プラグインプリセットからオリジナル性を学べる3つの考え方

プラグインのプリセットをそのまま使うとオリジナリティがなくなる。ということを意識してしまう人は多いです。プリセットは使うべきなのか、使わない方がいいのか、このブログでも何度もテーマに掲げています。そこで今日はどうすればプラグインのプリセットから自分らしさオリジナルを作り出す方法についてお話したいと思います。

プリセットは魔法の杖のごとく音を素早く良くしてくれる効果があります。しかし、大切なのはどんな結果を得たかではなく、得られた結果の先にある考え方です。

プリセットはすべて間違いである

何をもって間違いとするのか?という問いからスタートした場合、音楽にはそもそも絶対的な正解はありません。あえて正解を定義するなら「多くの人が不快にならない音」というのが限りなく正解と言えるのかもしれません。音と音が不協和音としてぶつかる音楽があり、多くの人はその音楽に楽しみを見いだせない音楽あったとしても、意図的にコントロールしているのであれば、それを間違いとは言えません。単に音楽がコミュニケーションツールとして一般的でないだけです。

しかし、正解がないからこそ、プラグインのプリセットはもっとも正解に近いと考えられている設定が多く保存されています。

コンププラグインのプリセットで「Kick1」というプリセットがあったとします。普通に考えればキックの音色をより良くするためのプリセットであることは名前からみてもわかります。

DTM初心者がコンプのプリセットを使う場合そこにあるのは「名前」からそれが「キック専用」であると考え、疑いなく使います。

しかし、キックと言ってもドラムマシン音源にある超低域が多く含まれたアナログキックから生楽器のキックでは音色は違います。それを1つ2つ程度の「kick」というプリセットで片付けてしまえるほど音楽はシンプルではありません。

もちろんそれを使ったからとして「聴くに耐えない音楽」になるわけではありません。ですが、そこから得られる経験はあまり多くありません。

では「プリセットには一体何を求めればよいのか?」それについてこれからお話したいと思います。

プリセットは「使う」のではなく「問う」もの

使うことで得られる効果に正解を求めるのではなく「なぜそのパラメーターなのか?」「それによって得られる効果とは」という問いを投げかけることで、DTMスキルが上達できるそれがプリセットの役割です。

DAW付属のプエフェクトプラグインや有名なエンジニアが作ったプラグイン(シグネイチャーシリーズ)などはエンジニアの視点を学べる絶好の教材です。

ミキシングソフトを使うメリットは何?DTM初心者は使うべき?

この記事ではDTMで曲を作るにあたって、「少しでも速く曲を作る」という目的をベースに話をしていますが、プリセットに意味を見出すプロセスは決して無駄ではありません。ただ、深く考えすぎると創作が止まってしまう恐れもあるので、今がその時期なのかどうかはしっかりと自問自答する必要はあります。

どちらにしてもエンジニアが設定したプリセットのパラメーターに「なぜエンジニアはこの設定にしたのか」という問いを持つことで、エンジニアの思考に近づくための近道です。もちろん一朝一夕でできる話ではありませんが、そこは時間をかけて理解する価値がある世界です。

少しでも速く理解したい気持ちもいいですが、正しく理解することを目的とし、考え続けることである日エンジニアの思考に共感することができるようになります。

答えを得て「ハイ終わり」ではなくさらに問い続けることこそ「作る」ことの本質です。プリセットにもそういうエンジニアが今まで得てきた一つの答えがあるわけですから、そこに共感を寄せることは無意味なことではありません。

ちなみに共感とは「相手の目で見て、耳で聴き、心で感じる」という技術です。

つまりプリセットを通してエンジニアの視点を身に着けようというのがプリセットの役目だと思っています。

この使い方を強要するつもりはありませんが、単に「プリセットを使うもの」と考えている人と「プリセットからエンジニアに共感を寄せる」という意味で捉えている人とでは成長の仕方は大きく変わり、後者の方がより自分の音楽に真剣に取り組めるようになります。

共感の先にあるもの

客観性の獲得

「じゃあ共感したら何が得られるの?」と思いますよね。相手の立場で物事を見られるようになると自分を常に客観的に見られるようになります。

自分で作っている音楽をいつか誰かに聴いてもらいたい、そう考えいる人にとって客観性は作曲理論を学ぶよりもはるかに大切なことです。なぜなら個人で良い(正しい)と思っていても人からしたら「全然よくない」かもしれないからです。

この「正しい」という認識自体には解釈によって違いが出てくるのは当然ですが、自分の音楽を自分以外の人に聴いてもらうことを「目的」とした場合には主観だけに頼っていると「絶対正しい!答えは自分の中にある」という信念が形成されます。

それゆえ相手が自分の意図としない答えを出してくると戸惑います。そこには「不毛な戦いを挑んできた」と受け取る人もいるかもしれません。だからこそ前程として主観こそ正義として考えるのではなく「客観性の中にある可能性と「多様性」を身につけることを目的としたときに、共感という技術がより有用になるわけです。

プロの作曲家は理論や手法を操る人たちは、その理論や手法を「共感」を意識しているからこそ多くのリスナーの心を打つことができます。

思考のもやもや感を否定しない

共感の有用性についてはなんとなくわかっても、「だからとりあえず共感を理解しろ」と言われても、モヤモヤする感じがあるかもしれません。それは何も間違いではありません。むしろそのモヤモヤとは今まで自分が気づけなかった理解の階段の第一歩です。

モヤモヤするからこそ「問う」わけです。その問いによって解決できる場合もあればできない場合もあります。もちろん時間的な制約のある人もいるでしょう。一分一秒を欲している人にとって「このモヤモヤをすぐに解決したい」と考えるかもしれません。ですが、そのモヤモヤを焦らずに向き合うことで、あるとき思考の霧が晴れた場所に出られるようになるかもしれません。

オリジナルの確立

これはエフェクトプラグインに限らず、シンセの音色でも同じです。音色一つ一つにもアーティストの哲学的な解釈があります。フィルターの設定がごくわずかに違うだけの音色があるかもしれません。

SuperSawを独自の解釈で作ってあるような音色もあるかもしれません。それらの音色の先にあるアーティストの思考に共感をよせれば、その意図を理解できるようになります。その理解の上で「自分ではこっっちかな」というほんのわずかな設定の違いに自分らしさを見いだす、それがオリジナルの確立です。

相手を否定し自分はこうだ!と考えるオリジナリティと相手の考え方に共感したうえで自分のオリジナリティを見出す。どちらがよいという話ではありませんが、後者には多くを学べる姿勢があるのは間違い有りません。

さいごに

どんなところにも創作のヒントはあり、そこにどのような解釈を見出すかは人それぞれです。「たかがプリセット、されどプリセット」ではないですが、そこから何を学ぶのか?何を学べるのか?と考えたときに、

「そのパラメーターを設定したアーティストに共感を寄せる」

共感とは「相手の目で見て、耳で聴き、心で感じる」という行為でそこから得られる客観的視点は間違いなくクリエイティブな考え方です、

みなさんも自分の好きなプラグインの設定に「どうしてこうなんだろう?」という意識をもってみてはいかがでしょうか?