位相を理解すれば音に迫力と分離感があるミックスを作れる!

「いくらコンプやイコライザーを使っても音に迫力がない」それは位相が原因かもしれません。位相に問題があるとどうやっても音に迫力はでません。そればかりか明瞭度もなくなり、音もスカスカになってしまいます。「位相って何?」「聞いたことはあるけどどうやったら位相がよくなるの?」という人のために位相についてできる限り簡単に書きました。

位相を合わせるメリット

位相って何?

周期的に繰り返されている波形のことを「位相」いいます。位相がずれることで音質に影響が出ます。と言われてもいまいちピンとこない人もいると思います。馴染みのあるところでいえば「SpuerSawもSaw波という位相を少しずつずらしたもので出来ている」といえばイメージが湧きやすいのではないでしょうか?

位相のズレによって方向に距離感、奥行きなども感じることができます。位相のズレが少ないと自然なサウンドとして認識できます。

レコーディングの世界では位相はシビアに考えられる傾向があります。なぜならこの位相があっているかどうかでミックスのクオリティが大きく左右される可能性があるからです。

ドラムのマイキングによる位相の問題

例えば、キック(前面と背面)スネア(トップとボトム)のように同じパーツに2本のマイクを使用する場合必ずどちらかのマイクの位相が反対になった逆相状態になっています。逆相のままだと「音が抜けない」「低音がなくなる」ということになってしまいます。逆に言えば位相を正しくすると音にパワー(迫力)があり楽器本来の音色を正しく聴かせてくれるため音の分離もよくなります。

位相の合わせ方

プラグインの位相反転機能を使う

一番簡単なのはミキサーやプラグインに付いている位相反転ボタンを押すことで位相問題は解決できます。

DAWに付属しているもので問題ありません。LogicProXではGainの中にあるPhase Invertというのが位相切替ボタンです。他のDAWではイコライザーに付いている場合もあります。

タイミングを調整する

逆相の問題が解決しても演奏や発音のタイミングによって位相のズレが出てきます。これを補正するには手動でタイミングをあわせていくやり方がありますがかなり大変です。個人的には作曲家が時間をかけてやる内容ではないと思ったりしてます。作曲家の仕事は最高のメロディを作ることですから。

プラグインを使う

上記の位相の調整の手間を省いてくれるMAutoAlignという便利なプラグインがあります。これは位相レベルのズレを自動で直してくれるものです。使い方は簡単で、使用したいトラック(例えば先程お話したキックのINとOUTやスネアのTOPとBOTTOMなど)にプラグインを指してGroupのところで位相をあわせたいもの同士を選択します。下の画像では「Snare Drum1」となっているところです。これをせずにアナライズボタンを押すと次用な警告画面が出るので必ずGroupは統一しましょう。

ただし、アナライズボタンを押してからでは再生はできないので、再生ボタンを押してからアナライズボタンを押すようにします。数秒で自動で位相のズレを修正してくれます。

まず位相をあわせていないサンプルから聞いてください。

ドラムの位相を処理した場合

今回の曲のトラックは次の構成です。使っているプラグインはアンプシミュだけです。

  • ギターX2
  • ベース
  • キックIN
  • キックOUT
  • スネアTOP
  • スネアBOTTOM
  • ハイハット
  • オーバーヘッド
  • ルーム

次に位相を合わせたサンプルです。

キックとスネアの質感に注目して聴いてください。

ちょっと信じられないくらいの変化ですよね。

これが位相を正しく合わせた結果です。具体的に何をしたかというとキックINキックOUT、スネアTOPとBOTTOMのの位相をそれぞれ合わせただけです。別にコンプレッサーやイコライザーを使ったわけではありません。位相を合わせるとここまで音が前に出てきます。

もちろんこの質感の変化が必ずしも正解ではありませんが、よりしっかり鳴っているという印象のサウンドそれだけ伝わるメッセージも明確になります。

またベースとキックの位相をあわせることでより良い結果が得られるケースもあります。

もし位相をあわせていない状態でイコライザーやコンプレッサーにマスタリング系のプラグインを多用しても音に迫力は出ません。質の悪い音をただ大きくしているだけです。

「私は生ドラムしないし、ドラム音源もそんなにいいの持ってないから関係ないのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、例えばEDMなどではキックやスネアはレイヤーによって音作りするケースが多いです。せっかく時間をかけて作ったかっこいいドラムサウンドも位相がズレていては台無しですよ。

シンセレイヤーにおける位相の話

キックやスネアでマイク2本を使うのは同じ音色の異なった要素を合わせる。つまりシンセで言うところのレイヤーサウンドと似ています。つまりシンセサウンドで「なんかこのリード音抜けが悪いなー」というときにも位相補正は役に立つ可能性があります。

例えばこれはMoogエミュレーションで有名なSynapsのSaw波ですが、

逆相にしたSAW波も内蔵されています。

1つ1つは普通のSAW波形ですが、同時に鳴らすと次のようなサウンドになります。

このサウンド自体に意図があるならばそのまま使うのがいいかもしれませんが、そうでないのであれば位相を合わせた方が芯のある音になります。

このような場合もMAutoAlignを使うことで位相問題を解決してくれます。

EQ(イコライザー)をかけると位相がずれる理由

イコライザーをかけると位相がずれるという話を聞いたことがある人もいるかもしれません。位相のずれがおきやすいのは基本アナログイコライザーです。なぜならアナログイコライザーはアナログフィルターで構成されています。フィルターを構成しているのはコンデンサーです。このコンデンサーをは電気を蓄えるためのもの、つまりここでほんの僅かですが信号に遅れが生じるのです。これが主にイコライザーで位相がずれると言われる理由です。

デジタルイコライザーでは基本、位相のズレはおこりませんが、デジタルフィルターにはFIR型とⅡR型の2つの演算タイプがありⅡR型の演算方式の場合位相のズレが発生する場合があります。

誰におすすめ?

生レコーディング派の人

生ドラムを使っている人は人はかなり心強い相棒になってくれると思います。また生ドラムでなくてもミックスクオリティにごだわる人「なんか音に迫力がないな」と思っている人も位相の可能性がありその場合はMAutoAlignで解決できる可能性が高いです。

レイヤーサウンドを多用する人

上記のようにシンセレイヤーを多用する人もオススメです。またフリーのソフトシンセなどでは逆相になっている波形も多いので、そういう波形の修正にも使えるかもしれません。

リスナーに幸せなひと時を提供したい人

少しでも聞いてくれる人に最高の音を届けたい。自分の頑張って作った曲でリスナーを喜ばせたいと真剣に思っている人にはMAutoAlignは向いています。もちろんこれですべての問題が解決するわけではありません。コンプやチートプラグインを使った方がわかりやすい効果は得られるかもしれません。

でもそうではなく神は細部に宿るといいます。その細部をおろそかにしない人MAutoAlignを使いこなし、最良の音を作れるように思います。

MAutoAlign値段

5,599円です。ほんとたまにセールをやることもありますが、この価格から得られるメリットはかなり大きいです。トライアル版は15日間制限なく使えるので気になる人はまずはデモバージョンを試すことをおすすめします。

Audio Plugins from Pluginboutique.com

さいごに

たかが位相されど位相です。(いややっぱり位相は大事です)今回の例はかなりわかりやすい変化になりましたが、位相を意識することでミックスクオリティは本当によくなります。また位相を意識するようになるとより演奏技術を意識するようになり結果的に演奏スキルも上達します。

MAutoAlignがあれば何でも完璧に位相をあわせられるか?というとそうではありません。実際のところまずは同じパーツにマイクを2本使うキックやスネア、そしてダブルで録音したギター、そしてベースとキックの位相問題これらでMAutoAlignを使うのがわかりやすい効果を得られると思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください