能することになるとは思ってもみませんでした。

DTMで肩こりで悩んでいる人はディスプレイの位置を見直してみることをオススメします。良いソフト音源や、エフェクトプラグインもいいですが、常に最高のパフォーマンスを発揮できる環境作りも大切にしたいですね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください