どうもUGです。

この記事は音を出せる!DTMで防音を必要としない部屋の見つけ方について

書いています。

 

DTMerのほとんどは防音室に憧れます。

気にせず音が出せる環境、マイスタジオ!

思い切り誰にも気にせずDTMができたら

さぞかしい楽しいはず…

でも実際は少しでも大きな音を出せば苦情が来る

昔はピアノの音が大きすぎる!といって

殺人事件があったくらいです。

 

防音室を買うという手段もありますが、

ピアノサイズが入る1,000,000クラスになります。

 

なので小さい音やヘッドホンで音で我慢するわけですが、

実は防音していなくても大きな音を出せる部屋があります。

 

音が出せる物件ってないの?

あります。

キーワードは騒音です

 

この記事を読むことで音がだせる物件とはどういうものか?

について書いてありますので、お部屋探しの

参考にしてください。

 

それでは音を出せる!DTMで防音を必要としない部屋の見つけ方

詳しくお伝えしていきます。


スポンサードリンク

数値からみるうるさいと感じる目安は

日本騒音調査によると

日常生活の騒音レベルはこのような数値で表されます。

これが音楽になると

(サイレントデザイン社より)

これは純粋な音量のみで

打鍵音

たたくなどの振動は含まれていません。

防音をするとき以外に問題になるのは打鍵音です。

音は聞こえないのにカタカタ音がするというのは

振動音が伝わっているということです。

 

木造よりは鉄骨RC

音が階下やとなりに響きやすいのは木造です。

なぜなら音や振動を吸収することができないからです。

固くても材質が軽ければ振動して伝わってしまいます。

鉄骨やRCは振動を吸収してしまえるので、

木造よりは圧倒的に隣近所への音漏れが防げます。

 

一般的な住宅でできる防音は

一般的な木造住宅30~40 dB、

マンション30~60 dB

防音スタジオ80db

これらが防音対策が限界とされます。

 

防音を必要としない部屋とは?

つまり自分が出している音より外の方がうるさい場合

自分の騒音はかき消されます。

 

部屋を選ぶポイントは

 

飛行場近く

線路沿い

高速道路沿い

幹線道路沿い

などが騒音レベルとしては高い場所になります。

 

その中でもオススメなのが高速道路沿いです。

高速道路は走行音が日常音になっているので

その近隣住人はその音になれて住んでいます。

 

住宅街で漏れる音の印象と

高速道路沿いの住宅で漏れる音は

同じ音量であっても体感は全然違います。

 

そういうところであれば防音質がなくても

音をだせます。

 

またそういうところは設計段階から

二重サッシになっていたり、防音に強い

窓ガラスになっていたりする場合もあります。

 

部屋のどこで音を出すかは大きなポイント

1番音が伝わるのは壁際です。

つまり壁から1番離れたところで音を出すことで

音のエネルギーが壁に伝わるのを弱くしてしまえば

となり近所へ伝わる音量は少なくなります。

 

そういうときに部屋の壁に分厚い吸音材を

貼っておくとより効果が出ます。

 

スポンサードリンク

 

さいごに

音を出せる!DTMで防音を必要としない部屋の見つけ方

いかがでしたか?

 

防音室といっても完璧ではありません。

家に防音室を入れても

防音室のすぐ横に立っていたらボーカルの声はよく聞こえます。

しかし、防音室の目的はその伝わる音のエネルギーを減らすことにあります。

なので防音室+部屋の防音で隣階下には効果が出るというわけです。

 

条件さえあうならばそういう「街が賑やかな」ところに住むのも

アリかもしれません。

ただあまりうるさいと今度は楽器によるレコーディングは難しくなります。

 

出る音

入る音

 

どちらもバランスですね。