どうもUGです。

今回は上手なボーカルと下手なボーカルの違いはメロディではなく◯◯だったについて

説明します。

 

バンドのボーカルもネットで活動する歌い手も

みんな上手くなりたい!という意識は同じです。

 

プロアマ含めていろいろとボーカリストを見てきましたが、

上手い人と下手な人の違いを見てわかったことがあります。

 

下手なボーカル(歌い手)はメロディを追いかけます。

 

「ボーカルなんだからメロディを意識(追いかける)するのは当たり前!」

とお叱りを受けそうですが、ボーカルはメロディを追いかけている時点で

歌うことすらできません。

 

上手いボーカリストはメロディは追いかけません。

 

今回の記事を読んでもらえれば

上手なボーカリストと下手なボーカリストが意識している違い確認できます。

 

そしてスキルアップのために必要な練習の仕方や考え方を理解することで

誰でも簡単に上手なボーカリスト(歌い手)になることができます。

 

難しいことはありません。

今からいうことに意識が向けられるかどうかだけの話しです。

それは

 

上手なボーカルと下手なボーカルの違いはメロディではなく◯◯だった

詳しく見ていきましょう。


スポンサードリンク

ボーカルはメロディを追うことはなぜだめ?

メロディを追うということはそのメロディを意識しながら

歌っているという状態です。

つまり一つ一つの音に自分の声を当てに行っている状態です。

役者でいうと「台本」を読みながら演技している状態です。

 

その映像をみても感動はできないと思います。

 

台本のセリフが100%覚えたあと

それを身体に染み込ませて

その役になりきる

 

そこまでして、その演技に視聴者は感動します。

 

歌も同じです。

歌詞やメロディはすでに理解しているところが

スタートラインであって

 

「メロディを追いかける」という表現が残っている時点で

そのメロディはあなたのものになっていません。

 

このメロディを追うという癖がぬけないと、

 

カラオケで上手くても歌える人でも

オリジナルになった途端驚くほど下手くそになるのは

「自分の中に追わなければいけないメロディがないと歌えない」

という状態になるからです。

 

再現と創造はまったくプロセスが違います。

カラオケは元あるアーティストの再現になりますが、

オリジナルは自分というアーティストの音を作ることにあります。

まずはメロディを追うという言葉は使わないようにします。

 

上手いボーカルが意識していること

メロディ(音程は)取れて当たり前の前提で話を勧めます。

 

上手いボーカルはリズムに対してシビアです。

メロディのタイミングもそうですが、

他の楽器のタイミングにもすごいシビアになります。

 

なぜなら、リズムがバラバラだと歌いにくいからです。

ボーカルに対してオケは大きな意味でのガイドクリックです。

そのガイドクリックが正確でないといくら歌の良さが

伝わらないとわかっているからです。

 

ちなみにボーカリストのリズム

つまりタイミングですが、上手いボーカルは

最初の音が入るタイミング

音が途切れるタイミング

何回歌っても同じです。

 

下手なボーカルは入りの位置もバラバラですし、

音の伸ばし方もいつも違います。

 

なぜならは、先程の説明とかぶりますが、

「大事なのメロディ(音程)と思い込んでいるからです」

 

音程さえ取れたら上手いはずという思い込みが

リズムをないがしろにします。

 

正確なメロディもそうですが、

正確なリズム(タイミング)があれば

楽曲はより安定し聞きやすいものになります。

 

もし今メロディ(音程)は取れているけど

一歩垢抜けないということはリズムを意識することで

大きく変わることができるようになると思います。

 

歌い手が下手に聞こえてしまうのを回避する方法

専門的なことばかり言っていても疲れるので

ここでちょっとだけ簡単にボーカルが上手く聞こえる方法を

紹介します。

これはリズムとは違いメロディの部分ですが、

自分の好きな曲を歌っていて「ちょっと歌いにくいなー」と思うことがあると思います。

そういうときはベース(低音域)100hz〜200hzを3dbくらいブーストします。

楽曲のローがたされることでベースの音程が取れやすくなり、

歌いやすくなりますし、曲が安定して聞こえるので

ちょっとだけ上手にも聞こえます。

 

スポンサードリンク

 

上手なボーカルと下手なボーカルの違いはメロディではなく◯◯だった

答えはリズムです。

 

ボーカリストにはメロディも当然ながら

リズム感が必要です。

究極はドラムを叩きながら歌うことができれば

より正確なビートとタイミングを意識することができます。

 

メロディは追いかけない

リズム(タイミング)を意識する

 

この2つを実践してみてください。