どうもUGです。

みなさんはヘッドホン何を使っていますか?

有名なところではSONYのMDR-900STを

使っている人も多いかもしれません。

業界標準ということで私も昔は使っていましたが

今はまったく使っていません。

 

ではなぜ業界標準とまで言われているヘッドホンを

使わなくなったのか?という理由を今日はお話したいと思います。

またMDR-900STにまつわる謎の文字の正体についても

お話しますので頼みにしていてください。

 


スポンサードリンク

オープンタイプとクローズタイプの違い(メリット・デメリット)

ヘッドホンは大きくわけて二種類

オープン型とクローズ型があります。

SONYのMDR-CD900STは後者にあたります。

 

(オープン)開放型ヘッドホンは

構造上音が外にもれます。

そのぶんヘッドホン内での音の圧迫が少ないので

すっきりとした音像、どちらかと言うとスピーカー的な印象を受けます。

ですが、音がモレモレなので、

外で使おうもなら騒音のもとです。

当然マイクを使った楽器レコーディングで使うことは不可能です。

 

オープンタイプはクローズタイプと比べて

耳の中がとても爽やか…とまではいきませんが、

クローズタイプより圧迫感が少なく

つけ心地がよいですが、

クローズタイプのヘッドホンより音の焦点は少しボヤけ気味

ライブサウンドのような音質になります。

 

 

(クローズ)密閉型ヘッドホンは

文字通り密閉しているので

音の逃げ場がないぶん一つ一つの音のダイレクトに聞こえやすいです。

音をしっかりと確認したい人はクローズタイプの方がよいです。

音漏れが少ないのでマイクを使ったレコーディングは当然

クローズタイプが必須になります。

 

クローズタイプは音をピンポイントでとらえやすいので

あら捜しや、細かい音を確認しやすいのがメリットですが、

そのぶん圧迫感がすごく耳がつかれます。

 

900STを使わない理由

耳の中がむれる

900STに限らずクローズタイプを使いたくない理由が

クローズタイプは耳の中がめちゃめちゃムレるからです。

 

ものすごい汗をかきます。

耳の中ムレムレになりますw

 

夏冬関係なく汗でムレムレになるのが

私にとってはすごいストレスですw

 

側圧が強い

オープンタイプのヘッドホンとくに私が使っている

HD598は側圧が弱いです。

つまり耳にあたる感覚が優しいです。

ずっとヘッドホンをつけていると耳の周りが痛くなって

集中力が落ちてきます。

 

製作時は制作に集中したい

不必要なストレスなんてゴメンだ!

という理由から私はオープンタイプのヘッドホンを

おすすめしています。

 

「そんな理由かよ!」と思う人もいると思いますが、

人間の集中なんてたかが知れていて、

ちょっとしたことで乱れたり途切れたりするわけですから、

そういう環境をなくせるのならそれに越したことはありません。

 

製作時はオープン

ミックス時はクローズという使いわけができればよいとは思いますけど

私は製作時もミックスHD598でやってしまうことも多々あります。

created by Rinker
ゼンハイザー(Sennheiser)
¥29,200 (2018/08/21 09:56:20時点 Amazon調べ-詳細)

たまにミックス時にクローズタイプのZ1000を使い分けることがありますが、

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥40,169 (2018/08/22 06:39:20時点 Amazon調べ-詳細)

本ミックスはエンジニアさんにお願いすることの方が多いです。

 

そもそも自分の耳が絶対と思っていないので、

「クローズじゃなきゃだめだ!」という信仰がまったくありませんw

無駄なストレス一つも得なしですw

CD900STが売れまくった理由

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥15,249 (2018/08/21 10:11:23時点 Amazon調べ-詳細)

MDR-CD900は民生機として1985年〜1990年まで作られました。

その後スタジオ専用機となったCD900STの89年の発売から

約30年近く売れ続けているロングセラーヘッドホンです。

一度もバージョンアップせずに売れ続けているのはすごいことだと思います。

 

売れた理由が

クローズ特有の性質とドライバの性能により

音の認識能力が他のヘッドホンと比べてずば高いというのが

一般的な理由ですが、

補修パーツが充実しているのも大きな特徴の一つです。

 

レコーディング現場で壊れたりして使えなくなったら大変です。

予備のヘッドホンをおいているのは当然ですが、

パーツがあってその場で治せるというのも非常にメリットがあります

 

CD900STの謎の文字の正体

 

 

 

赤いところにかかれている

For DIGITALという言葉の意味は

当時はレコードからCDに移り変わる時期でもあって、

CDの音質(デジタル)を十分に堪能できるという

意味があって「For DIGITAL 」というラベルがはられるようになりました。

別にヘッドホンでデジタル処理をしているとかそんなことではありません

でも、当時はこの「デジタル」という言葉だけでプラシーボが蔓延した時代でもありましたw

スポンサードリンク

 

さいごに

クローズタイプのヘッドホンCD900STを私が使わない理由は

耳に必要以上のストレスを与えたくないからです。

もちろんクローズタイプのヘッドホンで

「そんなの気にしない」というのであればそれが一番ではあります。

 

でもクローズタイプヘッドホンの物理的な圧力が

耳に負担をかけることは間違いがありません。

側圧が柔らかいものを使えば音漏れの原因にもなるので、

選ぶ基準が難しい部分にもなります。

 

いま密閉型を使っている人は一度、解放型を試してみるといいでしょう。

音の変化もさることなりがら「こんなにもつけ心地がよいのか…」という

変化に驚くことができます。

 

ぜひみなさんも自分にぴったりのヘッドホン探して

ストレスフリーな制作環境を作りましょう。