どうもUGです。

昨日に続きOmnisphere2です。

Omnisphere2で気になるのは

「重たい」という噂ですね。

昨日の私のブログを見てもらえればわかりますが、

正直めちゃめちゃ重たくて使い物にならない

ということはないです。

Omnisphere2セールは買い?レビューでわかる魅力と使い方

CPU占有率はそれほどですが、激メモリ喰いパッチは存在します。

私の場合はOmnisphere2はSSDに入れているので、

そこまで苦ではないのですが、

もしこれがHDDだったらロード時間はかなりかかります。

サウンドチェック的にポイポイと音色を選んでいたりした中で

激重パッチを踏んでしまうと、確実に「えっ?フリーズした?」と思うかもしれません。

 

なのでOmnisphere2を使う場合はSSDは必須といえます。

 

Omnisphere2の購入を迷っている人は

値段

使い方

重さ

などがありますが

重さについて書かれている記事が少ないので

「それってぶっちゃけどんな音?」と思う人が

たくさんいると思いますので、

今日はOmnisphere2の激重パッチについて語ってみたいと思います。






Omnisphere2激重パッチ

激重パッチはEthnicWorldとARP+BPMに多く収録されています。

以下に民族的な生音をハイクオリティで収録するか!という

ところに心血を注いだ結果なのかもしれません。

とにかく1GBオーバーのパッチがたくさんでてきます。

それでは見ていきましょう。

まずはひとつめです。

Blowing Marimbula メモリ1422mb

はい!いかがですか?

この透き通るような「ポーン」という音w

使い方は人それぞれ、エスニック的なハウスのプラック的に使うのもいいかもしれません。

Blue Nille Baseball Bat メモリ1060mb

はい!いかがですか?w

この透き通るような「ポーン」という音w

使い方は人それぞれ、エスニック的なハウスのプラック的に使うのもいいかもしれません。

ん?気のせい?同じこと言ってない?w

Double Gourd Kalimba Fingerrall メモリ1221mb

はい。これもポーンって感じですね

キレイですね

次いきましょうw

Electric M’Bira Clean メモリ1946mb

どれもこれもポンポン言ってますw

Hang Drum メモリ1882mb

おっ!これはちょっといい感じ。

最近ハンドドラムは流行っているのですが、

かなり音質もいい感じな気がしますw

Hohner Guitaret-Main メモリ1028mb

そしてまたポーンです

そして激重パッチの登場です

Maldives Islands メモリ2852mb

激重ポーン!

ぽぽぽぽーん!

Marimbula Wood-Main メモリ1065bm

低くて密度がある音です。

上手く使えば独特のKICKを作れそうな気がします。

Purple Rain Finger メモリ1184mb

カリンバ特有の倍音がよく聞こえます。

上記以外にも800mbクラスの音がかなりはいっています。

正直これじゃよくわからないかもしれませんが、

ほんとにこのポーンという音にギガ単位のメモリを使われているのは

やりすぎではないか?と個人的には思いますが…

使いこなせれば強い武器になるかもしれません。

 

昨日も書きましたが映像系や空間系の演出で役に立ちそうな音ではありますが、

EDMやポップな世界で多用できるかどうかは疑問です。





さいごに

間もなくバージョンアップの噂があるので、

今後どういう進化をするのか楽しみではあるソフトシンセですが、

そろそろどのソフトシンセも個性がなくなりつつあるなかでの

Omnisphere2はある意味独自路線といえば独自路線なのかもしれません。

 

Omnisphere2重たいパッチはどんな音?ロード時間は?

 

参考になれば嬉しいです。