eargasm explosion&Perfectをすぐにやめるべきたった1つの理由

イヤガズムエクスプロージョンやパーフェクトで音楽を楽しんでいるけど最近音楽を聴くと疲れる気がする

多くの人がeargasm explosionを使っているかもしれません。確かに音にメリハリがついて音がよくなったと感じるかもしれませんが、

その状態で音楽を聴くことは実はとても危険です。知らいないうちに聴覚疲労を起こし気づかないうちに音楽が騒音に感じる可能性が高いです。

この記事ではeargasm explosionの危険性の説明と、関連記事ではeargasm eargasm explosionを超えるイコライザー設定にについてお話します。

イヤガズムエクスプロージョンとは?

2016年まではPerfectという設定が流行っていましたが、それに変わる設定としてイヤガズムエクスプロージョンが誕生しました。

イヤガズムという言葉は日本では馴染みがありませんが、海外では割と使われている言葉で意味は次のような意味になります。

耳のオーガズム。特に音楽を聴いたときに耳が受ける快感を指す

Webioよりeargasm とは?

それに爆発であるeargasm explosionをくっつけて出来た造語です。

近年ではこのイコライザー設定がネットでは「おすすめイコライザー設定」と呼ばれるようになり広く普及しています。

Perfectとeargasm explosionとの違い

eargasm explosionができる前はPerfectと呼ばれる設定が流行していました。

両者の違いは主に4kHzのブースト量がEargasm Explosionは9dB、Perfectは4dBになっています。

ちなみに4kHzとはどんな音なのかというと次のような音になります。

ずっと聴いているとかなり疲れてきます。音楽の中ではこのサイン波のように1つの音として聞こえることはまずありませんが、この周波数の音をブーストしているのがPerfectです。

4kHzの音はもっと身近なところでいうと女性の叫び超えとも言われています。

人の耳で感度のよい周波数帯域は、4kHzを中心としてます。
感度が良いので、ヘッドホンやイヤホンで大音量で聞いていると、
その感度の良い周波数が強く、難聴になりやすくなります。
ヘッドホン等を使用する際には、注意しましょう。

先日ある本を読んだときに、この4kHzという周波数は、
女性の悲鳴(危険な時や恐怖の時に出る)がその周波数であると書いてありました。
ちなみに、人の声で出せる一番高い周波数は、
オペラ「魔笛」のソプラノの最高音(キーでいうとF6)で、
約3kHzだそうです。これを出すためにソプラノ歌手は相当努力しているようです。
ところが、女性の悲鳴はそれ以上。声でなくこめかみあたりから出ているとか。
この4kHzは、雑踏のように騒音の多い場所でもでも遠くに届くとのことで、
助けを求めるため、危険を知らせるために出せるようになったのではとのことです。

冒頭に書いた感度の良い周波数。
危険を伝える悲鳴=耳の感度の良さ。
このように、人間は進化してきたのかもしれません。

皆さん耳を大切に!

お役立ち情報 音響 4kHzという周波数より

イコライザーパーフェクトをうるさいというのが4kHzが原因と思われます。

考察 Eargasm ExplosionとPerfectを音と目で確認してみる

では、実際にEargasm ExplosionとPerfectがどんな音の違いがあるのかを目と耳で確認してみたいと思います。

これはLogicProXという作曲用のソフトです。

左に見えているのがEargasm Explosionの設定をしたグラフィック・イコライザー、itunesと同じものだと思ってください。右に見えるのがスペクトラム・アナライザーです。これで周波数の動きを目で見て確認します。青色が何もイコライザーを通していない状態、赤色がEargasm Explosionをかけた状態です。

まずは何もかけていない状態の音楽を再生します。次に、Eargasm Explosionそして、Perfectと再生します。赤いアナライザー表示と緑色のアナライザー表示の違いに注目してください。

まず、注目すべきは当然ではあるのですが、イコライザーのボリュームを-11dB下げていますが、実際はitunesで再生するときはもっと大きな音で再生していることと思います。

DAWの特性上、音が大きすぎると動画の音声が歪んでしまうのでイコライザーをかけていない状態と同じレベルになるようにしていますが、アナライザーでは音量調整をしていない状態を表示させています。

音を下げてもイコライザーの設定は当然反映されます。Eargasm ExplosionおよびPerfect は4kHz以上がブーストされているのがよくわかります。音量を下げているのでピンとこずに、「えっ?これでいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、これは音を下げてもその帯域の音が耳に届き続けているということを意味します。

さて、ここからEargasm Explosionの問題点についてお話していきます。

うるさいならばプリアンプを下げましょうっておかしい話です。

ネットではイヤガズムエクスプロージョンやパーフェクトをおすすめしながら「うるさい場合はプリアンプを下げましょうね」という話を聞きますが、

プリアンプで3dB下げればイコライザーの設定をすべて3dB下げたのと同じです。

実際多くのユーザーが「パーフェクトうるさい」と思っている人も多いので、上げて下げてと落ち着かないイコライザー設定に翻弄されることになります。

これって結構ストレスな音楽の聞き方だと思いませんか?

そこでそんなイコライザー設定生活に振り回されない究極のイコライザー設定についてお話しているので最後まで楽しく読んでもらえたら嬉しいです。

過度なEQ設定から引き起こされる聴覚疲労とは

携帯音楽、若者11億人に難聴の危険 WHOが音量基準

世界保健機関(WHO)が世界で11億人が難聴になる可能性があると警告するニュースがあります。これは大音量のライブなどの影響もありますが、それ以上にヘッドホンやイヤホンでの過度な音量による音楽の聞きすぎが原因とされています。

音響外傷について

自分の好きな行為(音楽を聴く)をしているわけですから意識的には外的ストレスとしては受け取りませんが、確実に耳への疲労は蓄積していきます。過度なEQ設定したものを大音量を長時間聞き続けると「聴覚疲労」の原因になり音響外傷(ヘッドホン難聴)と診断されるケースもあります。

音響外傷(おんきょうがいしょう、または音響外傷〈おんきょうせいがいしょう〉、Noise-induced hearing loss、Acoustic trauma)とは、強力な音波によって内耳の蝸牛が障害を受け難聴などが生じる聴覚機構の損傷を受けることである。

wikiより音響性聴器障害

聴覚疲労の症状

  • 体の不調
  • 神経が疲労
  • 集中力の低下や
  • 気分の苛立ち
  • 難聴

好きな音楽を聞いてリフレッシュしたいのにこれらの症状を促進する原因になることを知っている人はあまりいません。多くの人は「体調不良=ストレス」と考えます。自分の好きなことでこれらの状態を引き起こすというのは受け入れがたい話でもあります。

特に、大きな音を聴き続けると「小さい音を注意して聴く」という行為がなくなります。このため集中力が大幅になくなってしまいます。もし自分の子供や大好きなパートナーが大きな音を聴きすぎて集中力が低下してしまうと円滑なコミュニケーションがとれなくなる可能性もあります。

想像してみてください。

パートナー「ねぇ、今度さー」

あなた「………」

パートナー「ねぇ聞いてる?」

あなた「………」

パートナー「ちょっと聞いてよ!」

あなた「……えっ?何?」

パートナー「もういい」

脳は音として聞こえてはいますが何を言っているか理解ができないという状態です。もちろんこれには他の病気の可能性もあります。ですが、大音量を聴きすぎると普通の声の大きさにも反応がしにくくなる可能性があります。

音響外傷者の話

多くの人が経験していて、その症状で日常生活も大変な人がいる音響外傷、なってからでは遅いですよ。

音響外傷性難聴の市販薬

市販薬で有名なのはコンドロイチンです。

created by Rinker
ゼリア新薬工業
¥5,683 (2020/11/29 01:27:11時点 Amazon調べ-詳細)

しかし、当サイトではあくまでこれは一時しのぎであって、耳に違和感を覚えたらすぐに耳鼻科に行かれることを強くオススメします。

聴覚疲労にならないために

  • 過度なイコライザー設定をやめる
  • 大音量で聴かない

基本的ではありますがこの2つです、つまりありのままの音楽を受け入れる自分を作ることからスタートします。

逆に言えば小さい音楽でも楽しむためには音楽に耳を傾ける必要があります。つまり「聴く」ですね。小さい音量で音楽を聴くことで

  • 集中力の増加
  • 物事の細部への関心

が得られます。「そんな聞き方していたら音楽楽しめないでしょ」と言いたい気持ちもわかります。音楽の聴き方は人それぞれです。何が正しいか間違っているかではなく。その音楽の聴き方の目的があなたにとって本当によいものかどうかを考える必要性についてのお話です。

人は刺激になれる生き物

ドイツの哲学者 クラーゲスは「人は新しいものに出会うと積極的にその対象を把握しようと働くが、目新しさがなくなると意識を向けることがなくなる」ことについて新奇性、、既知性、習慣性、という言葉で説明しています。

人は習慣によって作られるという話を聴いたことがあるかもしれません。ポジティブな言動によって意識を変えられるマインド的なものから、毎日の食事や歯磨き、これらもすべて習慣です。そのおかげで私達は健康を手に入れているわけです。

当然、歯磨きに刺激はないでしょう。しかし歯磨きを惰性ですると磨き残しから虫歯になってしまう可能性もあります。これを音楽に当てはめると、イコライザー設定をする前と後では音楽の聴こえ方は異なります。今まで聴こえなかった音に感動するかもしれません。しかし、それもやがては慣れてきます。

当然それが過度な設定のイコライザーであってもです。

つまり刺激になれる=次の刺激を求める

イコライザー中毒という言葉は少し乱暴かもしれませんが、その刺激を求めるあまりに聴覚に大きなダメージが残ることになるわけですが、それに気づくはすぐではないのが怖いところです。

過度なイコライザー設定で聴く音楽も騒音??

聴覚疲労の具体的な回復は、どれだけ長く大音量の音楽の聞き方が関係しますが、街の工事の音などのいわゆる音楽ではない騒音などがストレスになるのはわかりますが、音楽も必要以上の音量で聞きすぎで身体にかかるストレスは騒音と同じになります。騒がしい音を長時間聞き続ければそれだけ聴覚疲労からの回復に時間がかかるということになります。

6dBイコライザーであげるということの事実

itunesのイコライザーの増減レベルは-12dBです。さてこの-12dBというのはどれくらいの音量の違いなのかを知っておくと自分の耳にどれくらいの音量が入ってくるかを客観的に理解できます。

結論から先に言うと6dB増やすということは音の大きさが2倍に12dB増やすということは4倍になることを意味します。

イコライザとは特定の周波数を最大で4倍まで大きくしているということになります。(ちなみにプロのものであれば増減幅がもっと大きいものもあります)

あなたと喋っている友人がいきなり4倍の声で喋ったら驚くと思いますが、itunesプレイヤーで特定の周波数を4倍にあげても驚かないのは人間の耳が良い意味で鈍感だからです。しかし、その鈍感さゆえに、その音でなれてしまうと、今度は小さい音に耳を澄ますという注意力がなくなります。

さいごに 音楽が聴くから聞くに…

聞くと聴くの違いは意識的か無意識的かによる違いです。「遠くで何かがなっているけど何かはよくわからない」これが聞くです。逆に人の話を真剣に聴くというときは意識が働くので「聴く」になります。大音量で音楽を聴くという行為は意識しなくても脳に音という大量の情報量が流れ込むことなので聴いているようで聴いていない状態になっています。

なぜ「大音量で聴くのか?」と自分に聞いてみてください。おそらく「だってその方が気持ちいいでしょ」と言った単純なものから「アーティストのメッセージをもっと感じたい」など理由は様々です。アーティストのメッセージを強く感じたいならば大音量ではなく「耳をすまして聴く」ことの方がもっと伝わります。

「大音量できかなければ楽しくない」という場合は「そうしないと気持ちよくなれない」ほどのストレスを感じている場合も多いですし、すでに聴覚疲労からの障害は発生している可能性もあります。

こちらの記事では過度なイコライザー設定をせずに高音質で音割れしない96bit-music.comオリジナルのイコライザー設定の作り方を公開しているのでぜひ参考にしてください。

音割れせず高音質!使えるおすすめイコライザー 設定を紹介!

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください