どうもUGです。

今回は「いいね爆発!歌い手が最低限チェックしておきたいテクニック」について

お話します。

 

「少しでも多くの人に聞いてもらいたい」

という思いから一生懸命歌っているのに

なかなか「いいね」されないなんてことありません?

 

歌はへたじゃないはずなのに

なんであのひとは評価されて私は評価されない?

 

もっと練習すれば!

もっといっぱい歌えば!

 

こんなふうに考えている人多いと思いますが、

そんなことをしても上手くなりません。

 

下手な素振りをやっても技術は上がりません。

 

上手く聞こえるにはコツがあります。

それは「聴いてもらうためのテクニック」です

 

実は多くの歌い手さんのほとんどがこの

「聴いてもらうためのテクニック」をないがしろにしています。

 

上手い人はこの部分をやっています。

 

この記事をよむことで

たくさんの人に聞いてもらうことができるようになるための

テクニックを理解することができます。

その結果、歌い手だけではなく、バンド演奏にも

負けないパワフルな歌声を身につけることができるようになります。

 

それでは

いいね爆発!歌い手が最低限チェックしておきたいテクニック

見ていきましょう






口の大きさ

まずこれです。

口が開きが小さいとまず何をいっているかわかりません。

そして声が響きません。

ホースで水を出しているときに先っぽをつまんむと

水が少ししかでないあの原理と同じです。

 

「開けているつもり」という人!

 

思い切り開けて歌い続けることができますか?

たぶん無理だと思います。

音が取れなくなったり、言葉が上手くだせなかったりします。

しかし、まずは口を限界まで開け続けてそれで

音程だけを取るようにします。

そのときに「高い音が響く声」になっているかどうか

をチェックします。

 

その声が抜ける音です。

その声が聞こえる歌い方です。

 

ほとんどの人は元の歌い手のマネだったりで

それっぽく歌うことは慣れていますが、

自分の声をだすというやり方には基本なれていません。

 

まず死ぬほどでかい口をあけるところがスタートです。

 

タイミング

歌い手は自分の歌を聞かせるあまり

他の演奏とのタイミングをおろそかにすることが多いです。

これが「歌が浮いて聞こえる」という状態です。

 

歌もので重要なのはボーカルだけが聞こえることじゃありません。

全部のサウンドが1つになって聞こえることが大切です。

まず拍の頭は正確に合わせます。

これは歌詞などによって多少影響はありますがあ。

できる限り合わせます。

 

タイミングがあっていない歌ものは長時間聴いてられません。

なぜなら気持ちよくないからです。

 

歌詞を覚えていない

びっくりするくらいに歌詞をガン見しながら歌っている人が多いです。

歌詞は軽く目で追う程度で留めるべきです。

でないと感情を入れることができません。

感情が入るのは基本無意識のときです。

 

意識的に入れると打算的になります。

 

もちろんある程度はコントロールしなければいけない

歌い方の部分も必要なのでなんでも無意識になることが

良いわけではありませんが、

 

歌詞は覚えておいて当然のレベルです。

 

歌詞を覚えていないというのはバンド演奏からしたら

自分の弾くメロディを覚えていないのと同じです。

 

一日10回歌詞を声にだして読めば

覚えます。

 

それで覚えられないのは、

歌詞を覚えてまで歌いたいという必要性が

自分の中に生まれていないからです。





さいごに

いいね爆発!歌い手が最低限チェックしておきたいテクニック

いかがでしたか?

 

「上手く歌おう」というのは自分の中で完結するテクニックですが

「人に伝えたい」というのは伝わって初めて完結するテクニックです。

 

上手く歌えれば伝わるでしょ?

 

これスタートの仕方が逆です。

人に伝えるためにはどうやったらいいか?

から考えた方が具体的な方法を見えやすいです。

 

なぜなら「伝えたい」という明確な目的があるからです。

 

「上手く歌いたい」というのだけでは「何のために」という部分がないので

自分で結論をつけてしまいがちです。

 

大切なのは聴いてもらうたmの歌い方

 

その部分を意識していくことで

歌い方は大きく変わってきます。