StudioOne4で改善された点されなかった点(バグ)

この記事はStudioOne3.5〜4にアップグレードをした人を対象に書いていますが、初めてのDAWで悩んでいる人にも参考になります。

StudioOne4はStudioOne3と比べると最新のパソコンにさらに最適化されているので他のDAWと比べると画像表示などがキビキビと動き「軽い印象」を受けます。その他にも、最近流行りのコード検出機能なども盛り込まれているため耳コピが苦手なDTM初心者でも曲のコード解析などができます。

StuioOne4の購入を迷っている人は「DAWの切り替え」か「初めてのDAW選び」でしょうしかし大事なのは」DAWに何を求めるか」今までのDAWについていない新機能やプラグインもいいですが、重要なのは「イメージどおりの曲を作ることができるかどうか」です

安いと言って飛びつくと「イメージと違う」理由で使わなくなってしまっては浪費に終わってしまいます。なので、ここでしっかりStudioOne4の機能や私の話をを参考にして選ぶ基準の一つにしてもらえれば嬉しいです。

StudioOne4機能

  • ハーモニー編集
  • コードの自動検出
  • Impact XT・Sample One XT
  • ドラムロールの強化
  • ステップシーケンサの搭載
  • Pro Tools、Logic、Nuendo、Final Cut Pro、Premiereとの互換ファイル(AAF)に対応
  • Melodyneとの統合を強化するAudio Random Access(ARA)をver2.0にアップデート

こんな感じの機能が追加されました。コードの自動検出はオーディオデータからでもコードを検出する便利なものです。ギターでコードから作っていく人にとってはありがたすぎる機能ですね。Sample One XTはオーディオトラックをぶつ切りにして

書き出すことができる便利な機能です。これだけでも欲しいという人は多いと思います。さて、こういう話はあちこちでやっていると思うので、私が気になった点を書き出してみたいと思います。

SMFの書き出し

StudioOne3には2つのSMFの書き出し方法がありました。当然はこれはStudioOne4にも受け継がれています。やり方は[イベント]⇒[選択をエクスポート]⇒[midを選択]

これでSMFは書き出せるはずなのですが、残念ながら、ここで書き出せるのは選択したトラックのMIDIデータのみでテンポ情報のデータは書き出しされません。テンポ情報が含まれたSMFを書き出すときは[ファイル]⇒[別名で保存]⇒[midを選択]

これで通常のSMFを書き出せます。SMFを渡す時はテンポ情報がないと話にならないのですが、簡易書き出し機能として[選択をエクスポート]があるのかもしれませんがあまり使う用途が見つかりません。便利な使い方があったら教えてください。

クオンタイズのバグ

StudioOne3の1番の問題点といわれているクオンタイズですが、まったく治ってません。仕様と言い切るレベルなのかもしれませんが放置する理由はもはや「治す気がない」ということなのでしょうか?

音質の変化

バージョンアップによって音質が変わってくるのはよくある話なので軽く検証してみました。まったく同じデータをSO3とSO4で書き出してみました。音源はBFD3でパラアウトでSO3に送り込みました。

続いてSO4です

微妙に違うような分かる人にはわかるような…私にはあまり問題がないレベルのような気がするようなしないような…

追記

朝起きて聴き比べするとたしかに違います。微妙な差ですが、これは気になる人にはかなりきになるかもしれませんね

PAZで見比べてみると

左がSO3のオーディオファイル右はSO4のオーディオファイル少しずつ微妙に違いますが。500hz〜1000hzの出方がSO4の方がすこしピークが目立ちます。8000〜16khzの出方もSO3とSO4で違います。2つの音を同時に鳴らし、一つのファイルを反転させたところ逆走効果で音が消えなかったので、たしかに出音に違いがあるのは間違いありません。

補足

私だけの環境だとは思いますが、なぜか、wavesのPAZ AnalyzerのPEAKをRMSにしようとボタンを押すと100%SO4が落ちるようになりました。。これはwavesのバージョンがあっていないのかわかりませんが、waves関係でSOが落ちたことがなかったのでちょっとびっくりしました。

レガート機能が不安定

もともと不安定ではありました。

 

これにはちょっと驚きましたwバグでしょうか?正直当たり前のMIDI編集ができないのは大問題ですが、StudioOneはこういうところを治すのが苦手というかなんというか…早くMIDIに関してまともな編集ができるようになってほしいと願うばかりです。

プラグインのプリセットは表示されない

これは確実に私のところだけっぽいんですが…エフェクトプラグインのプリセットがAUだと表示されるのですがVSTでは表示されません左VST 右AU

マルチアウトの表示量が増えた

本当に微妙なところなのですが、

SO3とSO4では展開させたら一度に表示されるマルチアウトの量が違います。

私はBFD3をSO上でミックスするためにすべてパラアウトしているのでここの表記量が増えたことは私にとって非常にプラスですw

created by Rinker
スタイルノート
¥5,500 (2020/09/24 14:08:18時点 Amazon調べ-詳細)

触った感想

StudioOne3〜4を触る前にはLogicを触っていました。なので、そこで思ったのはとにかく動きの軽さです。GUIの切り替えなどがLogicに比べて2割位早く感じました。こういうところは地味にストレスを感じるところでもあるので、「キビキビしたDAWが欲しい」という人はStudioOne4はありかもしれません。

個人的な事情でLogicに戻ってきましたが、久々にStudioOne4を動かしてみると最新のCPUとの最適化が図られているのかMacPro2009 3.46GHzX12コア(ハイパースレッド合わせて24コア)での環境よりもmacPro2018 Corei7 3.2 GHz Intel Core i7の方がさらにキビキビ感があります。

コード解析機能は完璧ではありませんが、目安となるレベルで使用することができるのでコードだけ簡単に拾ってしまいたい!という人にはかなりありがたい機能になると思います。

さいごに

BFセールということもあり、新規で買うと43,451円が21,724円となっています。

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

しかしクロスグレードになるとpluginboutiqueでは32,483円と新規購入した方が安くなってしまいます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください