男気溢れるOxfordプラグインでミックス技術を極めよう!

Oxfordは最近のプラグインに比べると決して使い勝手が良いわけではありません。しかし、海外エンジニアを含めて著名なエンジニアは「これが一番慣れている」という理由で使い続ける人が多いプラグインです。

言い換えればプロの厳しい使用にも耐え続けてくれるプラグインそれがOxfordです。

個人的にどのプラグインも質が高く音質も好みで一時期かなり多用している時期がありました。最近は使用頻度が落ちているとはいえ、好きなメーカーのバージョンアップは嬉しいです。ですがネット界隈で騒がれていないような気がしているので、

3つのプラグインのバージョンアップを個人的に騒いでみたいと思いますw

Oxfordプラグインとは

数千万円の業務用コンソール SONY OXF-R3のEQとコンプを再現したOxford EQoxford DYNAMICS

新旧のリバーブアルゴリズムを搭載したOxford REVERB

『限りなく透明に近いリミッター』としてトゥルーピーク標準規格にも対応したOxford LimiterV2

デジタル上で限界と思われていたレベルを超えた仮想ヘッドルームを生み出し音圧を上げられます。oxford Inflator

楽器のトランジェントを自由に扱えるoxford TranceMod

単なるディエッサーではなくダイナミックイコライズとしても使えるOxford SuprEsser Native

特定周波数帯に対応するエンベロープ・シェイパーOxford Envolution

(ポップノイズの除去)(クリックノイズの除去)、(クラックルノイズの除去)のノイズ除去に特化したoxford DeClicker

ブーンというハム・ノイズ、バズを効果的に除去するOxford DeBuzzer

高度なアルゴリズムによる、高品位なノイズ処理を得意とするOxford DeNoiser

圧縮コーデックを再現するoxford Fraunhofer Pro-Codec

という12のプラグインがOxfordプラグインと呼ばれるものです。下の写真がOXF-R3。バブル期の究極のミキシング・コンソールのひとつです。二枚目にはコンプとイコライザが見えます。なんかちょっと違和感がありますw

バージョンアップ内容

VST3 support and GUI enhancements

The updates, available free of charge to registered G5 owners and included with all new qualifying sales, provide:

VST3 support

External side-chain functionality

GUI enhancements

High resolution graphics

High DPI/Retina display support

Larger GUI

Clarification of licence and installer naming

ちょっとわからないのが今回のバージョンアップのV3という文字はVer3を略してV3なのかVST3版を略してV3なのかちょっとわからないです。EQとDAYMICSとREVERBがV2だった記憶がないんですが、知っている人いたら教えてください。

今回のバージョンアップでGUIが変わりました。Oxford Limiter V2と同じで落ち着いた感じです。VST3に対応になりVST2よりパフォーマンスが改善されるわけですが、Oxfordシリーズは特別重いわけではないのであまりパフォーマンスが改善された感じはしません。

あとGUIのリサイズが可能なはずですが、今のところGUIのサイズを変更する箇所は見当たりません。

OXFORD EQは以前のバージョンではある程度ブースとしていくとイコライザの周波数表示が変わるバグ?(仕様?私ん所だけ?」がありましたが今回のバージョンでそれは治りました。地味ですが私にとって大きな改善です!

見にくかったんで非常に助かりました。あとなんとなく、イコライザの効き方が変わったような気がしますが気のせいだと思いますw

OXFORD EQ

OXFORD REVERB

OXFORD DYNAMICS

あとコンプのかかり方の表示が変わりました。以前の圧縮表記が上下反対になりました。それと左の上の色のついたマークをクリックするとプリセットが表記できます。SO3ではAU を使わないとプリセット表示ができなかったので嬉しい機能です。(ちなみにこの機能はoxford LimiterのV2にもあります)

バンドル内容

12のプラグインを使用目的に応じたバンドルセットがあります。

  • Elite

    Restore、Fraunhoferシリーズをのぞく、Sonnoxプラグイン7種を収録。

    Nativeバージョン市場予想価格:¥120,528(税込)

    HD-HDXバージョン 市場予想価格:¥190,512(税込)

  • Mastering

    EQ、ダイナミクス、サチュレーション、リミッター、コーデック変換までをカバーする5種のプラグインを収録。

    Nativeバージョン市場予想価格:¥105,840(税込)

    HD-HDXバージョン市場予想価格:¥156,384(税込)

Essential

ピュアな品質、パンチの効いたサウンド。完璧なミキシングに求められる4種のプラグインを収録。

Nativeバージョン市場予想価格:¥92,448(税込)

HD-HDXバージョン市場予想価格:¥144,612(税込)

Enhance

Inflatorをはじめ、ダイナミクスに特化した3つのプラグインを収録。

Nativeバージョン市場予想価格:¥51,732(税込)

HD-HDXバージョン市場予想価格:¥83,268(税込)

 

Post

ポストプロダクションを支える8種のプラグインを収録。

Nativeバージョン市場予想価格:¥149,256(税込)

HD-HDXバージョン市場予想価格:¥203,688(税込)

Broadcast

5つのEQ、ダイナミクス・プラグインが、現場での迅速な作業をサポート。

Nativeバージョン市場予想価格:¥93,744(税込)

HD-HDXバージョン市場予想価格:¥144,288(税込)

Live

Avid VENUE、S3L、S6Lコンソール・ユーザーのためにSonnoxの高品質な6種類のプラグインを収録。

HD-HDXバージョン市場予想価格:¥97,092(税込)

Restore 50%OFF!

様々なタイプのノイズを素早く効果的に除去するツールセット。3種のプラグインを収録。

Nativeバージョン市場予想価格:¥63,828(税込)

 

個人的にはオススメなのはmasterringパックです。Fraunhofer Pro-Codecというプラグインを使うとmp3やAACにエンコードした状態を再現してくれるのでエンコード時の音の歪やエラーを確認できます。ネット配信をしている人にとって強力なツールです。

さいごに

アップデートはNative/AAXユーザーなら無料でできます。Sonnoxはwavesや他のメーカーと違い現在まで最初に出したコンプやイコライザー、リバーブを新しく作り変えませんw

「性能と音質は問題ないレベルのものを作ったんだ。あとは君たちのスキルの問題だよ!」と挑戦してきているようにも思いますwどのプラグインもプリセットは少なくoxfordEQに関してはプリセットすらありません。プリセットがでるようになりました(2018/4/16加筆)

そういった意味ではDAWに付属しているプラグインの次のステップとしてoxfordプラグインを選ぶのは少し敷居が高いかもしれませんが、これを使いこなせるれば下手な色物プラグインを使うより遥かにミックスの奥深さを理解していることになります。

自分のミックススキルをあげるために1ランク上のプラグインであるoxdordプラグインを使ってみるという選択はいかがですか?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください