Protoolsの価格はいくら?DTM初心者には難しい?

Protoolsを使って作曲する人も増えてきました。

10年前までミキシング専門ソフトだったProtoolsも初心者でも扱えるDAWと言えるようになりました。

しかし、DTM初心者にProtoolsはあまり勧められません。

それは「価格が高い」からです。

 

とにかく高いですw

お財布に余裕がある人はいいのですが、そうじゃない人は厳しいです。

他のDAWと比べてもその価格の差を活かしきれるかどうかと言われると

コスパが良いとは言えません。

 

ではそのあたりを詳しく見ていきます。

Protoolsの価格

年間アップグレードプラン付き永続ライセンスというプランとして

76500円でProtoolsは購入できます。

一年内にバージョンアップしたものが出た場合は

無料で新しいバージョンのものを使うことができますが

購入後AVIDに登録して一年が過ぎてから

バージョンがアップグレードしたものを使おうとすると

35,900円のアップグレード金額かかります。

 

結構高いですね。

 

でもAVIDは「それじゃ高いから年間に11900円払ってくれたら年間のアップグレード料金は必要ないよ」

これが年間アップグレードプランというものです。

 

しかし、頻繁にアップグレードしてくれるならまだしも

年間アップグレードが少なかったり最悪アップグレードがなかったした場合11900円は掛け捨てとなります。

実際アップグレードがないことはありません。

しかし2019になってその年号がバージョンとなった今メジャーアップグレードという考えは

なくなりました。

 

 

最初この年間アップグレードプランはこれはメジャーアップデート(11→12)の話だったと記憶していましたが

(12.5→12.6)のマイナーアップグレードにおいても年間アップグレードプランの適用になりました。

つまり今後はマイナーアップデートをする場合も年間アップグレードプランを

購入していないと駄目な可能性がでてきます。

 

もちろん「アップグレードしないよ」という人は初期費用の76,500で

未来永劫使うことができますが、OSのバージョンアップなどで

使用できない可能性も出てくるので、バージョンアップは必要になります。

 

DTM初心者がprotoolsを使うメリット・デメリット

メリット1生楽器を使ったレコーディングの編集はやりやすい

生楽器のレコーディングがメインであるならば、

Protoolsのオーディオ編集はさすがプロの現場で使われているだけあって

覚えてしまえばどのDAWよりも素早く確実な編集をすることができます。

Protoolsを使って作曲するときに使える音源は以下の通りです。

 

デメリット音源の音質

DTM的に搭載音源で作曲する場合は以下の音源を使うことになります。

マルチ音源の Air Xpand!2

マルチシンセのUVI Falcon

ピアノ音源 Air The Grand

リズムマシン音源 AIR Boom

オルガン音源 Air DB-33

モノフォニックシンセ AIR Vacuum

サンプルプレイヤー AIR Structure Free

 

悪いわけではないのですし、今でもプロの現場で使われている音源もありますが、

やはり少し時代を感じる音質の音源が多く

最新のEDM系やポップスで使うのは少しむずかしいところがあります。

 

しかしUVIFalconはUVI製品を読み込ますことができたりするので、

最新の音源を手に入れEDMやポップスに活かすこともできます。

ただ、このFalconはあくまでProtools専門であって他のAU/VST環境では使うことができないそうです。

 

それと上記に書いたように毎年定期的にお布施と呼ばれる

アップグレード料金がかかってしまいます。

もちろん永久バージョンをかえばアップグレードをしなくても

OSがそのバージョンに対応している限り使うことはできますが、

DTM初心者がそこまでしてProtoolosを使う必要はあまり見いだせません。

 

「Protoolsがあればスタジオとのデータの受け渡しが簡単便利?」

外部スタジオにミックスを依頼するときProtoolsでセッションファイルごと

渡すのがメリットという理由をあげる人もいますが、

初心者DTMerがスタジオとのデータとのやり取りを頻繁にするとは思えません。

そもそもデータだけならオーディオデータとして渡せばいいだけの話です。

Protoolsは音が良い?

Protoolsは音がよいというイメージがあると思います。

たしかに音は良いと思いますがProtoolsの音じゃないと駄目な理由を

初心者DTMerが説明できるとは思えません。

ProtoolsはVST/AUが使えない

Protoolsは独自のプラグイン企画AAXなのでVST/AUプラグインを使用できません。

最近はAAXに対応したメーカーも増えてきましたが、対応していないものもあります。

またAAXに対応したことでバグが発生してProtoolsが不安定になったりすることもあります。

もしVST/AUを使用するならVienna Ensemble Proといったホストプラグインを使う必要があります

さいごに

私はProtoolsバージョン11を使用していました。

理由は使ってみたかったからw

というミーハー根性ですw

Logicからの乗り換えだったので音質の良さには本当に驚きました。

しかし今はStudioOne3を使っています。

離れた理由はサブスクリプションでした。

やはり年間の11900円は安くありません。

StudioOne3の音もProtoolsとそれほど差を感じません。

乗り換えてよかったと思っています。

DTMを始めるにあたりDAW選びは大切です。

自分のプランにあったものを選びましょう。

そのプランがProtoolsであるならば頼もしい右腕になってくれると思います。

 

追加

 

プロは状況によって使い分けているんですね。勉強になります!

 

 

コメントを残す